ビタミンCがストレス対策に必要不可欠なわけ

健康

ビタミンCのこまめな摂取はストレス対策に効果的。

ビタミンCがストレス対策に必要不可欠なわけ

今回はビタミンCのこまめな摂取はストレス対策に効果的なわけについてです。

前回の記事では三石巌氏の『ビタミンC健康法』をご紹介しましたが、この記事では、ビタミンCのこまめな摂取がストレス対策に必要不可欠なわけについて述べていこうと思います。

 

では、ビタミンC(アスコルビン酸)のこまめな摂取がなぜ、ストレス対策のために必要になってくるのでしょうか?

その理由は、ストレスに抵抗するための副腎皮質ホルモン(コルチゾールなど)が作られる際に、大量のビタミンCが必要になるからです。

また、ビタミンCは、「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」といった抗ストレスホルモンの合成に関わっています。

 

特に「ノルアドレナリン」は、報酬系に関わる神経伝達物質「ドーパミン」から作られるのですが、合成の際に必要になるのが「ビタミンC」と銅なのです。

そのため、ストレスを感じることが多い方は、ストレスに抵抗するためのホルモンが作られる度に、ビタミンCを消耗してしまうのです。

 

ストレスを感じることが多い

これらストレスとビタミンCのことに関して、溝口徹氏は『「うつ」は食べ物が原因だった!』のなかで、「ストレス社会の救世主・ビタミンC」として、以下のように述べています。

 

 心的に受けるストレス、環境から受けるストレスなど、どのようなケースでも、ストレスを受けていることは、栄養素が消耗されているのだということにほかならないが、案外それを意識していない人が多いのではないか。ストレス社会といわれる現代においては、日々社会生活を送るなかで栄養素がどんどん目減りしてしまうのである。

しかし、そのようなストレスに対し、対抗するための栄養素もある。その筆頭にあげられるのは、(略)ビタミンCだ。

イチゴを一日に8個食べれば、必要なビタミンCが摂れる、などと最近ではいわれているようだが、日常的にストレスを受けていれば、当然そんな量ではまかないきれない。

では、どのようにして摂るべきか。ビタミンCは水溶性で、身体に蓄積されない、つまり、どれほど多く摂っても、尿として排泄されてしまうから、多量のビタミンCを摂っても意味はない、と考えている人は多い。

しかしじつは、ビタミンCは体内の臓器によっては高濃度に含まれており、必要量が増えたときのために貯蔵されているのである。その機能を担っている臓器のひとつが副腎である。副腎では、かなりの高濃度でビタミンCをため込んでおくことができる。ストレスをはね返すホルモンをつくり出す副腎は、ビタミンCを待ち望んでいる。このストレス社会に打ち克つためには、身体にビタミンCをつぎ込む努力を惜しまないでいただきたい。

(溝口徹『「うつ」は食べ物が原因だった!』p163~164)

 

L-アスコルビン酸を水に溶かして手軽にビタミンC摂取。

ビタミンC(アスコルビン酸)

溝口徹氏はビタミンCを摂るポイントとして、「一度にビタミンCを摂るのではなく、回数を増やして摂ることだ」と述べていますが、ビタミンCは副腎に溜め込むことができるそうなので、ビタミンCを普段から摂るようにすることは、ストレス対策のために有効だと考えられるのです。

 

しかしビタミンC(アスコルビン酸)は、一度に大量に摂取したとしても、全てが吸収されるわけではないので、1日に1~7g程度を目安に、500mg~1000mg(1g)を、数時間おきに数回にわけて摂取してみるのがストレス対策のためにオススメです。

もちろん、かくいう私自身も、1日3~5gを目安にこまめなビタミンCの摂取を実践中です。

ですが、1日にどれくらいのビタミンCが必要になるのかは、人それぞれだといいますので、うつアトピーなど、ストレスによる不快な症状や体の不調に悩まれている方は、ご自身のお身体と相談しながら、まずは1g~7gの範囲内で自分でいろいろ摂取量を試してみると良いかもしれません。

 

さらに、アスコルビン酸粉末を溶かした水にはちみつも加えてあげると、飲みやすくなりますし、栄養バランスも非常に優れるようになります。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 空腹力がミトコンドリアを強くする・増やす。
  2. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?
  3. 信念を変えれば人生を変えられるー『思考のすごい力』2
  4. 知ってトクするポリフェノール・ファイトケミカルの効果・効能とは?
  5. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。-『小さな習慣』3

関連記事

  1. ビタミンCのうつを改善する効果

    うつ

    ビタミンCのうつを予防する効果とは?

    今回はビタミンCのうつを予防する効果についてです。&n…

  2. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒すわけについて、…

  3. 【知っておきたい】免疫とストレスの関係とは?

    免疫力

    【知っておきたい】免疫とストレスの関係とは?

    当ブログではハチミツとミトコンドリアを中心に、これからのヘルス…

  4. お金をかけずに足を温めてぐっすり眠るには?

    体温

    お金をかけずに足を温めてぐっすり眠る冷え対策とは?

    毎年本格的な冬がやってくると、からだの芯まで凍るような寒い日が…

  5. 腸内細菌学のパイオニアが提唱する「バイオジェニクス」とは?

    腸内環境

    腸内細菌学のパイオニアが提唱する<バイオジェニックス>とは?【腸活】

    今回は、腸内細菌学のパイオニアである光岡知足氏が提唱する「バイ…

  6. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』

    電子書籍

    『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』Kin…

    人生100年時代、いつまでも心身ともに健康であり続けるために、…

特集記事

  1. 自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。
  2. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!
  4. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  5. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

オススメ記事

  1. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』「おわり…
  2. 苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実…
  3. 『ブッダが説いたこと』は、お釈迦さまの基本的な教えを知るため…
  4. 読書の合間にはひとさじのハチミツがオススメ。
  5. 生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

    発酵食品

    手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  2. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  3. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  5. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
PAGE TOP