長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法とは?‐『ライフスパン 老いなき世界』

アンチエイジング

長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法とは?‐『ライフスパン 老いなき世界』2

長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法とは?‐『ライフスパン 老いなき世界』

世界20ヵ国で刊行されている「健康長寿」についての世界的なベストセラー『LIFESPAN ライフスパン 老いなき世界』は、もうお読みになりましたか?

今回は前回に引き続き「老化」を「病気」と捉えた『LIFESPAN 老いなき世界』を取り上げ、要約を兼ねつつ、長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法について述べていきたいと思います。

 

長寿遺伝子を働かせるには「原初のサバイバル回路を始動させることが肝心」だと『ライフスパン 老いなき世界』(梶山あゆみ 訳 東洋経済新報社)の著者であるデビッド・シンクレア氏は述べていますが、そのことを考えるために重要になってくるのは、DNAの修復などに関わっている「サーチュイン」という存在です。

 

デビッド・シンクレア氏は、この「サーチュイン」に関して、

 

サーチュインはエピジェネティクス的な調節機能においてきわめて重要な役割を担っている。細胞を制御するシステムの最上流に位置して、私たちの生殖とDNA修復を調節しているのだ。酵母の体内に初めて現れてからおよそ10億年が経過するうちに、サーチュインは私たちの健康や体力、そして生存そのものを司るように進化してきた。

 

と述べています。

 

「また、進化の過程で、「NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)」という分子を用いて仕事をするようにもなった」とし、「加齢とともにNADが失われ、そのせいでサーチュインの働きが衰えることが、老齢に特有の病気を発症する大きな理由の1つと考えられている」とも述べています。

 

生命は環境が厳しいときに自らの遺伝物質を守り、数十億年にわたって途切れることなく繁栄を続けてきた。その仕組みを理解するうえで、鍵を握るのがサーチュインなのである。

デビッド・A・シンクレア『ライフスパン LIFESPAN 老いなき世界』 梶山あゆみ 訳 73頁)

 

特にサーチュイン酵素の働きが、糖尿病、心臓病、アルツハイマー病、骨粗鬆症、がんといった、老化に伴う疾患から私たちを守っているといいます。

 

サーチュイン酵素は、ストレスにされされたときに生殖ではなく修復を選ぶことで、私たちの体に「じっとしている」よう命じる。また、老化に伴う主だった疾患(糖尿病、心臓病、アルツハイマー病、骨粗鬆症、さらにはがんまでも)から私たちを守っている。アテローム性動脈硬化症、代謝異常、潰瘍性大腸炎、関節炎、および喘息へとつながる慢性炎症の亢進を鎮め、細胞死を防ぎ、細胞の発電所ともいうべきミトコンドリアの機能を高める働きももつ。

(同)

 

長寿遺伝子を働かせるには「原初のサバイバル回路を始動させることが肝心」

長寿遺伝子を働かせるには「原初のサバイバル回路を始動させることが肝心」

そして、長寿遺伝子を働かせるには、「原初のサバイバル回路を始動させることが肝心」であるとしているのですが、それでは、そのためには一体何が効果的なのでしょうか?

デビッド・シンクレア氏によれば、長寿遺伝子を働かせるための具体的な方法とは、食物の摂取量を減らしたり、運動したり、寒さに身をさらしたりすることだといいます。

 

食べる量を減らす

カロリー制限や間欠的断食でサバイバル回路を作動させる。またアミノ酸を制限することで、オートファジー(自食作用)を働かせる。

 

運動する

「高強度インターバルトレーニング(HIIT)」などの運動によって体にストレスを与えると、サバイバル回路が始動する。

 

寒さに身をさらす

快適とはいえない温度に身をさらし、長寿遺伝子を働かせる。

 

適度にストレスが加わることが、長寿遺伝子を働かせる。

適度にストレスが加わることが、長寿遺伝子を働かせる。

ちなみに長寿遺伝子には、サーチュインのほかに「TOR(ラパマイシン標的タンパク質)」をつくる遺伝子群(哺乳類は「mTOR」)や、「AMPK(AMP活性化プロテインキナーゼ)という酵素をつくる遺伝子」があるといいますが、

「これらの防御システムはすべて、生体にストレスがかかると始動するという共通点をもつ」

といいます。

 

しかし「大きすぎるストレスは克服できない」として、以下のように述べています。

 

急性の外傷や制御不能な炎症は、生物に老化する暇を与えずその命を奪う。細胞内のストレスにしても、大きすぎれば手に負えない。たとえばDNAの損傷箇所が多すぎる、などの場合だ。DNA自体に変異を残さず短期間でそれが修復できたとしても、エピゲノムのレベルでは情報が失われている。

(デビッド・A・シンクレア『ライフスパン LIFESPAN 老いなき世界』 梶山あゆみ 訳 75頁)

 

つまり、簡単にいえば、ストレスは大きすぎると手に負えなくなるため、適度にストレスが加わることが、長寿遺伝子を働かせるということなのです。

 

ここが重要なポイントだ。細胞を損傷させることなく長寿遺伝子を働かせるストレス因子はいくつもある。たとえば、ある種の運動をする、ときおき絶食する、低タンパク質の食事をする、高温や低温に体をさらす、などだ(中略)

これを「ホルミシス」と呼ぶ。ホルミシスとは、毒が毒にならない程度の量で刺激効果を現わすことを指す。一般に、ホルミシスは生物にプラスの作用を及ぼす。永続的なダメージを引き起こさずに誘発できた場合はなおさらだ。ホルミシスが起きるとき、すべては良好な状態になる。いや、良好などという言葉では足りない。少しのストレスが加わることでこれらの遺伝子がプラスの方向に働けば、体は活動を控え、エネルギーを蓄えて、少し長く生きることができるのだから。これが長寿への第一歩だ。

(同 76頁)

 

今回は前回に引き続き、世界20ヵ国で刊行されている世界的なベストセラー『LIFESPAN 老いなき世界』を取り上げ、要約を兼ねつつ、長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法について述べてみました。次の記事では「運動」について具体的に述べています。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

 

 

『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』 塩川水秋 著

AmazonKindleで販売中です😊

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. はちみつ日和

    ハチミツ

    『はちみつ日和』はミツバチの幸せも願った一冊。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  2. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】

    今回は、『サピエンス全史』や『21 Lessons 21世紀の…

  3. 未来の成功には感情、特に<感謝>に注目なわけ。 『なぜ「やる気」は長続きしないのか』

    成功法則

    未来の成功には感情、特に<感謝>に注目なわけ。 『なぜ「やる気」は長続きしないのか』

    起業や創作など、新しいことに挑戦してみたけれど、結局のところ長…

  4. 瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    マインドフルネス

    瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていま…

  5. 令和の時代は『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    ブッダ/仏教

    『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きる。

    アフターコロナは、『出家的人生のすすめ』で毎日を有意義に生きて…

  6. アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム

    認知症

    『アルツハイマー病は「脳の糖尿病」』である理由とは?

    今回は、『アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を…

特集記事

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  2. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  4. そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい】

オススメ記事

  1. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。-『小…
  2. 不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログ…
  3. ココナッツオイルを認知症・アルツハイマー病予防に簡単に役立て…
  4. 「活性酸素」がミトコンドリアの機能を低下させる。
  5. マインドフルネスで自分のこだわりから距離を置く。-『あなたの…

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  2. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  3. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    ブッダ/仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  4. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  5. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイわけ。
PAGE TOP