冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメ

体温

冬アトピーが悪化したらおなかとからだを温める。

冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメ

今回は、冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメであるということについてです。

アトピーに悩まれている方で、冬になるとどうしてもアトピーが悪化してしまうという方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身も、季節が秋から冬へと変わり、急に気温が低下すると、自律神経のバランスが乱れてしまうせいか、普段おさまっていたはずの湿疹が急に出てきて、大変な思いをすることもしばしばです。

 

ではなぜ冬になると、アトピー性皮膚炎が悪化したり、湿疹・肌荒れがひどくなったりするのでしょうか?

肌荒れやアトピーの悪化の原因は、冬になると空気が乾燥してしまうことが関係しているのではないか、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、私自身は、自律神経のバランスが崩れることに加えて、冬は総体的にエネルギーが減少するため、エネルギー不足によって体が冷え(低体温)、その冷えによってミトコンドリアが弱まり、免疫力が低下してしまうことが関係していると考えています。

 

冬のアトピー対策は、おなかとからだを芯までじっくり温めることが大切。

おなか(内臓)とからだを芯までじっくり温める

そのため、冬のアトピー悪化を防ぐために大切なことは、身体が慢性的なエネルギー不足に陥らないよう気をつけることだといえます。

したがって、前回の記事でも述べましたが、

 

  1. 何事も無理しない(いつもと同じように仕事をこなそうとしない)
  2. 体の冷えに要注意(厚着する・こまめにあたたまる)
  3. いつもより早めに寝る(夜更かしを避ける)

 

といったことが、エネルギーが不足しがちな冬に、エネルギーを温存するために重要になってきます。

 

また、アトピー性皮膚炎の場合は、ストレスなどが原因で冬でなくても低体温であることが多く、さらに、皮膚の炎症を治すのにエネルギーが使われているので、基本的にからだのエネルギーが足りていないと思われます。

それゆえ、冬場は、暖房器具を利用したり、熱いお風呂にじっくりと浸かったりして、おなか(内臓)とからだを芯までじっくり温めることも大切になってきます。

特に冷えによって腸をはじめとした内臓(おなか)の働きが鈍ると、便秘などが起こりやすくなり、アトピーが悪化しやすくなります。

 

冬のアトピー対策は遠赤外線ヒーターがオススメ。

冬のアトピー対策は遠赤外線ヒーターがオススメ

さらに、遠赤外線ヒーターで体を芯まで温めることで病気予防という記事でも述べましたが、冬の寒さは油断ならず、激しい震えを感じたら、いっきにアトピーが悪化してしまう可能性がありますので、もし元気が出ないなどのエネルギー不足を感じたら、ぜひ朝起きた時や寝る前などに遠赤外線ヒーターでからだを温めるようにしてみてください。

 

ちなみに、遠赤外線とは、一般的に3μm~1000μmの波長領域の電磁波のことをいいますが、遠赤外線は、血液循環を活性化させ、新陳代謝を促すといわれているため、個人的にエアコンで温まるよりもオススメです。しかも遠赤外線にはデトックス作用もあるといいます。

 

山善の遠赤外線カーボンヒーター(DCT-J063)

こちらは山善の遠赤外線カーボンヒーター(DCT-J063)。コンパクトな設計ですので、それほど場所をとりません。就寝前と起床時、私はアトピーの悪化を防ぐために、この遠赤外線ヒーターでじっくりとからだとおなかを温めるようにしています。

 

以上ここまで、冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメであるということについて述べてみました。アトピー性皮膚炎に悩まれている方は、冬は何事も無理せず、熱エネルギーによってこまめにからだとおなかを温めるようにして、エネルギー不足を補ってみてください。

 

 

ちなみに、アトピーを治していくために大切なこととして考えられるのは、シンプルに整理すると、以下のようになります。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

アトピーを治していくために大切なこと

そしてそのために具体的に必要なことは、以下のようなことだと思われます。

 

なお、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】
  2. 「ひとり」を肯定的に捉えるための『孤独の価値』とは?
  3. 「うつ」をやわらげるには腸内環境の改善が必要。
  4. カルシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】
  5. 食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。

関連記事

  1. 9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方

    アトピー

    『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』から考える脱ステロイド。

    今回は『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』という本を…

  2. 体を温める陽性食品で冬の低体温対策

    体温

    体を温める陽性食品で冬の低体温対策。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて考えていますが、今回…

  3. アーシングによって改善される可能性がある病気・症状

    アーシング

    アーシングはアトピー改善にも効果的。

    今回は、大地と直接つながるアーシングが、アトピー改善にも効果的…

  4. ルイボスティーでアトピーを改善する

    ルイボスティー

    ルイボスティーでアトピー改善生活。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書…

  5. アトピーがぐんぐん消えた!

    アトピー

    『アトピーがぐんぐん消えた!』で大人アトピーの生活改善。

    今回は『アトピーがぐんぐん消えた!』(逸村弘美 著 KKベスト…

  6. ゆっくりスクワットで温活・低体温対策

    エクササイズ

    ゆっくりスクワットで体温アップ!低体温対策。

    日頃から低体温に悩まされてはいませんか?当ブログでは人…

特集記事

  1. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果
  2. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』
  3. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  4. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  5. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

オススメ記事

  1. 【般若心経】を感じるマインドフルネスが脳疲労やイライラを軽減…
  2. 『運力 あなたの人生はこれで決まる』で好運を引き寄せるには?…
  3. みつばちのビーポーレン(蜂花粉)で花粉症対策。
  4. 玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメ。
  5. アルツハイマー病の原因「アミロイドβ」はなぜ蓄積してしまうの…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】

    孤独論

    瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  3. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  4. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは?
  5. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

    痩せ菌ダイエット

    無理にダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
PAGE TOP