『ブッダが説いたこと』は、お釈迦さまの基本的な教えを知るために最適。

ブッダ/仏教

『ブッダが説いたこと』は、お釈迦さまの基本的な教えを知るために最適。

『ブッダが説いたこと』は、お釈迦さまの基本的な教えを知るために最適。

日々、出口が見えないコロナ禍でこころが苦しい・息苦しい・虚しいと感じることはありませんか?

そのような場合、ブッダの教えに関心を持ち、学んでみることは、おうち時間の使い方としてはたいへん有意義であるように思われます。

このように述べると、「仏教」という「宗教」を信じることを勧めているように思われるかもしれませんが、ブッダに関心を持ち、その教えを実践することは、一神教の神様をやみくもに信じたり、ただお経を唱えたり仏像を拝んだりすることとは違います。

なぜならブッダ(お釈迦さま)は、心の悩み苦しみから抜け出す方法について、科学者のごとく合理的に述べているからであり、ブッダの教えについて真剣に学ぶことは、心の成長につながるからです。

 

ブッダとは、苦しみの矢が刺さった患者の治療にあたる医者のような存在なのです。

また、ブッダの教えは、現代の脳科学や心理学の発見にも通じますので、ブッダの教えを学ぶことは、長い人生を生きていくうえで必ず役立ちます。

そして、ブッダ(お釈迦さま)の教えについて初めて勉強してみたいという方にオススメなのは、『ブッダが説いたこと』(ワールポラ・ラーフラ 著 今枝 由郎 訳 岩波文庫)という一冊です。

この本は、仏教史や上座部仏教と大乗仏教の違いなどを学ぶためではなく、ブッダが説いたこととは、一体どういうことなのかをとりあえず知るために最適です。

 

ブッダが説いたこと

 私は本書で、ブッダの教えの中で中心的、基本的とされるものをすべて論じた。それらは、四聖諦、八正道、五集合要素、カルマ、再生、「条件付けられた生起」、無我、正しい注意である。

 

と「まえがき」にありますが、個人的には、ブッダの教えについて書かれているこのような良書が、安価で手に取りやすい岩波文庫で読めるということは、非常にありがたいことであると感じられます。

 

ちなみに『ブッダが説いたこと』の目次は、以下のとおりです。

第1章 仏教的な心のあり方
第2章 第一聖諦―ドゥッカの本質
第3章 第二聖諦―ドゥッカの生起
第4章 第三聖諦―ドゥッカの消滅
第5章 第四聖諦―ドゥッカの消滅に至る道
第6章 無我(アナッタ)
第7章 心の修養(バーヴァナー)
第8章 ブッダの教えと現代

 

 ブッダを、一般的な意味での「宗教の開祖」と呼ぶことができるとすれば、彼は「自分は単なる人間以上の者である」と主張しなかった唯一の開祖である。他の開祖たちは、神あるいはその化身、さもなければ神からの啓示を受けた存在である〔か、そうであると主張している〕。ブッダは、一人の人間であったばかりではなく、神あるいは人間以外の力からの啓示を受けたとは主張しなかった。彼は、自らが理解し、到達し、達成したものはすべて、人間の努力と知性によるものであると主張した。

(『ブッダが説いたこと』 ワールポラ・ラーフラ 著 今枝 由郎 訳 25頁)

 

人間は、そして人間だけが、ブッダ「目覚めた人」になれる。人間は誰でも、決意と努力次第でブッダになる可能性を秘めている。ブッダとは、「卓越した人間」と呼ぶことができる。ブッダは完璧な「人間性」を実現したがゆえに、後世に至って一般的には「超人」と見なされるようになった。

(同)

 

ところで、「仏教」と聞くと、何となく仏像を拝んだり、お経を読んだりすることなどをイメージしてしまいますが、そのようなイメージが先行してしまう場合は、そのような仏教へのステレオタイプなイメージを取り払って、まずは「四聖諦」や「八正道」といったブッダの基本的な教えだけに関心を持ってみると良いと思います。

というのは、ブッダの教えとは、きわめて実用的であり、難しいことを頭であれこれと考えるよりも先に、自分に刺さった苦しみの矢を抜くことが大切だからです。

 

ブッダが説いたこと

 仏教は宗教なのか、それとも哲学なのか、としばしば問われてきた。仏教をどう定義しようと、大した問題ではない。仏教をどのように呼ぼうとも、仏教であることに変わりはない。名称はどうでもいいものである。私たちがブッダの教えに付けている「仏教」という名称も、重要なものではなく、本質的なものではない。

(『ブッダが説いたこと』 ワールポラ・ラーフラ 著 今枝 由郎 訳 34頁)

 

 まず最初にはっきりと言えることは、仏教は悲観主義でも楽観主義でもなく、しいていえば、生命を、そして世界をあるがままに捉える現実主義である。仏教はものごとを客観的に眺め、分析し、理解する。仏教は誤って人びとに人生は楽園であると思い込ませたり、ありとあらゆる想像上の不安や罪の意識をかき立てて、恐がらせたり苦悶させたりしない。仏教は人間と世界のあるがままを正確に、客観的に説き、完全な自由、平安、静逸、幸福への道を示すものである。

(『ブッダが説いたこと』 ワールポラ・ラーフラ 著 今枝 由郎 訳 57頁)

 

今回は、『ブッダが説いたこと』(ワールポラ・ラーフラ 著 今枝 由郎 訳 岩波文庫)という本を、ブッダ(お釈迦さま)の基本的な教えを知るための一冊として紹介してみました。

気になる方は、『ブッダが説いたこと』を、有意義な時間を過ごすために手に取ってみてはいかがでしょうか?

なお、ブッダの教えを手軽に知り、実践することが出来る本としては他に『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』(草薙龍瞬 著 KADOKAWA)』があります。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。
  2. 水素(H2)がミトコンドリアを活性化する理由とは?
  3. ミトコンドリアによるアポトーシス(細胞死)とは?
  4. RTRoomのルイボスティーは高品質でおすすめ。
  5. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

関連記事

  1. 感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、仏教なのか』2

    ブッダ/仏教

    感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、仏教なのか』2

    見たいものだけを見ることは果たして最良の選択なのでしょうか?…

  2. 『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    ブッダ/仏教

    『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    今回は、『なぜ今、仏教なのか 瞑想・マインドフルネス・悟りの科…

  3. 令和の時代は『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    ブッダ/仏教

    『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    令和の時代は、『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きてみま…

  4. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    ブッダ/仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。

    般若心経を唱えることを日々のライフスタイルにとりいれることで、…

  5. 苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実現する生き方。

    ブッダ/仏教

    苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実現する生き方。

    ポピュラーなお経である<般若心経>が説く【空】を正しく理解する…

  6. 「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』

    ブッダ/仏教

    「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』

    以前、般若心経を感じることが心身のバランスを整えるということに…

特集記事

  1. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』
  2. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  3. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  4. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  5. マヌカハニーの効果・効能

オススメ記事

  1. なぜ森林浴×マインドフルネスがストレスによる慢性炎症・生活習…
  2. 腸内細菌学のパイオニアが提唱する<バイオジェニックス>とは?…
  3. 『病気にならない生き方』をこれからの健康のために読み直す。
  4. 根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想がオススメ。…
  5. 🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワ…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  2. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  3. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイ。
  4. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  5. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
PAGE TOP