ミトコンドリアを元気に

ミトコンドリア

アトピーを治していくためにはミトコンドリアを元気に。

アトピーを治していく

当ブログでは主に、ハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書いていますが、今回はミトコンドリアを元気にすることがアトピーの改善につながるということについて述べていきたいと思います。

近年、大人になってからのアトピー性皮膚炎に悩まされる方が急増しているといいますが、大人のアトピーは完全に治るのでしょうか? また、アトピーを治すためにはどのような手段が有効なのでしょうか?

 

世の中には「~すればアトピーが治る」という情報が氾濫していますが、アトピーをすぐに治すのは難しいと思われます。

そして、アトピーを治していくために大切なこととして考えられるのは、シンプルに整理すると、以下のようになります。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

実は私自身アトピー体質で、様々なことを実践するうちに気づいたのですが、アトピーを少しでも治していくためには、あれもこれもと特定の対策を細かく行うのではなく、血液をきれいにし、血液の巡りを良くするために、からだ全体のバランスを整えていくことが重要なのです。

そしてそのために具体的に必要なことは、以下のようなことだと思われます。

 

この記事ではこのうち「ミトコンドリアを元気にする」ということについて述べていきたいと思います。

 

アトピー改善のためにはミトコンドリアを元気にして新陳代謝を良くする。

ミトコンドリアを元気にする

アトピー性皮膚炎の改善のために何よりも大切なのは、細胞の新陳代謝を良くすることだと考えられます。そして、新陳代謝の中心になっているのは、「ミトコンドリア」なのです。

もしミトコンドリアの機能が低下したり、数が減っていたりしたら、その分、新陳代謝は鈍ってしまいます。

したがって、アトピー性皮膚炎の改善には、ミトコンドリアを増やしたり元気にしたりして、新陳代謝を活性化することが非常に効果的です。

 

ちなみにアトピー性皮膚炎とミトコンドリアの関係について詳しく述べているのは、『免疫力を高める生活』『究極の免疫力』などの著作がある医学博士の西原克成氏です。

西原博士は、『免疫力を高める生活』のなかで、「ミトコンドリアは、新陳代謝の主役としては体温を一定に保ち、細胞のリモデリングを行い、細胞の同化・異化・運動の調節・老廃物の排出とともに老化を予防する働きを担っている」としています。

 

アトピーとは微生物の細胞内感染症。

ミトコンドリアは新陳代謝の主役

また、西原博士は、『アトピーが治った!』のなかで、アトピーの原因に関して、「アトピーとは、白血球に細菌やウイルスが入ることで起こる、微生物の細胞内感染症なのです」と述べています。

さらに、「白血球が運び屋となって、あちこちの細胞群に感染症を起こして、皮下組織の細胞に感染を起こしたものを、アトピー性皮膚炎と呼んでいるのです」としています。

 

したがって、アトピー性皮膚炎を良くしていくためには、ミトコンドリアの活性化のほかに、細胞に細菌やウイルスが白血球を通じて細胞内に入りこまないようにすることが重要になってくると思われるのです。

そしてそのために大切なのは、口呼吸ではなく鼻呼吸を徹底することと、腸は冷やさず温めることだと西原氏は述べています。

 

ミトコンドリアを増やすためにオススメな運動とは?

ミトコンドリアを増やすためにオススメな運動とは?

ミトコンドリアを増やすのに特におすすめなのは、ゆっくりとしたウォーキングやスロージョギングなどの有酸素運動を適度に行うことです。

また、そのような軽い運動によってじんわりと汗をかくことは、かゆみにつながるかもしれませんが、アトピーを本当に治していくためには大切なことだと思われます。

そのほか、紫外線が気になるかもしれませんが、1日に10~20分でも、太陽の日差しを浴びるようにすることは、ミトコンドリアを元気にしてくれますし、お肌の健康維持のために必要不可欠なビタミンDの生成にもつながります。

 

しかし、真夏などは日差しが強すぎるため、夏に関しては朝や夕方に日光浴を行うようにして、真昼はなるべく避けることが必要です。

 

太陽の日差しを浴びてミトコンドリアを元気に

以上、ここまでミトコンドリアを元気にすることがアトピーの改善につながるということについて述べてきましたが、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

 

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

アトピーを治していくために大切なこと。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

アトピーを治していくために大切なこと

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『バレット博士の脳科学教室 7½章』は「脳」について正しく知るために必読。
  2. 知ってトクするビタミンB12の働き・役割とは?
  3. 『医学常識はウソだらけ』から学ぶビタミンの重要性。
  4. 腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  5. タイムのはちみつの効果・効能とは?

関連記事

  1. アーシングによって改善される可能性がある病気・症状

    アーシング

    アーシングはアトピー改善にも効果的。

    今回は、大地と直接つながるアーシングが、アトピー改善にも効果的…

  2. ミトコンドリア

    「活性酸素」がミトコンドリアの機能を低下させる。

    今回は、「活性酸素」がミトコンドリアの機能…

  3. トランス脂肪酸が体に悪いわけ

    活性酸素(フリーラジカル)

    ストレス・活性酸素を減らすことでアトピー改善。

    今回はストレスや活性酸素を減らすことがアトピーの改善につながる…

  4. 9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方

    アトピー

    『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』から考える脱ステロイド。

    今回は『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』という本を…

  5. ミトコンドリア

    酸化ストレスが多くの病気の原因になるワケとは?

    今回は酸化ストレスは多くの病気の原因であるということについてで…

  6. 太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴

    太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴を行うことはアトピー性皮膚炎の改善や予防に効果的なのでし…

特集記事

  1. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』加筆修正しました。
  3. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  5. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

オススメ記事

  1. 「諸法無我」ブッダの教え<無我>とは?【ブッダの智恵で心の苦…
  2. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kind…
  3. 人生を良い方向に変えるには『小さな習慣』が大切。
  4. ハチミツ+クエン酸の疲労回復効果が絶大なわけ。
  5. ブッダの教え<四聖諦>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  2. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門…
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』加筆修正しました。

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』加筆修正しました!
  4. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  5. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?

    生活習慣

    いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるためには?
PAGE TOP