ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。

言葉

ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。【孤独なのに、つながっている】

ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。

SNSでつながっているのに孤独、いつもひとりであることにお悩みではありませんか?

孤独な時は、本を読む習慣によって誰かとつながることがオススメです。

 

実は私は20代から30代にかけていつも孤独感につきまとわれており、そのことでひとり悩むことが多かったのですが、一方で、「読書」という経験にかなり救われました。

なぜ読書に救われたのかといえば、その理由はたくさんありますが、読書によって「共感」の気持ちが与えられたことが大きかったように思います。

 

本を初めて手に取ったのは高校生の時ですが、故郷を離れて一人暮らしを始めた学生時代などは特に、自分のことを理解されなかったり、話が通じなかったり、誰からも相手にされなかったり関心を持たれなかったりしたことに傷つき、心のどこかで屈折したり鬱屈したりしていたものでした。

また、自分と話の合う友人が出来ない時など、世間から見て自分は「普通」ではなく変な奴だと思われていやしないか、などと、いちいち他人の目や集団の視線を気にしてしまい、自分が国内にいても「異邦人」であるような感覚をおぼえたものでした。

 

さらに、自己肯定感が足りなかった以前は、自信の無さからくる後ろめたさや恥ずかしさといった自己否定感にとらわれることも多く、孤立した状態の時に、友達がたくさんいる(ように見える)人と自分を比較してしまうこともありましたし、幸せそうなカップルを目にすると劣等感を感じたこともありました。

しかしながらそういう時に、カフカやカミュはもちろんのこと、本の作者や小説の登場人物、詩人、哲学者や思想家など、同じように孤独感に悩み苦しみながらも、特異な生を体現している存在に出会える度に、私は精神的に救われたのでした。

そういう意味で、本は、当時、自分にとって友達や家族や恋人のような存在でした。

 

読書という体験によって心のモヤモヤが言葉になる。

読書という体験によって心のモヤモヤを言葉にしてもらえる。

孤独における読書の効用にもうひとつ付け加えると、自分自身のなかの、他人や社会に対する違和感、何となく言葉にできずにモヤモヤしていたことが、本の作者によって言語化されるということです。

自分自身が「一般的に~とは……であると言われているが、実際はそうではないのではないか」と思っていた時に、周りに自分と同じようなことを考えている人がいないと、孤独を感じます。

しかし周囲に自分の考えを理解してくれる人がいなかったとしても、手に取った一冊の本によって探していた答えが見つかるということはよくあります。

 

たとえば「孤独」に関していえば、「孤独は一般的にネガティブな印象をもたれているが、実はそうではなく積極的に追い求めるものではないか?」と思っていた時に読んだ、諸富祥彦氏の『孤独であるためのレッスン』は、見事にモヤモヤを晴らしてくれる内容だったのを憶えています。

つまり本の著者が自分がうまく言葉にできなかったことを言葉にしてくれていたという瞬間に出会った時、スーッと腑に落ちたように一人ぼっちであることの悩みや孤立感が解消されるのです。

もちろんいくら本を読んでも作者の意図や本の内容を完全に理解することは出来ませんし、自分自身と読書を通じて出会った「他者」は、「私」自身と同じではなく、作者と読者とテクストの間には「ズレ」が生じてしまうことは確かです(そういう意味ではオリジンとしての「私」のデフォルトは「孤独」であり、だからこそ「対話」が生じる)。

 

しかしたとえ自分は世界のどこにも相容れない存在だと思っていたとしても、苦境に立たされ悩み苦しんでいる自分と似たような境遇の人は、国境に関係なく世界のどこかにいる(もしくはいた)と思えたのです。

そしてたとえ独りであっても読書によって誰かとつながっていたということに救われていた、ということが、孤独について考えている今、思い起こされ、さらにそのような経験が自己というものを作り上げてきたということに気づかされるのです。

つまりは日々の読書の体験が結果的に自己肯定感をはぐくむということなのです。

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

マインドフルネス生活シリーズ第9弾

『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方 孤独なのに、つながっている。』

Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『ライフスパン 老いなき世界』は「老化」を「病気」と捉えている。【要約・読書感想…
  2. 甘酒とヨーグルトのコラボで腸と心が喜ぶ発酵生活。
  3. 適度な運動が腸内環境を良好に保つ。
  4. ストレス対策とうつの改善にスロージョギングがオススメなわけ。
  5. 知っておきたい!竹酢液の大人アトピーに対する効果。

関連記事

  1. 『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方』Kindle出版のお知らせです。

    電子書籍

    『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方』Kindle出版のお知らせです。

    2022年新生活の始まり、新しい環境に身を置いていても、友達が…

  2. <孤独>と「創造」の関係性とは? 【孤独なのに、つながっている生き方】

    創造

    <孤独>と「創造」の関係性とは? 【孤独なのに、つながっている生き方】

    孤独な時こそ、自己肯定感や安全基地を育てるために、クリエイティ…

  3. 言葉のチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?

    言葉

    コトバのチカラが「うつ」な気分を良くするワケとは?【ネガティブ言葉をポジティブに】

    「つらい」「いやだ」「最低最悪」「出来ない」「もうダメだ」とい…

  4. ひとり時間を大切にするための<マイ・スペース>とは? 『「孤独」のちから』

    孤独論

    ひとり時間を大切にするための<マイ・スペース>とは? 『「孤独」のちから』

    ひとりでいる時間を最高に充実させることで、新生活を楽しんでみま…

  5. むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    孤独論

    むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    毎日生きていることがどこか<むなしい>、モノはあふれているけど…

  6. クリエイティブな仕事は『孤独になると結果が出せる』

    創造

    クリエイティブな仕事は『孤独になると結果が出せる』理由とは?

    クリエイティブな仕事で結果を出すために、積極的に孤独を選んでみ…

特集記事

  1. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  2. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』
  3. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  4. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』
  5. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

オススメ記事

  1. 「0円」習慣で治していくアトピー。【マインドフルネス・自然散…
  2. ひとり時間を大切にするための<マイ・スペース>とは? 『「孤…
  3. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢…
  4. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』「おわり…
  5. ハチミツの強い保湿力で乾燥肌対策。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

    発酵食品

    手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    ブッダ/仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  3. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。
  4. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  5. 自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。

    生き方

    自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。
PAGE TOP