ゆがみを直す整体学

『ゆがみを直す整体学』で身体のバランスを整える。

ゆがみを直す整体学

今回は『ゆがみを直す整体学』(宮川眞人 著 彩図社)という本を、真の健康を実現するために取り上げてみたいと思います。

前々回の記事で、蹲踞の姿勢は、足腰を鍛えたり、体の歪みを正すのに効果的だとし、毎日、蹲踞の姿勢をきちんととれるように訓練すると、足腰が強くなりますし、体の全体的なバランスも整ってくると述べました。

一方、からだが歪み、全体的なバランスが崩れてしまっていると、血流が滞り、肩こりや腰痛、頭痛、目まい、湿疹、抑うつなど、何らかの症状が現れてくることが考えられるのですが、整体師の宮川眞人氏の『ゆがみを直す整体学』を読むと、

  1. 肩甲骨
  2. 背骨
  3. 股関節

の三つが体の歪みを直し、からだのバランスを整えるのに大切だということが分かってきます。

 

宮川氏は『ゆがみを直す整体学』のなかで、この三つの領域について以下のように述べています。

 

 これは、私が長年、人の体をみてきて感じたことなのですが、人の体というのは物質的なものだけでは考えられない側面があります。

つまり、人の体は精神や理性、本能などの面からも考えなければならないということです。具体的に言うと、人の背骨と肩胛骨と股関節という、3つの領域を考えたときに生まれる、

1・肩胛骨を、精神・理性を司る領域と考え、

2・股関節のある骨盤を性・または、本能的な領域と考え、

3・その、理性と本能のエネルギーが行き来する共通のパイプが脊柱であり、その中心が胸椎10、11番。

という考え方です。

 

肩胛骨に、人特有な動きの世界が有るからこそ、理性・知性という世界が発達し、内股を絞る力の股関節の動きがあるからこそ、人特有な性・本能の世界が発達したのです。

そして、背骨の弾力とは、単なる生理的な弾力なのではなく、本質的には、その理性と本能のバランスによって成り立っているという考え方です。

(宮川眞人『ゆがみを直す整体学』 p54~55)

 

また、体の歪みには、肝臓や腎臓の問題が関わっているといいます。

 

 体の歪みというものは、整体学的には、肝臓・腎臓の疲労による捻れが元で、それが肩胛骨(理性)と骨盤(本能)の可動性に作用し、アンバランスを発生させるために起こるということは再三述べていますが、肝臓というのは頭を使いすぎると硬直するものです。肝臓の疲労が、基本的にあって、体が歪むと言っても言いすぎではありません。

(宮川眞人『ゆがみを直す整体学』 p54~56)

 

『ゆがみを直す整体学』は、自分で体のバランスを整えていくためにイチオシの一冊。

ゆがみを直す整体学

このように宮川眞人氏の『ゆがみを直す整体学』では様々な興味深い内容が語られているのですが、本書においては、蹲踞(そんきょ)や合蹠(がっせき)をはじめとして、自分で体の歪みを直してくための体操が紹介されています。

さらに、

  • 太りやすい
  • 猫背
  • アトピー性皮膚炎
  • 慢性高血圧
  • 椎間板ヘルニア
  • 糖尿病(2型)
  • 心臓病
  • 五十肩
  • 白内障、緑内障

といった症状と、体の歪みの関係についても説明がなされていますので、関心がある方は、本書『ゆがみを直す整体学』を手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

この『ゆがみを直す整体学』は、自分で体のバランスを整えていくためにイチオシの一冊です。また、アトピー性皮膚炎や、うつなどの症状に悩んでいる方にもオススメです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 『なぜ世界は存在しないのか』の「哲学を新たに考える」を要約。

    哲学

    『なぜ世界は存在しないのか』の「哲学を新たに考える」を要約。

    今回は『なぜ世界は存在しないのか』(マルクス・ガブリエル 著 …

  2. 『脳を鍛えてブッダになる52の方法』は第2の矢を受けないための実用的な1冊。

    ブッダ/仏教

    『脳を鍛えてブッダになる52の方法』は第2の矢を受けないための実用的な1冊。

    ブッダの教えの実践で、苦しみの矢を抜くための生き方、始めてみま…

  3. AI原論 神の支配と人間の自由

    哲学

    『AI原論 神の支配と人間の自由』の書評・要約 1

    今回は、『AI原論 神の支配と人間の自由』(西垣通 著 講談社…

  4. 『幸福の哲学』

    哲学

    幸福は「なる」のではなく、すでに「ある」-『幸福の哲学』

    「幸福」とはどういうことか、これまでに考えたことがありますでし…

  5. 新・免疫革命

    免疫力

    﨑谷博征『新・免疫革命』から免疫力を捉え直す。

    今回は『新・免疫革命 免疫の本質は《お掃除》にあり』(﨑谷博征…

  6. 苫米地式 聴くだけで脳からストレスが消えるCDブック

    ストレス解消法

    『苫米地式 聴くだけで脳からストレスが消えるCDブック』でストレス対策。

    今回は日頃の慢性的なストレスを「音」の力によって解消していきた…

特集記事

  1. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  2. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?
  3. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  4. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  5. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!

オススメ記事

  1. マヌカハニーが美容・美肌に効果的なワケとは?
  2. コロナ禍の今こそ『お金2.0』で価値主義に生きる。
  3. 『病気が教えてくれる、病気の治し方』から病気とは何かを考える…
  4. リーキーガット症候群がアレルギーと体調不良の原因になるわけ。…
  5. 低GIのアカシアはちみつでゆるやかな糖質制限。

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?【2022年版】
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  3. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

    油の摂り方

    ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  4. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門…
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
PAGE TOP