小さな習慣にモチベーションはいらないワケとは?-『小さな習慣』2

生活習慣

小さな習慣に「モチベーションはいらない」わけとは?-『小さな習慣』2

『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ 著 田口 未和 訳 ダイヤモンド社)

何か新しいことを始めて、いつもの自分を少しずつ変えていきたい場合は、<小さな習慣>がオススメです。

今回は前回に引き続き 『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ 著 田口 未和 訳 ダイヤモンド社)という一冊を取り上げながら、小さな習慣にモチベーションはいらないワケについて述べていきたいと思います。

 

前回の記事では、『小さな習慣』の著者であるスティーヴン・ガイズ氏のいう「小さな習慣」とは、筋トレが健康のために良いと知り、腕立て伏せを毎日しようと決めたならば、いきなり30回や100回を目標にするのではなく、1回を目標にするということだと述べました。

 

また「小さな習慣」について、スティーヴン・ガイズ氏は、

  • 小さな習慣とは、あなたが新たな習慣にしたいと思っている行動を、もっともっと小さい形にしたもの
  • 小さな習慣の基本は、こんなに簡単でいいの? と思うくらいの課題を自分に与え、それをほんのわずかな意志の力を使って実行するというもの

であると述べています。

 

ですが、健康のために腕立て伏せやウォーキングを毎日実践するのに、「モチベーション」が必要になるのであれば、腕立て伏せやウォーキングをきちんと行うことを習慣化するのは難しくなります。

 

なぜなら、(私自身も経験があることですが)日々の「習慣」を「モチベーション」に頼ってしまうと、「モチベーション」が上がらない日は、たとえ腕立て伏せ1回であっても、やる気自体が起こらないからです。

つまり、不確かである「モチベーション」に左右されてしまうことによって、元気な時は何でも出来る気になれますが、なんとなく体の調子が悪い日などは、腕立て伏せやウォーキングなど、何かをやるきっかけをつかめなくなってしまうのです。

 

モチベーションに頼ると習慣化がうまくいかない理由とは?

モチベーションに頼ると習慣化がうまくいかない理由とは?

このことに関して、スティーヴン・ガイズ氏は『小さな習慣』のなかで、

  • モチベーションを使う方法がうまくいくのは、エネルギーがありあまっているとき、健康的な考え方をしているとき、ほかに大きな誘惑がないときにかぎります。
  • モチベーションが信頼できないのは、それが感情に基づいたものだからです。」

と述べています。

 

 モチベーションが信頼できないのは、それが感情に基づいたものだからです。ずっと昔から、人間の感情は変わりやすく予測できないものでした。あらゆる要素が感情を左右します。何かの出来事、血糖値、気分の落ち込み、体内の化学物質の変動、ホルモン、健康状態、外部からの刺激、エネルギーレベル、信念など、言い換えれば、あらゆるものがあなたの感情に影響を与えます。あなたは本当にそんな不確かなものに希望を託したいのでしょうか? どんなものも、まず基礎がしっかりしていなければなりません。モチベーションを基礎にするのは、水の上に家を建てるようなものです。

(スティーヴン・ガイズ 『小さな習慣』 田口 未和 訳 p66~67)

 

モチベーションの代わりに必要なのは「わずかな意志の力」。

モチベーションの代わりに必要なのは「わずかな意志の力」。

一方、「モチベーションと違って、意志の力は驚くほど信頼できます」と、スティーヴン・ガイズ氏は『小さな習慣』のなかで述べています。

 

しかし「意志」というと、これまた「モチベーション」を上げるのと同じように、かなりのエネルギーが必要になると感じられるかもしれませんが、氏は小さな習慣の実践には、「意志」であっても、

「わずかな意志の力」

が大切であると述べています。

 

そして、この

「わずかな意志の力とは、小さすぎて失敗できないような小さな習慣を実行に移してくれるほんのわずかな力です」

としているのです。

 

さらに、

先に行動をとると、モチベーションがすぐにあとを追いかけてきます。

と述べています。

 

すなわち、まず意思の力によって、「小さすぎて失敗できないような小さな習慣を実行に移して」しまえば、わざわざモチベーションを上げようとしなくても、すぐに「もっとやりたい」という気持ちが湧き起こってくるのです。

 

 わずかな意志の力を使う小さな習慣は、モチベーションの欠点を補ってくれます。もう一度言いますが、モチベーション自体は優れているのですが、その効果については信頼性に欠けます。私は意志の力を使うと、モチベーションをもっと信頼できるものに変えられると気づきました。わずかな意志の力とは、小さすぎて失敗できないような小さな習慣を実行に移してくれるほんのわずかな力です。

 先に行動をとると、モチベーションがすぐにあとを追いかけてきます。

(スティーヴン・ガイズ 『小さな習慣』 田口 未和 訳 p76)

 

以上、今回は前回に引き続き 『小さな習慣』(スティーヴン・ガイズ 著 田口 未和 訳 ダイヤモンド社)という一冊を取り上げながら、小さな習慣にモチベーションはいらないワケについて述べてきました。

腕立て伏せ1回から始められる「小さな習慣」の実践に「モチベーション」は必要ありません。

 

ですが、「小さな習慣」の実践には、「モチベーション」の代わりに「意志の力」、すなわち「小さすぎて失敗できないような小さな習慣を実行に移してくれるほんのわずかな力」だけは必要になることを理解していただきたいと思います。

 

そして、いずれこのモチベーションのいらない小さな習慣を、自然にやりたいことをやってしまう本当の習慣に育て上げていただきたいとも思うのです。

 

 小さな習慣なら本当に小さな行動から始め、意志の力を効率的に使えるので、一度に複数の習慣に取り組めます。忙しくて時間に追われた人たちでさえ、小さな習慣をいくつも身につけることに成功しています。小さな習慣をあなたの生活の基礎になるものと見なしてください。どれも必ずやらなければならないことですが、数分もあれば全部終えられます。それが終わってしまえば、〝おまけ〟であろうと、そのほかの活動であろうと、自分の好きなことをしてかまいません。小さな習慣は、現在のあなたのライフスタイルに合わせて、いくらでも柔軟に取り入れられるはずです。それでいて、生活改善のための効果的な「てこ」になります。最初は生活の中に取りこむ小さな習慣だったものが、何かもっと大きなものに成長するからです。

(スティーヴン・ガイズ 『小さな習慣』 田口 未和 訳 p110~111)

 

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 心の苦しみの原因<三毒>「貪(とん)」とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす…
  2. 呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。
  3. マインドフルネス瞑想についての誤解とは?
  4. 【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。
  5. 「今・ここ」は<ドーパミン的生き方>を変えるために重要。【いつもの脳を変える生き…

関連記事

  1. テロメアの短縮をもたらす「ストレス」への対策にはマインドフルネス瞑想が有効

    生活習慣

    『テロメア・エフェクト』が健康長寿のために大切なわけとは?【要約・書評】

    人生100年時代といわれますが、寿命や健康長寿の鍵は「テロメア…

  2. 今やりたいことに集中することが幸せを感じるコツ。

    生活習慣

    今やりたいことに集中することが幸せを感じるコツ。

    今回は、今やりたいことに集中することが幸せにつながる、というこ…

  3. 毎日10分間のマインドフルネス瞑想を大切にする。『頭を「からっぽ」にするレッスン』

    メンタルヘルス

    毎日10分間のマインドフルネス瞑想を大切にする。ー『頭を「からっぽ」にするレッスン』

    日々、心の免疫力を維持し、ストレスを溜め込まずメンタルを良好な…

  4. 布施英利『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世界』 

    進化

    布施英利『人体 5億年の記憶』から知る三木成夫の世界観。

    今回は布施英利氏の『人体 5億年の記憶 解剖学者・三木成夫の世…

  5. 9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方

    アトピー

    『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』から考える脱ステロイド。

    今回は『9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方』という本を…

  6. 『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』で慢性的な体調不良を克服。

    デトックス

    『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』で慢性的な体調不良を克服。

    今回は『デトックスの極意 最強のアンチエイジング』(福田カレン…

特集記事

  1. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。
  2. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  3. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  4. はちみつの効果・効能
  5. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

オススメ記事

  1. 苫米地英人『一生幸福になる 超訳「般若心経」 』で【空】を実…
  2. 「±0プラマイゼロ思考」でネガティブだけではなくポジティブな…
  3. 『自由への旅』はマインドフルネス瞑想を長く続けていくための一…
  4. そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  5. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 生き方

    毎日の<実践>で、いつもの「脳」が変わる。【いつもの脳を変える生き方】
  2. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?

    生活習慣

    いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるためには?【2022年版…
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?

    痩せ菌ダイエット

    無理にダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  5. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
PAGE TOP