中鎖脂肪酸MCTオイルは免疫力のアップにも効果的。

油の摂り方

MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。

鎖脂肪酸MCTオイルがサラダ油の代わりに使いたいヘルシーオイルなわけ

今回は、中鎖脂肪酸MCTオイルがサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイルなわけについてです。

以前の記事で、認知症予防のためにココナッツオイルをオススメしましたが、実は中鎖脂肪酸MCTオイルも、認知症糖尿病予防として、サラダ油の代わりに使いたいヘルシーオイルです。

中鎖脂肪酸MCTオイルの「中鎖脂肪酸(MCT)」とは、ココナッツオイルなどに豊富に含まれている脂肪酸のことで、エネルギーになりやすく、脂肪として体に溜まりにくいという性質があります。

 

近年、ヘルシーな食用油として注目が集まっているMCTオイルは、ほとんどが中鎖脂肪酸で占められています(約98%以上)。

さらにこの中鎖脂肪酸によって生成される「ケトン体」と呼ばれるエネルギー源は、ブドウ糖の代わりに脳に使われるため、いわゆる「ケトン体療法」は認知症を予防したり改善したりするのに効果的であるとして、近年、認知症やアルツハイマー病の治療の現場でも注目されるようになりました。

 

また中鎖脂肪酸には代謝そのものを高める働きもあるとされており、他の食品のカロリーも一緒に燃やしてくれるとも言われています。

そのため、普段何気なく使っているサラダ油などの代わりに中鎖脂肪酸を摂るようにすることは、ダイエットに効果的ですし、代謝自体も良くなるため、エネルギーに満ち溢れた元気な生活を送れるようにもなることは十分考えられるのです。

 

飽和脂肪酸の性質とは?

中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の一種

ちなみに中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の一種ですが、牛脂や赤身肉、バターなどに含まれている長鎖脂肪酸よりも炭素数が少ないため、すぐにエネルギーになりやすいと言われています。

さらに、飽和脂肪酸は酸化しにくいという性質があるため、体内で活性酸素が増えて細胞の老化が促されるのを防いでくれます。つまり、飽和脂肪酸の一種である中鎖脂肪酸は、サラダ油などの酸化しやすい不飽和脂肪酸よりも体の細胞の老化を防ぐのに役立つのです。

一方、以前の記事で述べましたが、酸化したサラダ油・植物油を摂り過ぎると、認知症糖尿病の発症リスクを高めてしまうと考えられます。

 

 

MCTオイルとココナッツオイルとの違いとは?

MCTオイルとココナッツオイルとの違いとは?

しかも、この中鎖脂肪酸に関しては、自然療法医のブルース・ファイフ氏が『ココナッツオイル健康法』のなかで、

  • 「摂取する長鎖脂肪酸を中鎖脂肪酸に替えると、体重増加が抑えられ、脂肪沈着が減少することは、動物や人間を対象とした数々の研究で実証されている」
  • 「中鎖脂肪酸は体の代謝作用を加速させ、より多くのカロリーを燃焼させる」

と述べていることは注目に値します。

 

そのほか、同じく中鎖脂肪酸が豊富に含まれているココナッツオイルとの違いは、ココナッツオイルにはラウリン酸が含まれていますが、中鎖脂肪酸MCTオイルは カプリル酸とカプリン酸のみで構成されていることです。

また、MCTオイルはココナッツオイルと同様、中鎖脂肪酸が主成分なのに固まらないのは、製造工程において、固まりやすい脂肪酸を取り除いているからだとされています。

 

中鎖脂肪酸MCTオイルは免疫力のアップにも効果的。

中鎖脂肪酸MCTオイルは免疫力のアップにも効果的。

さらに中鎖脂肪酸には免疫力を高める働きもあります。

その理由は中鎖脂肪酸にはカプリル酸やカプリン酸と呼ばれる成分が含まれているからです。

中鎖脂肪酸自体にも人間の体内で有害な働きをする微生物をやっつける働きがあると言われていますが、 このカプリル酸やカプリン酸にはカンジダ菌などに作用する抗菌作用があるといわれています。

 

したがって、中鎖脂肪酸を効率的に摂ることでダイエットをしたり、認知症や糖尿病を予防したり、免疫力を高めたりしていきたい方はMCTオイルがオススメです。

また中鎖脂肪酸MCTオイルは、仙台勝山館のMCTオイルなど、ココナッツ由来のものが多いです。

 

以上ここまで、中鎖脂肪酸MCTオイルがサラダ油の代わりに使いたいヘルシーオイルなわけについて述べてきましたが、中鎖脂肪酸MCTオイルはほとんどクセがないため、飽和脂肪酸が主成分のココナッツオイルギーの風味が苦手だという方にオススメです。

ただし、中鎖脂肪酸MCTオイルは、炒める・揚げるといった調理には向かないため、直接、お料理やコーヒーなどに混ぜるのが望ましいとされています。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  2. グラスフェッドバターから作られたギーが良質なワケとは?
  3. 武州養蜂園の花の露キッチンボトルは砂糖代わりに使える蜂蜜。
  4. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。
  5. 知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?

関連記事

  1. 油のことで知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    油・オイル

    オイル摂取で知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    今回は、脂質・油の摂り方に関する、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違…

  2. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

    油の摂り方

    ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

    今回は、ギー(GHEE)の効果・効能は油を変える健康生活に注目…

  3. ココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てるには?

    認知症

    ココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てるには?

    今回はココナッツオイルを認知症予防に簡単に役立てる方法について…

  4. 日清オイリオの有機ココナッツオイルは健康生活にオススメ

    油・オイル

    日清オイリオの有機ココナッツオイルはこだわりの高品質。

    今回は、日清オイリオの有機エキストラバージンココナッツオイルが…

  5. ギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方法

    油の摂り方

    ギー(ghee)をアトピー改善にうまく役立てる方法とは?

    今回はギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方…

  6. サラダ油を控えることが糖尿病対策につながるワケ

    油の摂り方

    サラダ油を控えることが糖尿病対策につながる理由とは?

    今回はサラダ油を控えることが糖尿病対策につながる理由についてで…

特集記事

  1. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』「はじめに」を無料公開。
  3. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック
  4. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

オススメ記事

  1. 『AI原論 神の支配と人間の自由』の書評・要約 1
  2. <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  3. ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果とは?
  4. 瞬間(いま)の自分は常にベスト。(今の自分を安心させてあげる…
  5. 水溶性ケイ素(シリカ)の効果・効能が注目なワケとは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  2. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  4. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  5. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    ブッダ/仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
PAGE TOP