体を温める陽性食品で冬の低体温対策

体温

体を温める陽性食品で冬の低体温対策。

体を温める陽性食品で冬の低体温対策

当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて考えていますが、今回は、体を温める陽性食品で冬の低体温対策、ということについてです。

以前の記事で、「冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?」という記事を書きましたが、基本的に冬は日が短く、天気も急変しやすいので、十分に太陽の光を浴びることが難しくなり、何かとエネルギー不足に陥りやすいのです

そのため、冬の季節は、

 

  1. 何事も無理しない(いつもと同じように仕事をこなそうとしない)
  2. 体の冷えに要注意(厚着する・こまめにあたたまる)
  3. いつもより早めに寝る(夜更かしを避ける)

 

といったことが、大きな病気にかからないようにするために大切になってくると思われます。

また、朝や昼の間、もし快晴で太陽の日差しが地上に降り注いでいたら、太陽の光を貴重だと思って、しばらくの間、日光浴を行うことも必要になってきます。

 

そのほか、低体温を避けるために、普段から体を温める食べ物を摂るということも挙げられます。

日頃、私たちが摂っている食べ物には、実は体を温めるものと冷やすものがあるとされています。

 

このことは中医学における「陰」と「陽」の分類による食べ物の捉え方ですが、体を温める食べ物と冷やす食べ物の要素について、石原結實医師は、『病気が治る温め方』のなかで、

  • 産地
  • 固いか、柔らかいか
  • 熱を加えてあるか否か
  • 動物性食品と植物性食品
  • 塩のきいた食物

などを挙げています。

 

冬は体を温める作用がある食べ物や飲み物を意識的に摂ってみる。

石原結實『病気が治る温め方』

そして、以下のように述べています。

 

 陽性食品は、外観が赤、黒、黄などの暖色をしており、固く(水分が少なく)、塩からく、北方に産する…などという特徴があります。また牛乳以外の動物性食品は陽性食品です。

よって、肉、卵、チーズ、魚介、塩、みそ、醤油、明太子、つくだ煮、漬物、根菜類は、体を温める陽性食品なのです。

逆に、水分の多いもの、青・白・緑の食物、南方産の食物は、体を冷やす陰性食品です。つまり、水、酢、牛乳、ビール、ジュース、バナナ、パイナップル、かんきつ類、コーヒー、緑茶、白砂糖…などです。

(石原結實『病気が治る温め方』p24)

 

生姜湯や紅茶、ココアなどは、体を温める飲みものとしてよく知られていますが、特に体やおなかが冷えやすい秋冬の季節は、低体温を避けるために食品の色や産地に気をつけ、体を温める作用がある食べ物や飲み物を意識的に摂ってみることをオススメします。

私自身も低体温によって体調が悪化しないように、ニンジンやりんご、味噌などの発酵食品を中心に、からだを温める食べ物や飲み物を積極的に摂るようにしています。

 

りんご

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。
  2. 腸内細菌が増えすぎる「SIBO(小腸内細菌増殖症)」とは?
  3. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  4. 「うつ」な気分の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。
  5. これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?

関連記事

  1. ゆっくりスクワットで温活・低体温対策

    エクササイズ

    ゆっくりスクワットで体温アップ!低体温対策。

    日頃から低体温に悩まされてはいませんか?当ブログでは人…

  2. <神様の食べ物>カカオの効果・効能が注目なワケ。

    カカオ

    ココアやチョコの原料「カカオ」ってそもそも何?【知っておきたい】

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて述べていますが、今回…

  3. 腸活に効果的なヨーグルトのとは?

    ヨーグルト

    腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?

    腸の健康のために、毎日ヨーグルトを食べていますか?今回…

  4. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。

    腸内環境の改善や美肌の実現に最適なスーパーフード「アロエベラ」…

  5. 知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

    腸内環境

    知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?

    今回は知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。…

  6. 冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメ

    体温

    冬アトピーが悪化したらおなかとからだを温める。

    今回は、冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオ…

特集記事

  1. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』加筆修正しました。
  3. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  4. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  5. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

オススメ記事

  1. ミトコンドリアの活性化でアンチエイジング&老化予防…
  2. ココナッツオイル効果がダイエットを成功させる理由とは?
  3. プチゆる断食には酵素ドリンクがオススメなわけ。
  4. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?
  5. マヌカハニーが美容・美肌に効果的なワケとは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  2. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
  3. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

    森林浴

    森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは?
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  5. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは?
PAGE TOP