中鎖脂肪酸MCTオイルは免疫力のアップにも効果的。

油の摂り方

MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。

鎖脂肪酸MCTオイルがサラダ油の代わりに使いたいヘルシーオイルなわけ

今回は、中鎖脂肪酸MCTオイルがサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイルなわけについてです。

以前の記事で、認知症予防のためにココナッツオイルをオススメしましたが、実は中鎖脂肪酸MCTオイルも、認知症糖尿病予防として、サラダ油の代わりに使いたいヘルシーオイルです。

中鎖脂肪酸MCTオイルの「中鎖脂肪酸(MCT)」とは、ココナッツオイルなどに豊富に含まれている脂肪酸のことで、エネルギーになりやすく、脂肪として体に溜まりにくいという性質があります。

 

近年、ヘルシーな食用油として注目が集まっているMCTオイルは、ほとんどが中鎖脂肪酸で占められています(約98%以上)。

さらにこの中鎖脂肪酸によって生成される「ケトン体」と呼ばれるエネルギー源は、ブドウ糖の代わりに脳に使われるため、いわゆる「ケトン体療法」は認知症を予防したり改善したりするのに効果的であるとして、近年、認知症やアルツハイマー病の治療の現場でも注目されるようになりました。

 

また中鎖脂肪酸には代謝そのものを高める働きもあるとされており、他の食品のカロリーも一緒に燃やしてくれるとも言われています。

そのため、普段何気なく使っているサラダ油などの代わりに中鎖脂肪酸を摂るようにすることは、ダイエットに効果的ですし、代謝自体も良くなるため、エネルギーに満ち溢れた元気な生活を送れるようにもなることは十分考えられるのです。

 

飽和脂肪酸の性質とは?

中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の一種

ちなみに中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の一種ですが、牛脂や赤身肉、バターなどに含まれている長鎖脂肪酸よりも炭素数が少ないため、すぐにエネルギーになりやすいと言われています。

さらに、飽和脂肪酸は酸化しにくいという性質があるため、体内で活性酸素が増えて細胞の老化が促されるのを防いでくれます。つまり、飽和脂肪酸の一種である中鎖脂肪酸は、サラダ油などの酸化しやすい不飽和脂肪酸よりも体の細胞の老化を防ぐのに役立つのです。

一方、以前の記事で述べましたが、酸化したサラダ油・植物油を摂り過ぎると、認知症糖尿病の発症リスクを高めてしまうと考えられます。

 

 

MCTオイルとココナッツオイルとの違いとは?

MCTオイルとココナッツオイルとの違いとは?

しかも、この中鎖脂肪酸に関しては、自然療法医のブルース・ファイフ氏が『ココナッツオイル健康法』のなかで、

  • 「摂取する長鎖脂肪酸を中鎖脂肪酸に替えると、体重増加が抑えられ、脂肪沈着が減少することは、動物や人間を対象とした数々の研究で実証されている」
  • 「中鎖脂肪酸は体の代謝作用を加速させ、より多くのカロリーを燃焼させる」

と述べていることは注目に値します。

 

そのほか、同じく中鎖脂肪酸が豊富に含まれているココナッツオイルとの違いは、ココナッツオイルにはラウリン酸が含まれていますが、中鎖脂肪酸MCTオイルは カプリル酸とカプリン酸のみで構成されていることです。

また、MCTオイルはココナッツオイルと同様、中鎖脂肪酸が主成分なのに固まらないのは、製造工程において、固まりやすい脂肪酸を取り除いているからだとされています。

 

中鎖脂肪酸MCTオイルは免疫力のアップにも効果的。

中鎖脂肪酸MCTオイルは免疫力のアップにも効果的。

さらに中鎖脂肪酸には免疫力を高める働きもあります。

その理由は中鎖脂肪酸にはカプリル酸やカプリン酸と呼ばれる成分が含まれているからです。

中鎖脂肪酸自体にも人間の体内で有害な働きをする微生物をやっつける働きがあると言われていますが、 このカプリル酸やカプリン酸にはカンジダ菌などに作用する抗菌作用があるといわれています。

 

したがって、中鎖脂肪酸を効率的に摂ることでダイエットをしたり、認知症や糖尿病を予防したり、免疫力を高めたりしていきたい方はMCTオイルがオススメです。

また中鎖脂肪酸MCTオイルは、仙台勝山館のMCTオイルなど、ココナッツ由来のものが多いです。

 

以上ここまで、中鎖脂肪酸MCTオイルがサラダ油の代わりに使いたいヘルシーオイルなわけについて述べてきましたが、中鎖脂肪酸MCTオイルはほとんどクセがないため、飽和脂肪酸が主成分のココナッツオイルギーの風味が苦手だという方にオススメです。

ただし、中鎖脂肪酸MCTオイルは、炒める・揚げるといった調理には向かないため、直接、お料理やコーヒーなどに混ぜるのが望ましいとされています。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ。
  2. 幸福への第一歩は他人からの評価を気にしないこと。
  3. コロナ禍のイライラ・もやもや・ストレス解消にオススメな自然音動画3選。
  4. マヌカハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  5. マインドフルネスでやめられない習慣が断ち切れるワケー『あなたの脳は変えられる』2…

関連記事

  1. 日清オイリオの有機ココナッツオイルは健康生活にオススメ

    油・オイル

    日清オイリオの有機ココナッツオイルはこだわりの高品質。

    今回は、日清オイリオの有機エキストラバージンココナッツオイルが…

  2. 油・脂質の摂り方でアトピーを治していく

    油の摂り方

    食用油の摂り方はアトピーを治していくためにとっても大切なわけ。

    今回は植物油や脂質の摂り方に気をつけることはアトピーを少しでも…

  3. ココナッツオイルがアルツハイマー型認知症の改善に効果的だとされる理由とは?

    認知症

    ココナッツオイルがアルツハイマー型認知症の改善に効果的な理由とは?

    ココナッツオイルを認知症予防にうまく利用してみませんか?…

  4. 油のことで知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    油・オイル

    オイル摂取で知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    今回は、脂質・油の摂り方に関する、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違…

  5. グラスフェッドバターから作られたギーが良質なワケとは?

    ギー

    グラスフェッドバターから作られたギーが良質なワケとは?

    今回はグラスフェッドバターから作られたギーが良質なワケについて…

  6. ココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てるには?

    認知症

    ココナッツオイルを認知症・アルツハイマー病予防に簡単に役立てるには?

    ココナッツオイルを認知症・アルツハイマー病予防に簡単に役立てて…

特集記事

  1. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果
  2. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』
  3. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  4. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

オススメ記事

  1. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  2. ハチミツでビジネス・仕事の合間のエネルギー補給。
  3. 読書の合間にはひとさじのハチミツがオススメ。
  4. 【うつの要因?】『スマホ脳』は適度な運動で解消する。
  5. 糖質制限は炭水化物を減らすではなく「選ぶ」が大切。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  2. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  3. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  4. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』

    電子書籍

    『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアン…
  5. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
PAGE TOP