知って得する海苔(のり)の栄養効果。

海藻

<海苔(のり)の栄養効果>日本人なら知っておきたい。

知って得する海苔(のり)の栄養効果。

当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて述べていますが、今回は、知っておきたい海苔の栄養効果について述べていきたいと思います。

 

おにぎりやお茶漬けなどで日本の食卓に欠かせない海苔(のり)ですが、実は海苔には少ない質量の中にかなり豊富に栄養成分が含まれています。

まず海苔はその40%はタンパク質でできていますが、海苔に含まれるたんぱく質はアミノ酸スコアが大豆よりも高く、非常に良質であることが知られています。

 

さらに海苔(のり)にはファイトケミカルの一種であるベータカロテンが含まれており、ベータカロテンは小腸で吸収されると、必要な分だけビタミンAに変換されます。

そのビタミンAは皮膚や粘膜などの健康を保つ働きがあり、不足するとのどや鼻から細菌やウイルスが侵入しやすくなるため、風邪などの感染症にかかりやすくなるとされています。

しかし、たったの海苔2枚で育ちざかりの子供に必要な量が補えると言われていますので、驚きです。

 

海苔はビタミンB群が豊富。

海苔はビタミンB群も豊富。

他にもビタミンB1ビタミンB2ビタミンB12などのビタミンB群が海苔には含まれています。

ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は、糖質や脂質、タンパク質からのエネルギーの生成に関わってくる大切な栄養素です。不足すると疲労が溜まりやすくなるとされますが、海苔約3枚分で成人女性の1日の必要量が補えるとされています。

特にビタミンB1は糖による代謝に必要不可欠であるため、ごはんに海苔を巻いて食べるおにぎりは、エネルギー代謝の観点からは、実は非常に理にかなっているといえます。

 

海苔は食物繊維やミネラルも豊富。

海苔は食物繊維やミネラルも豊富。

また、海苔の約3分の1は食物繊維で、 ほうれん草の約2倍近くも含まれています。食物繊維には善玉菌のエサになったり、腸内をきれいにしたりするはたらきがありますし、コレステロールを吸着して体外に排泄し、発がん物 質なども外に出すはたらきもあります。

そのため、動脈硬化症や糖尿病、大腸ガンなどの生活習慣病を予防してくれると言います。

さらに海苔の食物繊維は、ワカメと同様に水溶性のため、胃壁や腸壁を傷つけることなく穏やかな整腸作用を行なうとされていますし、近年は海苔の食物繊維には、「ポルフィラン」という特有の成分が含まれており、このポルフィランが保湿などのスキンケアに効果的だとして化粧品などで注目されています。

 

そのほか、鉄分やカルシウムといったミネラル類も海苔には豊富に含まれています

鉄分は身体の全身に酸素を運ぶ大切な役割を果たしていますが、現代人は知らない間に鉄分が不足し、鉄欠乏性貧血に陥っている場合が多いと言われていますが、海苔約5枚分で、牛レバー1切れ分に相当する鉄を補えるとされています。

 

また、カルシウムも現代人は不足しがちですが、海苔に含まれるカルシウムは牛乳などに比べると吸収されやすく骨を丈夫にするといわれていますので、骨の健康維持や骨粗しょう症の予防などにも効果的だといえそうです。

 

以上、今回の記事では、知っておきたい海苔(のり)の栄養効果について述べてみました。海の恵みであり、栄養も豊富な海苔は、やっぱり日本人なら「おにぎり」として、美味しいお米と一緒に食べたい、というのが正直な感想です。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

    腸活・腸内環境

    チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

    今回はチアシードが栄養補給に役立つスーパーフードであるというこ…

  2. 腸活に効果的なヨーグルトのとは?

    ヨーグルト

    腸に効くヨーグルトの「トリセツ」とは?

    腸の健康のために、毎日ヨーグルトを食べていますか?今回…

  3. 知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

    腸活・腸内環境

    知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?

    今回は知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。…

  4. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。

    最近、メンタルの不調が気になるという場合、日々の食生活にカカオ…

  5. 便秘の改善にオススメの3つの食品

    便秘の改善

    厳選!便秘の改善にオススメの3つの食品。

    今回は管理人が厳選した便秘の改善にオススメの3つの食品をご紹介…

  6. 知っておきたい<ほうれん草>の栄養効果。

    野菜

    知っておきたい<ほうれん草>の栄養効果。

    今回は、ほうれん草の栄養効果についてです。ほうれん草に…

特集記事

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  2. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  3. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  4. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと
  5. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

オススメ記事

  1. アルツハイマー病の原因「アミロイドβ」はなぜ蓄積してしまうの…
  2. 根本的なストレス対策は呼吸&マインドフルネス瞑想がオススメ。…
  3. 「0円」習慣で治していくアトピー。【マインドフルネス・自然散…
  4. 苫米地英人『音楽と洗脳』は音と脳の関係を考えるのに画期的。
  5. ONKYOスピーカー【D-112NFX(D)】の感想はハイレ…

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. 電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』表紙をリニューアルしました(^…
  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸活・腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  3. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  4. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?
  5. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』のお知らせ…
PAGE TOP