<神様の食べ物>カカオの効果・効能が注目なワケ。

カカオ

ココアやチョコの原料「カカオ」ってそもそも何?【知っておきたい】

ココアやチョコの原料「カカオ」の栄養効果とは?

当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて述べていますが、今回は、ココアやチョコレートの原料である「カカオ」についてです。

 

チョコレートやココアの原料として知られている「カカオ」ですが、このカカオにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

カカオには、マグネシウムやマンガン、クロム、鉄、亜鉛、銅などのミネラル類やビタミンC、必須アミノ酸、食物繊維などの栄養素に加え、ポリフェノールやカテキンなどの抗酸化物質なども豊富に含まれています。

また恋愛している時に体内で作られる化学物質「フェニルエチルアミン(PEA)」や、心血管系を拡張することで心臓の働きを助ける「テオブロミン」もカカオには含まれているとされています。

 

そのため天然のカカオには、健康を維持する働きだけではなく、ストレス対策効果やリラックス効果、うつ症状を予防する効果もあるといわれています。

そのほか、カカオ豆の外皮を取り除いて粗く砕いたものである「カカオニブ」も、近年は栄養価が高いスーパーフードとして注目されています。

 

そもそもカカオとは?

そもそもカカオとは?

このように栄養豊富なカカオは南北アメリカ大陸固有の密林の木の実の種で、年間を通じて気温が高く、雨の多い地域で育つとされています。

学名は「テオブロマカカオ」で、「テオブロマ」は「神様の食べ物」という意味を持ち、「テオブロマカカオ」と命名したのはスウェーデンの18世紀の化学者カール・リンネです。

また、カカオ豆は、古くから神への供物として王族貴族だけが摂取できる食べ物であり、貨幣としても利用されるほど貴重なものだったといいます。

 

ところで、栄養豊富なカカオは一年中が旬であり、カカオの木は一年を通して花を咲かせて実をつけるといわれています。カカオの果実の中には、「カカオ豆」と称されているカカオの種子が20~50個ほど含まれており、これがチョコレートやココアの原料となります。

 

カカオ市場に一般的に流通しているのはフォラステロ種。

カカオ市場に一般的に流通しているのはフォラステロ種

そのカカオにはクリオロ種、フォラステロ種、トリタニオ種という三つの種があるとされています。

最も貴重なのはクリオロ種ですが、ココアやチョコレートの製品に使われることはほとんどなく、カカオ市場に一般的に流通しているのはフォラステロ種です。

ちなみに19世紀にココアとチョコレートを生みだしたのは、オランダの化学者、コンラッド・ヨハネス・バン・ホーテンであり、ミルクチョコレートを発明したのは、スイス人の化学者アンリ・ネスレとチョコレート職人のダニエル・ペーターだといわれています。

 

なお、カカオの健康効果についてはこちらの記事をご参照ください。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  2. なぜ今ブッダの教えが重要なのか?【最初に苦しみの矢を抜く】
  3. コロナ禍の今こそ『お金2.0』で価値主義に生きる。
  4. 知っておきたいビタミンB群の役割・効果効能とは?
  5. 便秘を解消していくために、なぜ生活習慣が大切なのか?【腸を元気にする生き方】

関連記事

  1. ゴジベリー(クコの実)の健康効果がスゴイわけ

    食べ物

    ゴジベリー(クコの実)のスーパーフード効果が注目なわけ。

    今回は、ゴジベリー(クコの実)の健康効果がスゴイわけについてで…

  2. 腸内環境

    キノコ類の腸内環境を改善する効果とは?

    今回は、きのこ類の腸内環境を改善してくれる効果について述べてい…

  3. 知って得する海苔(のり)の栄養効果。

    海藻

    <海苔(のり)の栄養効果>日本人なら知っておきたい。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて述べてい…

  4. 玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメ

    健康

    玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメ。

    今回は玄米リブレフラワーをこれからの健康と食養生のためにオスス…

  5. ココウェルのココナッツオイルがイチオシなわけとは?

    ココナッツオイル

    ココウェルのココナッツオイルがイチオシなわけとは?

    良質なココナッツオイルを日々のライフスタイルにとりいれてみませ…

  6. ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」の効果・効能

    ローヤルゼリー

    ローヤルゼリー特有の「デセン酸」の効果効能とは?

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

特集記事

  1. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣
  2. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  3. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ
  4. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  5. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

オススメ記事

  1. はちみつアロエベラヨーグルトは腸内環境を変えるのにイチオシ。…
  2. RTRoomのルイボスティーは高品質でおすすめ。
  3. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。
  4. ボディスキャンによるマインドフルネスは身体への気づきを深める…
  5. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ健康生活にオススメ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  2. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

    ストレス解消法

    根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想がオススメ。
  3. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  4. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  5. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』Kindl…
PAGE TOP