自律神経のバランス

副交感神経を優位にするための3つの方法とは?

副交感神経の働きを優位にするための方法

今回は、副交感神経の働きを優位にするための3つの方法について述べていきたいと思います。

自律神経のバランスを保つようにすることは、健康維持のために非常に重要ですが、自律神経のうちの副交感神経を優位にしたい場合、以下のような方法が有効だとされています。

  1. 心に余裕を持たせ、ゆっくりとした行動を心がける。
  2. 深い呼吸を行う。
  3. 睡眠不足を避ける。

 

心に余裕をもつことが自律神経のバランスを保つワケ。

心に余裕をもつことが自律神経のバランスを保つワケ。

基本的に自律神経のうちの副交感神経はリラックスして身体がゆるむと働くようになります。

一方、交感神経は、緊張や不安を感じたり、時間に追われたりすると優位に働くようになります。

そのため、副交感神経を働かせることで自律神経のバランスを整えるには、「ゆとり」をもつようにすることが必要になってきます。

 

このことに関して、自律神経の研究者として有名な順天堂大学教授の小林弘幸氏は、

「「余裕」を持った行動をしているかどうかが、実は自律神経のバランスに大きな影響を及ぼす」

とのべていますが、常に焦ったり、不安な気分に陥ったりしていると、交感神経ばかりが優位になり、自律神経のバランスが崩れることで自分の本来のパフォーマンスを発揮できなくなることが考えられます。

したがって、心に余裕を持ち、何でも早くしなければならないと思いがちになっている時こそ、ゆっくりとした行動を心がけてみることが大切になってきます。

 

深い呼吸が副交感神経を優位にする理由とは?

深い呼吸が副交感神経を優位にする理由とは?

なかなかそれが出来ないから困っているという方は、焦りや緊張を感じた際、呼吸に意識を向けてみることをおすすめします。

たとえば、緊張している時にあえて深呼吸を心がけてみると、腹圧によって横隔膜が上下し、そのことがリラックス効果をもたらしてくれます。

そうなる理由は、横隔膜は副交感神経とつながっているからなのであり、つまり、呼吸を深めることは、緊張状態やストレスの緩和に役立つのです。

ちなみに深い呼吸をするコツは、吸うよりも吐く方の息を長くし、息を吐ききったら、さらにお腹を背中の方に奥深く押し込むようにして「ふっ、ふっ、ふー」と吐くことです(参考 矢山利彦『気の人間学』)。

 

また、副交感神経を働かせるにはゆっくりとヨガスワイショウなどの運動を行うことによって、「身体をゆるめる」ようにすることも大切です。

 

副交感神経を働かせるには睡眠も大切。

副交感神経を働かせるには睡眠も大切

もうひとつ副交感神経を働かせることで大切なのは睡眠です。

 

先ほどの小林弘幸氏は、『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』のなかで、

「自律神経には日内変動があり、ふつうは夕方から夜にかけて副交感神経のレベルが上がり、やや副交感神経優位な状態になります。」

「ところが、徹夜で仕事するなど本来なら副交感神経が優位になる時間帯に交感神経を刺激することばかりしてしまうと、副交感神経が上がるタイミングを失ったまま交感神経が上がる朝の時間帯に突入してしまうため、何をしても副交感神経が上がらない状態になってしまうのです」

と述べています。

 

そのため、十分な睡眠をとるようにすることは、副交感神経を優位にさせ、自律神経のバランスを整えるために必要なことなのです。

 

以上今回の記事では、副交感神経を優位にするための方法について述べてみました。

自律神経はバランスが大切であるため、毎日時間に追われて忙しい日々を送っている場合は、ゆっくりとした呼吸をあえて心がけたり、十分な睡眠時間を確保したりしてみると良いと思われます。

 

しかし、普段から家のなかにいることが多く、緊張感があまりない生活を送っている場合は、副交感神経ではなく、交感神経を活性化させることが重要であるため、日頃から適度に負荷がかかるような、腕立て伏せやスクワットといった運動を行ってみると、自律神経のバランスが整ってきます。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 水素水の抗炎症効果と抗アレルギー作用がアンチエイジングに注目なわけとは?
  2. 『腸内細菌が家出する日』がやって来た!?
  3. いのちの働きを感じることが「うつ」を解消していく。
  4. 知ってトクするキチン・キトサンの効果・効能とは?
  5. 慈悲の瞑想の実践と幸福の関係とは?

関連記事

  1. 「原始人食」が病気を治す

    健康

    『「原始人食」が病気を治す』は「食」の常識を覆すための一冊。

    今回は『「原始人食」が病気を治す ヒトの遺伝子に適合した物だけ…

  2. お金をかけずに足を温めてぐっすり眠るには?

    体温

    お金をかけずに足を温めてぐっすり眠る冷え対策とは?

    毎年本格的な冬がやってくると、からだの芯まで凍るような寒い日が…

  3. 合掌しながらのマインドフルネスがいまの気持ちをニュートラルに整える。

    呼吸

    合掌しながらのマインドフルネスが今の気持ちをニュートラルに整える。

    令和の時代が始まっても、物事がスムーズに進まないことや、テレビ…

  4. 冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣

    健康

    冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアや真の健康実現について考えて…

  5. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

    ストレス解消法

    森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは?

    普段、何らかのストレスや不安、体調不良を抱えてつらい思いをして…

  6. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    令和の時代に、真の健康と幸福を目指していくことについて、当ブロ…

特集記事

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  2. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  4. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

オススメ記事

  1. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  2. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  3. 【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは…
  4. 苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実…
  5. 1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  3. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  4. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  5. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
PAGE TOP