腸内環境

オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

オリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やす

今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述べていきたいと思います。

オリゴ糖に期待出来る効果・効能は、以下の通りです。

  • 善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整える
  • 腸内環境を良くする・整腸作用
  • 便秘の予防・改善

 

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの糖が2~20個ほどつながったもののことを指します。このうち難消化性のオリゴ糖はビフィズス因子であり、腸内のビフィズス菌のエサになり、善玉菌を増やす働きがあります。

実際、オリゴ糖に関しては、腸内細菌学のパイオニアであり、東京大学名誉教授の光岡知足氏の実験報告があります。

光岡知足氏によれば、病院で治療中の23人(50~90歳)の腸内フローラを観察した結果、2週間にわたってフラクトオリゴ糖を摂取すると、摂取前に比べてビフィズス菌の数が約10倍になり、また、検出率も87%から100%に増加することが確認できたと言います。

 

さらに光岡知足氏は「便の㏗も酸性に変わり、排便はもちろん、血清コレステロール値、中性脂肪値、血圧なども改善」されたと述べています(参考 光岡知足『腸を鍛える―腸内細菌と腸内フローラ』)。

 

オリゴ糖の性質とは?

オリゴ糖は低GI

また医学博士の松生恒夫氏は『腸に悪い14の習慣』のなかで、オリゴ糖の性質として「難消化性(低エネルギー性)」、「う蝕性」、「整腸作用」の3つを挙げています。

このうちの「難消化性」については、松生恒夫氏は「消化管(小腸)では吸収されず大腸に到達し、腸内細菌によって発酵され、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの短鎖脂肪酸となって吸収される」ものであるとしています。

 

それに加え、先程述べたように、オリゴ糖は酸性に強いビフィズス菌によく利用されるため、ビフィズス菌を増やす効果があると共に整腸作用があります。

さらに「う蝕性」という、虫歯になりにくい性質も、難消化性オリゴ糖にはあると松生氏は述べています。

 

オリゴ糖は低GI

オリゴ糖は低GI

そのオリゴ糖は、腸内に届くと腸内細菌に分解され、ビタミンK、B1、B2、B6、B12、葉酸、ビオチンなどが生成されます。

しかも、オリゴ糖は血糖値を上げにくい低GIであるため、ゆるやかな糖質制限のお伴にも利用してみることもオススメです。

ちなみにオリゴ糖には、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、マルトオリゴ糖などの種類があります。

オリゴ糖が多く含まれている食材は、ハチミツ、たまねぎやゴボウ、キャベツやアスパラガス、大豆、サトウキビ等です。

しかし、食物に含まれているオリゴ糖は少ないとされていますので、ある程度の量を摂取したい方は、スーパーなどで販売されている「オリゴのおかげ」など、サプリメントの利用が効果的です。

 

以上、ここまでオリゴ糖の効果・効能について述べてきましたが、オリゴ糖は腸内細菌のうちの善玉菌を増やすことで、腸内細菌のバランスを整えるのに役立ってくれると考えられるため、日頃から腸内環境を改善していくために、うまく毎日の食生活に採り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ハチミツを花粉症対策に利用する方法は知っておきたい。
  2. マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】
  3. 生きることの幸福を粘り強く考えるー『生き方と哲学』2
  4. 「マゴワヤサシイ」は<うつ>な気分を良くするのにオススメな食事法。
  5. 『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

関連記事

  1. 長谷川恵『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』

    腸内環境

    『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』から伝わるアロエパワー。

    今回は『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』(長谷川…

  2. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

    甘酒

    ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

    腸は毎日健康的ですか? また、普段から便秘に悩まされてはいませ…

  3. 知っておきたいビタミンDの役割とは?

    ビタミンD

    知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンDの役割や効果・効能についてです。一般…

  4. 今さら聞けないプロバイオティクスとプレバイオティクスの違いとは?

    腸内環境

    今さら聞けないプロバイオティクスとプレバイオティクスの違いとは?

    今回は今さら聞けないプロバイオティクスとプレバイオティクスの違…

  5. 肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    腸内環境

    肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    今回は肉食中心の食事は大腸がんの原因になりやすい、ということに…

  6. 30代・40代からの体の調子を整える3つの方法

    ミトコンドリア

    30代・40代からの体の調子を整える3つの方法とは?

    今回は、30代・40代からの体の調子を整えるための3つの方法に…

特集記事

  1. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  2. アロエベラの効果・効能
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  4. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  5. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

オススメ記事

  1. いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるため…
  2. ミトコンドリアを元気にする食事とは、代謝が良くなる食事。
  3. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。
  4. はちみつアロエベラの腸内環境を改善する効果がスゴイわけ。
  5. マインドフルネス瞑想で雑念が浮かんでくるのは当たり前。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  2. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  3. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  4. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』増補・改訂しました(^^♪
  5. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
PAGE TOP