本物のオリーブオイルを選ぶにはー『そのオリーブオイルは偽物です』

油・オイル

本物のオリーブオイルを選ぶにはー『そのオリーブオイルは偽物です』

そのオリーブオイルは偽物です

今回は、『そのオリーブオイルは偽物です 値段が高くても本物はごくわずか』(多田俊哉 著 小学館)という本をこれからの健康を考えるために取り上げたいと思います。

 

オリーブオイルは、近年、体に良いオイルとして人気があり、特にエキストラバージンオリーブオイルは、便秘の解消に効果的だとされるオレイン酸だけではなく、細胞の老化を防ぐ役割を果たすポリフェノール類が豊富に含まれているとされています。

ですが、日本オリーブオイルソムリエ協会理事長である多田俊哉氏による『そのオリーブオイルは偽物です 値段が高くても本物はごくわずか』を読むと、日本においてはエキストラバージンオリーブオイルのほとんどは輸入品であり、しかも約8割は偽装されたオリーブオイルだということが分かってきます。

 

多田俊哉氏は、『そのオリーブオイルは偽物です』の中で、オリーブオイルの国際規格は「国際オリーブ理事会(IOC)」が定めており、一番搾りのオリーブオイルは品質が高い順から、

 

1、エキストラバージン・オリーブオイル(遊離酸度がオレイン酸換算で0.8%以下。風味欠陥無し)
2、バージン・オリーブオイル (遊離酸度がオレイン酸換算で2.0%以下。若干の風味欠陥)
3、オーディナリーバージン・オリーブオイル (遊離酸度がオレイン酸換算で3.3%以下。風味欠陥有り)
4、ランパンテ・バージンオリーブオイル (遊離酸度がオレイン酸換算で3.3%越え。風味欠陥有り)

 

となっていると述べています。

これらは「バージン・オリーブオイル」と呼ばれており、中でも「エキストラバージン・オリーブオイル 」は最高級のオリーブオイルです。

 

日本のオリーブオイルのほとんどは偽物である可能性が高い。

日本のエキストラバージンオリーブオイルのほとんどは偽物である可能性が高い。

しかし、多田俊哉氏の『そのオリーブオイルは偽物です』によれば、「国際オリーブ理事会(IOC)」が定めた規格は、現在のオリーブオイルの市場において、

「IOCが業界の健全化や透明化に取り組むための品質規格を制定しても、それを遂行し運用する側である加盟各国の政府や官僚たちが闇の勢力に取り込まれ、規格基準を運用するための制度整備が叶わなくなってしまった」

という理由から、偽装オリーブオイルを強く規制できる力を持っていないとされています。

 

また多田氏によれば「日本では、オリーブオイルに関しての法規制はかなり緩く、現在のところラベルにどんなことを書いても書きたい放題、直ちに品質偽装に問われることはない」そうで、「唯一の例外は、認証制度の法体系が存在する「有機」表示のみ」だと言います。

つまり、日本で販売されているエキストラバージンオリーブオイルは、ほとんど法的規制がなされていない中で販売されている偽装オリーブオイルである可能性が高いのです。

 

その偽装オリーブオイルとは具体的には、「オリーブオイルにひまわり油、ピーナッツオイル、大豆油、低級オリーブオイルなどの安い油を混ぜる」、「低級のバージン」や「食用に適さない精製オイル」などが「エキストラバージンと偽装表示して販売されている」、「収穫後日数がたち、発酵・腐敗したオリーブの実を搾ってできた欠陥オイル」「発酵による酸味やカビ臭さ、エグ味がある」といったような質の悪い油だと言います。

そしてその偽装オリーブオイルを平気で販売しているのは、儲けのみを目的にしている「農業マフィア」と呼ばれるような人たちのようです。

 

偽物ではなく本物のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶには?

偽物ではなく本物のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶには?

では偽物ではなく本物のオリーブオイルを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?

本物のエキストラバージンオリーブオイルはたったの数滴で料理の様相を魔法のようにがらりと変えてしまうといいますが、多田俊哉氏は『そのオリーブオイルは偽物です』のなかで、

 

☆生産者の顔が見えるものを選ぶようにすること
☆厳正厳格な審査が行なわれているオリーブオイルのコンテストを参考にすること

 

この2点がオリーブオイルの初心者でも本物のエキストラバージンオリーブオイルを購入するために大切だと述べています。

 

 店に並んでいるのは品質偽装オイルばかりで、素晴らしい品質のエキストラバージンって本当に実在するの? といぶかる声が聞こえてきそうですが、はっきり申し上げましょう! 本当に素晴らしい品質のエキストラバージンオリーブオイルは、実際に少なからず存在します!

しかしながらその割合は多くないことは言うまでもありません。作られるオリーブオイルがすべて最高品質となればこんなに良いことはありませんし、もしそうならば品質偽装もこれほど一般化することはなかったわけですから。

(多田俊哉『そのオリーブオイルは偽物です』p110~111)

 

 多くの生産者は、毎年異なる気候変動の中で、それでも安定した一定の品質と風味を作り出して消費者に提供しようと苦労を重ね、素晴らしい製品を消費者に送り出してくれているのです。そして、その素晴らしい品質に出会えるのは、1年に1度だけ。同じものには二度と出会えません。毎年変わる風味に驚き、過ぎた夏の思い出とともにその風味を楽しむ。それこそがオリーブオイルの楽しみなのです。

(多田俊哉『そのオリーブオイルは偽物です』p110~120)

 

本物のオリーブオイルを選ぶためには生産者の顔が見えることが大切。

本物のオリーブオイルを選ぶためには生産者の顔が見えることが大切。

また、本物の「エキストラバージンオリーブオイル」を手に取るために、価格はそれほど関係ないと多田氏は述べています。

本物のエキストラバージンオリーブオイルの価格の相場は500mlでだいたい5000円前後のものが多いですが、非常に高い値段で販売されているからといって、そのエキストラバージンオリーブオイルが本物であるという確証はないのだと言います。

つまり、本物のオリーブオイルを選ぶためには生産者の顔が見えることが大切なのです。

 

 どんな状況でもひたすら品質を追求して、素晴らしい風味のオリーブオイルを作り続ける良心の生産者は少なからず存在します。それを見わけるポイントは、農園名であったり生産者名であったり、あるいはブランド名であったりしますが、これらが特定できれば、間違いのない美味しいオリーブオイルを買い続けることができます。

ちょうどワインや日本酒を選ぶときのように「銘柄」がオリーブオイルでも重要なポイントになると思っていただければよいでしょう。

(多田俊哉『そのオリーブオイルは偽物です』p126~127)

 

「OLIVE JAPAN」の審査結果を参考にして本物のオリーブオイルを選んでみることはお勧め

さらに多田俊哉氏は「銘柄に詳しくなれる簡単な方法」として、「世界各地で開かれるオリーブオイル品評会の結果発表をチェックすること」を挙げていますが、多田俊哉氏が理事長を務めている日本オリーブオイルソムリエ協会主催による「OLIVE JAPAN」は、多田氏も本書のなかで述べているように「日本流の厳格で公平公正な審査」を行っているため、「OLIVE JAPAN」の審査結果を参考にして本物のオリーブオイルを選んでみることはお勧めです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた』

    腸内フローラ

    『あなたの体は9割が細菌』から考える微生物の大切さ。

    今回は『あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた』…

  2. ひとりになったら孤独と向き合えー『孤独であるためのレッスン』

    孤独論

    ひとりになったら孤独と向き合えー『孤独であるためのレッスン』

    誰ともつながっておらず、<孤独>であることには、社会的孤立によ…

  3. トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?

    生活習慣

    トマベチ式『いい習慣が脳を変える』わけとは?

    「習慣」で生き方そのものを変えてみませんか?今回は、『…

  4. 『土と内臓 微生物がつくる世界』で土壌をはぐくむように腸内環境を育てる。

    腸内フローラ

    『土と内臓 微生物がつくる世界』で土壌をはぐくむように腸内環境を育てる。

    今回は、『土と内臓 微生物がつくる世界』(デイビッド・モンゴメ…

  5. 医学常識はウソだらけ

    ビタミン

    『医学常識はウソだらけ』から学ぶビタミンの重要性。

    今回は『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」…

  6. 村山友美『あなたの声と音が、すべてを浄化する』で音のエネルギーを毎日の生活に。

    本・読書

    村山友美『あなたの声と音が、すべてを浄化する』で音のエネルギーを毎日の生活に。

    音のエネルギーを毎日のライフスタイルに採り入れてみることはオス…

特集記事

  1. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  2. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?
  3. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  4. お金2.0 新しい経済のルールと生き方

オススメ記事

  1. 森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは…
  2. 【水溶性ケイ素と松果体の関係とは】松久正『水晶(珪素)化する…
  3. 生命力を高めるには『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』が…
  4. 長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法とは?‐『ライフスパン…
  5. 水と呼吸とマインドフルネス。(呼吸に気づくための画像集)

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは❓
  2. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  3. 写真集『せせらぎ×マインドフルネスの記憶』

    電子書籍

    写真集『せせらぎ×マインドフルネスの記憶』、Kindleで販売中です😊
  4. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  5. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
PAGE TOP