知っておきたいビタミンDの役割とは?

ビタミンD

知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?

ビタミンDの役割や効果・効能

今回は、ビタミンDの役割や効果・効能についてです。

一般的にビタミンDには、以下のような効果・効能があるとされています。

  • 免疫力を高める効果
  • 骨や歯を丈夫にする効果
  • 花粉症をやわらげる効果

 

ビタミンDは、骨の健康に役立つビタミンです。その理由はカルシウムとリンの吸収を促進し、骨にカルシウムを吸着させる働きがあるからです。

ビタミンDは食品として摂取されると、小腸から吸収されたのち、リンパ球を経て体内を循環します。特に肝臓に高濃度に貯蔵されることになります。

食品から摂取した場合は、きのこ類に含まれるビタミンD₂と、動物性のD₃がありますが、どちらも肝臓と腎臓を経て活性型ビタミンDに変わり、体内で作用します。

また、活性型ビタミンDは、甲状腺ホルモン(カルシトニン)や副甲状腺ホルモン(PTH)と協力して、血中のカルシウム濃度を安定させる働きもあります。

 

さらに、ビタミンDのうち、ビタミンD₃は日光の紫外線によって、皮下で合成されるため、1日になるべく30分程度日光浴をすることは、活性型のビタミンDの合成に役立ちます。

ちなみに日照時間が少ない場合は、ビタミンDは脂溶性ビタミンであるため、油脂と一緒に摂取することで、吸収率が高まります。

 

そのほか、『サーファーに花粉症はいない』(小学館)の著者である医師の斎藤糧三氏は、ビタミンDには免疫調整の働きがあるため、日光浴によってビタミンDが体内で十分に作られることは、花粉症などのアレルギー対策につながることを示唆しています。

 

ビタミンDを多く含む食品は?

ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDを多く含む食品には、アンコウの肝、サケ、イワシの丸干しなどがあります。また、きくらげや干ししいたけなど、きのこ類にも豊富に含まれています。

ビタミンDの欠乏症としては、乳幼児期ではくる病、成人期では骨軟化症や骨粗しょう症が挙げられます。

さらに近年は、糖尿病、動脈硬化、免疫力低下、自閉症、うつ、花粉症などの発症リスクを高めるという報告もあるようです。

なお、過剰症には、肝油などのサプリメントなどを摂り過ぎることで、高カルシウム血症が引き起こされることがあるとされています。

 

以上が、ビタミンDの効果効能・役割についてです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  2. ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。
  3. 「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?
  4. 『ミトコンドリアを活性化するとがん細胞は自滅する』理由とは?
  5. そもそも活性酸素・フリーラジカルとは何か?

関連記事

  1. 『サーファーに花粉症はいない』わけとは!?

    ビタミンD

    知っておきたい『サーファーに花粉症はいない』わけとは!?【2020年】

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  3. 知ってトクするパントテン酸の働き・役割とは?

    ビタミン

    知ってトクするパントテン酸の働き・役割とは?

    今回は、パントテン酸の働き・役割についてです。一般的に…

  4. ビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子

    酵素

    ビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子。

    今回はビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子だという…

  5. 知ってトクするビタミンB2の役割・効果効能とは?

    ビタミン

    知ってトクするビタミンB2の働き・役割とは?

    今回は、ビタミンB₂の働き・役割についてです。一般的に…

  6. 知ってトクするナイアシンの働き・役割とは?

    ビタミン

    知ってトクするナイアシンの働き・役割とは?

    今回は、ナイアシンの働き・役割についてです。一般的にナ…

特集記事

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  2. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  4. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック
  5. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

オススメ記事

  1. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  2. 生命力を高めるには『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』が…
  3. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?
  4. ルイボスティーでアトピー改善生活。
  5. 「0円」習慣で治していくアトピー。【マインドフルネス・自然散…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

    酵素ドリンク

    ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
  2. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』Kindl…
  3. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  4. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  5. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
PAGE TOP