太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

日光浴

太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ

日光浴を行うことはアトピー性皮膚炎の改善や予防に効果的なのでしょうか?

今回は、太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメであるということについて述べていきたいと思います。

 

紫外線が気になるかもしれませんが、1日に10~20分でも、太陽の日差しを浴びるようにすることは、ミトコンドリアを元気にしてくれますし、お肌の健康維持やアレルギー予防のために必要不可欠だとされるビタミンDや、夜にぐっすり眠るためのメラトニンの生成にもつながります。

そのため、スキンケアの専門家のなかには、紫外線は徹底的に避けた方が良いと述べている方もいますが、正直なところ、アトピーを良くしていくためには、太陽の光を浴びることも必要になってくるように思います。

また、こまめに日光浴を行ったほうが、体温も上がり、からだもこころも元気になります。そして、この太陽光によってからだやこころが元気になるということは、アトピーを自分自身で乗り越えるために必要であると思います。

 

ちなみに、「バイバイ☆アトピー」というブログを書かれている佐藤綾美さんの『ハワイでアトピーが治った!』という著作には、アトピーの原因になる菌をやっつけるのには日光浴で紫外線を浴びることが大切だということが詳しく書かれていますので、気になる方は『ハワイでアトピーが治った!』を手に取ってみてください。

 

アトピー改善のためには太陽光の浴び方をうまく自分でコントロールすることが重要。

アトピー改善のためには太陽光の浴び方をうまく自分でコントロールすることが重要。

私自身は、実際に日光浴をこまめに行う習慣によって、アトピー性皮膚炎が以前よりも改善されているのを実感しています。

太陽光を浴びると、皮膚が赤くなったり乾燥してカサカサしたりするため、一見悪化したように見えるのですが、辛抱強く一定期間、日光浴を行う習慣を続けてみると、以前よりも皮膚が丈夫になり、状態が良い方向に変わっていくのが分かります。

したがって、たとえば、午前中の涼しい時間帯に太陽光を気持ちよく浴びることはオススメですし、自然散策のために休日を利用して遠出し、森林浴もかねて日光浴を行うのも良いと思います。

 

しかし、強い太陽光を浴びすぎて体温が上がってくると、からだが熱くなってだんだん患部がかゆくなってくる可能性が高いので、気温が高い日の正午の時間帯は、日光浴を避けるという工夫も必要ですし、真夏の紫外線の影響が強い太陽光を長く浴び続けることにも注意した方が良いかもしれません。

また、紫外線には皮膚がんのリスクを高めるという側面もありますので、日光浴を生活習慣にとりいれる際は、太陽光の浴び方をうまく自分でコントロールすることが非常に重要になってくるように思います。

 

以上今回の記事では、太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメであるということについて述べてみました。

アトピー性皮膚炎については様々な意見があると思いますので、一方的に日光浴を推奨することは避けたいと思いますが、私自身は自分自身の経験も踏まえ、適度に日光浴を行ったほうが、結果的にアトピーは改善の方向に向かうと考えています。

そして大切なのは、先程も述べたように、太陽光の浴び方をうまく自分でコントロールすることです。

 

ちなみに、アトピーを治していくために大切なこととして考えられるのは、シンプルに整理すると、以下のようになります。

  1. 腸内環境を改善する
  2. 血液をきれいにする
  3. 新陳代謝を良くする

 

アトピーを治していくために大切なこと

そしてそのために具体的に必要なことは、以下のようなことだと思われます。

 

なお、アトピー性皮膚炎の症状に関しては、原因や症状についても個人差があるため、この記事の内容が、どなたにとっても100パーセント正しいわけではありません。そのため、この記事の内容は、アトピーを少しでも良くしていくための参考程度に止めておいていただければ幸いです。

また、この記事内容が少しでも、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方の症状の改善のお役に立てれば、大変嬉しく思います。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの栄養効果がプチゆるダイエットを成功させるわけ。
  2. 「心の不調」と腸・皮膚・筋肉の関係とは?『腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す』
  3. スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  4. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
  5. 知ってトクする乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?

関連記事

  1. 1分間瞑想法

    マインドフルネス

    1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。

    最近なんだか元気がなくて「うつ」っぽいと感じたら、うつな気分を…

  2. 毎日10分間のマインドフルネス瞑想を大切にする。『頭を「からっぽ」にするレッスン』

    メンタルヘルス

    毎日10分間のマインドフルネス瞑想を大切にする。ー『頭を「からっぽ」にするレッスン』

    日々、心の免疫力を維持し、ストレスを溜め込まずメンタルを良好な…

  3. 便秘を解消していくために、なぜ生活習慣が大切なのか?【腸を元気にする生き方】

    便秘の改善

    便秘を解消していくために、なぜ生活習慣が大切なのか?【腸を元気にする生き方】

    普段からひどい便秘にお悩みの場合、食事の改善だけではなく、生活…

  4. 冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメ

    体温

    冬アトピーが悪化したらおなかとからだを温める。

    今回は、冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオ…

  5. アトピーがぐんぐん消えた!

    アトピー

    『アトピーがぐんぐん消えた!』で大人アトピーの生活改善。

    今回は『アトピーがぐんぐん消えた!』(逸村弘美 著 KKベスト…

  6. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    令和の時代に、真の健康と幸福を目指していくことについて、当ブロ…

特集記事

  1. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!
  2. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  3. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』
  4. マヌカハニーの効果・効能
  5. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?

オススメ記事

  1. 手のゆくえー『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』3…
  2. 『セラピスト』から考える、心の安らぎのあり方。
  3. 生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。…
  4. 玄米リブレフラワーの効果・効能は食養生にオススメ。
  5. 【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

    メンタルヘルス

    【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方とは? 2022年版…
  2. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
  3. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  4. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    電子書籍

    『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しま…
  5. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
PAGE TOP