『幸福の哲学』

哲学

幸福は「なる」のではなくすでに「ある」-『幸福の哲学』

幸福の哲学

今回は『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』(岸見一郎 著 講談社現代新書)を、令和の時代のこれからの幸福を考えるために、ご紹介してみたいと思います。

幸福とは何か、という問題に答えを出すのはなかなか難しいですが、アドラー心理学研究の第一人者であり、ベストセラー『嫌われる勇気』などの著者としても知られている岸見一郎氏の『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』においては、「幸福」とは「なる」ものではなく、人は「何かの実現を待たなくても、成功しなくても、すでに幸福で<ある>」ということが示されています。

 

幸福は幸運とは違うということ、人は何かの出来事によって幸福になるのでも、不幸になるのでもないということ。すでに人は今ここで幸福である。このことは、ちょうど人の価値が生産性にではなく、生きていることにあり、今のままの自分以外の何者かにならなくてもいいことに呼応している。

(岸見一郎『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』 p217)

幸福になる、あるいは、なれるというのは、目下、幸福ではないということである。成功や名誉、富などは幸福の条件ではなく、幸福であるためには必要ではない。それがあっても困るわけではないが、何かの実現を待たなくても、成功しなくても、すでに幸福で<ある>のであり、何かが人を幸福にするのではない。反対に、何かの出来事が人を不幸にするのではない。不幸の条件もないのである。

(岸見一郎『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』 p224)

 

大事なのは、生きていること自体がすでに「幸福」である、と気づくこと。

大事なのは、生きていること自体がすでに「幸福」である、と気づくこと。

大切なのは、どこか遠くに幸福を探しに出かけたり、ふいに幸運が訪れることを期待したりすることでもなく、生きていること自体がすでに「幸福」である、と気づくことだと思われます。

しかしそのためには、SNSの「いいね!」の数など、他人の評価を気にせず、自分らしく生きることも必要になってくるのです。

つまり、他人に自分はどう思われているかといったようなことが気になっている限り、今ここにいるありのまま自分の(お金とは関係ない)価値に気づくことが出来ないため、幸福な生き方を実現するのは難しいように思われるのです。

 

 他者に煽られたり、流されたりすることなく、自分がしようとしていることの目的を見極めようとする人は、主体的に幸福を選択することができる。そのような人は、皆が進むのと同じ方へと向かって歩いていこうとはしないことがある。皆が酔っているのに、その一人だけが醒めている。皆が成功を目指していても、日常のささやかな幸福があることを知っている。そのような人が為政者にとって好ましくない人であることは間違いない。

(岸見一郎『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』 p64)

 人からよく思われなくても、また、低い評価しかされなくても、そのことは自分の本質には関係がない。自分の課題は価値ある自分になるように努めることだけである。他者の評価を気にしたり、他者の期待に添おうとすることでは、ない。

他者からどう思われるかを気にしている限り、自分を評価する他者に依存することをやめられない。他者からの評価を待たず、自分で自分の価値を認められること、決められることこそ自立である。

(岸見一郎『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』 p143~144)

 嫌われることも含めて、他者の評価を恐れず、他者の評価から自由にならなければならない。誰も嫌われたくはないが、もしまわりに自分を嫌う人がいるとすれば、嫌われることは自分が自由に生きていることの証であり、自由に生きるために支払わなければならない代償であると考えなければならない。

(岸見一郎『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』 p157)

 

幸福な生き方への鍵は、人からどう思われるかではなく、「主体的に幸福を選択すること」

『幸福の哲学』

本書『幸福の哲学』のなかで岸見一郎氏は、「人からどう思われるかを幸福の基準としている限り、自分の人生を生きることはできない」と述べていますが、時に「嫌われる勇気」をもち、他人の評価を気にせずに、「主体的に幸福を選択すること」が、いつの時代でも、幸福な生き方を実現するための鍵であり、幸福への第一歩になっていることは確かだと思われます。

(もちろん、ここでいう「嫌われる勇気」とは、他人が嫌がるような迷惑行為を行うことを意味するわけではありません)。

 

そのため、いまの時代を生きることに何らかの不安を抱えている方や、他人からの視線やSNSの「いいね!」の数、もしくは自分は他人からどう思われているか、ということばかりが気になっている方は、この岸見一郎氏の『幸福の哲学』を一読してみると、もしかしたら、何か新しい気づきや、生き方を変えるためのきっかけが与えられるかもしれません。

また、前々回の記事でご紹介した、自分時間の恢復(かいふく)の重要性について述べられている『生き方と哲学』と併読してみると、より幸福な生き方への理解が深まると思います。

 

「明日も幸福が持続するかどうかはわからない。どうなるかはわからないとしても、今ここで感じている幸福には意味があるのだ。」

(岸見一郎『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智慧』講談社現代新書)

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知っておくべきマヌカハニーの殺菌効果・抗菌作用とは?
  2. 知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?
  3. 呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。
  4. コロナ禍の今こそ『お金2.0』で価値主義に生きる。
  5. ナトリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

関連記事

  1. トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?

    生活習慣

    トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?

    今回は、『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お金・IQ すべて…

  2. 医学常識はウソだらけ

    ビタミン

    『医学常識はウソだらけ』から学ぶビタミンの重要性。

    今回は『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」…

  3. 抗生物質と人間―マイクロバイオームの危機

    腸内フローラ

    『抗生物質と人間』から考える微生物とのつき合い方。

    今回は『抗生物質と人間ーマイクロバイオームの危機』(山本太郎 …

  4. クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖

    電磁波

    『クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖』の要約・書評。

    今回は、『クロスカレント 電磁波―複合被爆の恐怖』(ロバート・…

  5. 体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラム

    アレルギー・花粉症

    不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラムとは?

    今回は体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート…

  6. 『ハチミツの歴史』( ルーシー・M・ロング )

    ハチミツ

    ルーシー・M・ロング『ハチミツの歴史』から伝わる蜂蜜の魅力的側面。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

特集記事

  1. はちみつの効果・効能
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  3. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

オススメ記事

  1. アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  2. 森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは…
  3. 『運力 あなたの人生はこれで決まる』で好運を引き寄せるには?…
  4. 心の苦しみの原因<三毒>「瞋(じん)」とは?【ブッダの智恵で…
  5. 天然・生・純粋ハチミツの栄養素・成分とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門…
  2. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  3. はちみつの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?
  4. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』

    電子書籍

    『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアン…
  5. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
PAGE TOP