チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

腸内環境

チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

今回はチアシードが栄養補給に役立つスーパーフードであるということについてです。

代表的なスーパーフードとして知られている「チアシード」ですが、大さじ一杯のチアシードと水さえあれば、一日生きることができるといわれているほど栄養豊富です。

ちなみにチアシードとは、メキシコ中西部からグアテマラ北部など中南米原産の、シソ科サルビア属であるミントの一種の植物である「チア」の種です。

高い栄養価を誇る食材であり、古代マヤ・アステカの時代から医薬品や宗教儀式の供物として、重宝され続けてきたとされています。

16世紀にスペインに制服されると、チアシードの食文化は途絶えたとされますが、近年、チアシードは栄養素が豊富に含まれていることが判明したため、米国を中心として世界中で需要が増え、南米を中心に有機栽培が行われるようになったといいます。

 

そのチアシードには、オメガ3脂肪酸(α‐リノレン酸)、必須アミノ酸、食物繊維、ミネラル類(カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄)などの栄養素が豊富に含まれています。

これらの栄養素はどれも身体と心に作用し、生活習慣病を予防したり、体調不良を防いだりするのに役立ちます。またチアシードはダイエットにも効果的なスーパーフードであるとして、長年、女性の間で特に人気です。

 

チアシードは栄養豊富。

チアシードは栄養豊富。

先ほども述べましたが、「奇跡のスーパーフード」とも呼ばれているチアシードには、

 

  • 必須アミノ酸
  • 必須脂肪酸
  • 食物繊維
  • ミネラル類

 

などの栄養素が豊富に含まれています。

特にチアシードはオメガ3脂肪酸のα‐リノレン酸が豊富に含まれています。このα‐リノレン酸は体内に入ると、約1~2割がDHAとEPA変換されるといわれています。

また、チアシードに含まれている、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄といったミネラル類はどれも、私たちのからだを構成している骨や血液、体液の健康維持や、新陳代謝を良くするためのデトックス(毒出し)に欠かせません。

さらに必須アミノ酸も豊富で、9種類のうち、8種類もチアシードには含まれています。そのため、チアシードは、ヘンプシードスピルリナなどと同様、貴重なタンパク源であるといえます。

 

チアシードは食物繊維のバランスが良い。

チアシードは食物繊維のバランスが良い。

さらに、チアシードには食物繊維が多く含まれています。

私たちの腸内に生息する腸内細菌の集まりは「腸内フローラ」と呼ばれていますが、その腸内フローラを改善するためには、腸内細菌のエサになる食物繊維が欠かせません。また、食物繊維には便秘を解消する働きもあります。

チアシードにはその食物繊維が豊富に含まれているため、腸内細菌のバランスを整えて、腸内環境を改善していくのに効果的だと考えられます。

 

また、食物繊維によって腸内フローラを改善していく場合は、「水溶性」のものと「不溶性」のものをバランスよく摂っていく必要があると言われています。

水に溶けやすい水溶性の食物繊維は、腸内細菌のバランスを整えるのに、水に溶けにくい不溶性の食物繊維は、腸内環境をきれいにするのに、それぞれ役立ちます。

 

チアシードには、グルコマンナンと呼ばれる水溶性食物繊維と、セルロース、リグニンといった不溶性食物繊維が両方とも含まれているため、腸内環境を改善するのにも効果的なスーパーフードだと言えるのです。

ほかにも、チアシードにはフリーラジカルや活性酸素が細胞を老化させるのを抑える抗酸化作用があり、ロスマリン酸やプロトカテク酸エチルエステルといった抗酸化物質(ポリフェノール)が含まれているという研究報告もあるようです。

 

チアシードの食べ方で知っておくべきこととは?

チアシードの食べ方で知っておくべきこととは?

ちなみにチアシードを食べる際は、12時間以上水につけておくことが必要です。

そうしないと、「アブシジン酸」と呼ばれる細胞内のミトコンドリアに悪影響を与える成分が残ってしまうのです。また水の量はチアシードの約10倍が望ましいと言われています。

水に浸けておくとチアシードは膨らみ、プチプチとした食感になりますので、1日に大さじのスプーン1杯分くらいのチアシードをヨーグルトなどに混ぜて食べるようにすると、日頃の健康維持と栄養摂取に効果的です。

 

またチアシードには「ブラックチアシード」と「ホワイトチアシード(サルバチアシード)」がありますが、水に浸した時、「ホワイトチアシード」のほうが「ブラックチアシード」よりも膨らみ、さらに食物繊維やオメガ3脂肪酸などがより多く含まれています。

そのため、ダイエットや美容に関心がある方は、ホワイトチアシードのほうを選んだ方が良いと思われます。

 

以上今回は、チアシードが栄養補給に役立つスーパーフードであるということについて述べてみました。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. サジーは美容や美肌の実現にオススメなスーパーフード。
  2. 成城石井のヒマラヤンアカシア純粋はちみつは濃厚。
  3. いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるためには?
  4. 腸内環境の改善はアトピーを良くするために必要不可欠。
  5. 知っておきたいビタミンKの役割・効果効能とは?

関連記事

  1. 食べ過ぎは腸内環境を悪化させる

    腸内フローラ

    食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させる。

    今回は食べ過ぎによる消化不良は腸内環境を悪化させるということに…

  2. <奇跡の木>とも呼ばれるスーパーフード「モリンガ」の栄養バランスが注目

    便秘の改善

    奇跡の木「モリンガ」の栄養バランスが便秘解消に注目なわけ。

    今回は、<奇跡の木>とも呼ばれるスーパーフード「モリンガ」の栄…

  3. 知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

    腸内環境

    知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?

    今回は知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。…

  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?

    今回は栄養豊富な「ビーポーレン」がパーフェクトフードである理由…

  5. 知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】

    腸内環境

    知っておきたい腸と脳の関係とは?【脳腸相関】

    腸内フローラのバランスを整えることで、腸の腸内環境を最良の状態…

  6. 運動

    腸内環境

    適度な運動が腸内環境を良好に保つ。

    今回は適度な運動が腸内環境を良好に保ち、運動不足は腸内環境の悪…

特集記事

  1. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  3. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  4. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  5. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

オススメ記事

  1. ミトコンドリアを弱らせる原因「ストレス」とは何か?
  2. 『思考のすごい力』は自分の人生を劇的に変えるきっかけになる。…
  3. 瞑想とは現在の瞬間を観察するためのトレーニング。
  4. 便秘を解消していくための生活習慣とは?
  5. ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  2. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能が注目なワケ。
  3. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  4. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  5. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
PAGE TOP