腸活は、土壌を耕すように、焦らず、地道に実践。

腸内環境

免疫力UPのための腸活は、土壌を耕すように、焦らず地道に実践。

免疫力アップのための腸活は、土壌を耕すように、焦らず、地道に実践。

日頃の免疫力の低下が気になるあまり、風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染症対策のために、乳酸菌をヨーグルトやドリンクなどから闇雲に摂り過ぎてはいませんか?

今回は、免疫力アップのための腸活は、土壌を耕すように、焦らず、地道に実践し続けることが大切だということについてです。

 

以前の記事で、腸内環境を効果的に改善する方法について述べてましたが、いわゆる「腸活」で重要なのは、ただ闇雲に善玉菌ばかりを増やそうとするのではなく、発酵食品や食物繊維などを適度に食生活に取り入れるなどして、土壌を耕すように、焦らず、地道に実践し続けるということなのだと思われます。

 

実は私自身、腸内環境を改善するためにこれまで様々なことを試してきたのですが、確かに言えることは、特定の乳酸菌が入ったヨーグルトやサプリメントを数週間摂ったところで、腸内環境が劇的に改善されるわけではないということです。

 

また近年は腸や腸内フローラが健康や美容の観点から注目されていますが、「SIBO」(小腸内細菌増殖症)など、腸内細菌が増殖し過ぎることで「うつ」や「肥満」などが引き起こされる可能性があることが問題になってきています。

乳酸菌や、腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維を必要以上に摂り過ぎてしまうと、このように腸内細菌が増殖しすぎてしまう可能性もありますので、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、過剰摂取ではなく適度に摂るよう心がけることも大切になってきます。

 

焦らず、大らかな気持ちで続けていく

すなわち、日々の食事によって腸内環境を良い方向に変えていくことは大切ですが、最初から無理はせずに、いつもの食卓に野菜たっぷりのサラダや漬物などを一品副菜として加えてみるなど、焦らず、大らかな気持ちで続けていくことが必要なのです。

さらに腸内環境を整えるためには、「食事」を変えるだけではなく、普段から「ゆらぎ」や「フロー」を感じて余計なストレスを溜め込まないようにしたり、適度に身体を動かしたりすることも大切です。

 

 堆肥や木材チップやマルチが土壌生物を育てるのと同じように、食べ物は腸の共生生物を育てる。生きている土は地上に影響を及ぼして、庭や畑の健康と回復力を支えるが、人間の内なる土はもう一つの庭、すなわち私たちの身体を支える。有益な微生物を育てれば、それは病原性の微生物を避け、免疫系が自分に牙をむくことなく正しくはたらくようにしてくれる。

(『土と内臓 微生物がつくる世界』 315頁)

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方

当ブログ管理人が書いた『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』 Amazon Kindleで販売中です❕

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. マインドフルネスで自分のこだわりから距離を置く。-『あなたの脳は変えられる』3
  2. アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  3. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく。
  4. コロナ時代にも効果的な『免疫力を高める生活』とは?
  5. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。

関連記事

  1. 鶴見隆史『食物養生大全』

    健康

    『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。

    今回は『食物養生大全 「食」による病気治しの考証』(鶴見隆史 …

  2. 運命は変えられる?「エピジェネティクス」とは何か。

    進化

    運命は変えられる?「エピジェネティクス」とは何か。

    当ブログでは21世紀・令和の時代の健康と幸福について書いていま…

  3. 21世紀の健康は<バランス>が大切なわけ

    生活習慣

    21世紀・令和の健康実現は<バランス>が大切。

    今回は21世紀・令和の時代の健康実現には、<バランス>もしくは…

  4. 冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣

    健康

    冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアや真の健康実現について考えて…

  5. 【知っておきたい】腸の仕組みと働き。

    腸内環境

    【知っておきたい】腸の仕組みと働き。

    腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えることで、腸…

  6. 知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

    腸内環境

    知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

    腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えることで、腸…

特集記事

  1. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  2. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  3. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  4. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  5. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

オススメ記事

  1. 【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは…
  2. 「0円」習慣で治していくアトピー。【マインドフルネス・自然散…
  3. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  4. みつばちのビーポーレン(蜂花粉)で花粉症対策。
  5. 【うつの要因?】『スマホ脳』は適度な運動で解消する。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  3. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能が注目なワケ。
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  5. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』増補・改訂しました(^^♪
PAGE TOP