ゆっくりとした運動がうつを改善する理由

うつ

ゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけ。

ゆっくりとした運動がうつを改善する理由

今回はゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけについて述べていきたいと思います。

まず、運動を行うことは心と身体や、自律神経のバランスを整えるために必要不可欠だと思われます。

適度な運動は身体と心に様々な良い効果を与えてくれることはよく知られています。実際、運動をほとんど行わない毎日を過ごしていると、脳の同じ部位だけを使うようになり、心身のバランスは崩れていってしまいますが、ジョギングなどの運動を無理しない程度に行うことは、脳の様々な部位を刺激し、認知機能を改善することにつながっていきます。

 

特にうつの症状は脳の炎症と深く関係していると考えられますが、適度な運動には体内で起こっている炎症を抑える働きがあるとされています。

とはいっても、うつの状態にあるときは、エネルギー不足も関係しているため、運動をしようという気がなかなか起きないものです。

そのため、無理に激しい運動や長時間の運動を行う必要は無く、ウォーキングやスロージョギングなどの有酸素運動を1日に20分程度マイペースで行うだけで十分です。

 

しかも、無理に激しい運動を続けること自体、体内の活性酸素を増やしすぎる原因にもなるため、細胞内のミトコンドリアのためにもお勧めできません。

 

うつの症状をやわらげていくためにはヨガなどゆっくりとした運動が効果的。

運動はうつの改善に大きな役割を果たす

そういうわけで、うつの症状をやわらげていくためには、スローペースのジョギングやウォーキングを行なったり、ヨガや気功など、家の中でもできる、ゆっくりとした運動を行ったりするのが効果的です。

また、慢性的な運動不足や、長時間のデスクワークは、ストレスを溜め込むだけではなく、腸内環境を悪化させたり、便秘の原因になったりするので、注意が必要です。

 

特に腸は脳と神経系でつながっているため、腸内環境の悪化は、うつの症状と関係してくると考えられます。

 

ゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけ

以上ここまで、ゆっくりとした運動がうつの改善にオススメなわけについて述べてきましたが、運動には、脳を活性化したり、自律神経のバランスを整えたり、からだの炎症を抑えたりする働きがあるため、日頃の生活のなかで適度な運動を行う習慣を持つことは、うつの改善に大きな役割を果たしてくれると考えられます。

 

ちなみに、もし体を動かすのが億劫であれば、ヨガや軽いストレッチなどで、ねじる、反らす、伸ばすなどの運動を、からだに生じる感覚を観察しながらゆっくり行うだけでもOKです(特にヨガは体が硬い方にもオススメです)。

 

 

 食生活と並び、うつの改善に大きな役割を果たすのが運動です。

第一に、運動は脳を効率よく活性化します。筋肉は脳からの指令によって動くわけですが、反対に筋肉も感覚器として脳を刺激する働きをしています。さらに、筋肉が動くと、血流やホルモンの分泌もよくなりますから、神経細胞の働きや新陳代謝も活発になるのです。

また、エクササイズによって肥満を解消していくと、慢性炎症を改善する効果も得られます。脂肪細胞が減ると、体内の炎症伝令物質が減ります。それによって、脳や体で炎症が起こりにくい体質になるのです。

(最上悠『「脳の炎症」を防げば、うつは治せる』 p117)

 うつ病には運動療法が効果があるという報告があります。どのような仕組みでうつ病が改善されるかはまだはっきりとはわかっていませんが、うつ病と診断された患者に運動療法を行うことで抗うつ薬の投与量を減らすことができたという報告もあります。

また、運動によって、脳由来神経栄養因子(BDNF)が抗うつ剤を投与するよりも増加したという報告もあり、精神科の医師の中には患者と一緒に走ることでうつ病を治療する、いわば「ジョギングセラピー」を実践している人もいます。

(久保田競 田中宏暁『仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング』 角川グループパブリッシング p118)

 運動が脳の健康にいいと言われるのは、単に運動が脳への血流を促進して、細胞の成長と維持のための栄養を届けてくれることだけではない。最新の科学によると、こんな五つのメリットがある。

  1. 炎症を抑える
  2. インスリン感受性を高める
  3. 血糖コントロールを改善する
  4. 記憶中枢を大きくする
  5. BDNFの量を増やす

(デイヴィッド・パールマター/クリスティン・ロバーグ『「いつものパン」があなたを殺す』白澤卓二訳 p273)

 

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切です。

うつの予防対策には、食事・運動・瞑想といった生活習慣が大切

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 心身を蝕むキラーストレスが怖いのは本当なわけ。
  2. 脳ストレスで元気が出ない時は「自然音」で気分をリフレッシュ。
  3. 知ってトクするビタミンB6の働き・役割とは?
  4. 幸福は「なる」のではなくすでに「ある」-『幸福の哲学』
  5. プロポリスが虫歯や歯周病、口臭を予防する。

関連記事

  1. ビタミンCのうつを改善する効果

    うつ

    ビタミンCのうつを予防する効果とは?

    今回はビタミンCのうつを予防する効果についてです。&n…

  2. スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける

    エクササイズ

    スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける。

    スワイショウ×マインドフルネスを心身の健康維持や運動不足解消の…

  3. 「しゃがむこと」の効用も積極的に見直されるべき。

    進化

    人新世の人類の腰痛対策とは?-『サピエンス異変』2

    今回は前回と同様、『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃…

  4. 糖質制限

    うつを治していくための糖質制限とは?

    今回はうつを治していくための糖質制限について述べていきたいと思…

  5. むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    孤独論

    むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    今回は、諸富祥彦氏の『〈むなしさ〉の心理学 なぜ満たされないの…

  6. ☆食事☆

    うつ

    「うつ」な気分をやわらげていくための食事の3つのポイントとは?

    近頃なんだかやる気が出ない、落ち込むことが多い、ということはあ…

特集記事

  1. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  3. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  4. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。
  5. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

オススメ記事

  1. 水溶性ケイ素(シリカ)の効果・効能が注目なワケとは?
  2. 瞬間(いま)の自分は常にベスト。(今の自分を安心させてあげる…
  3. 心の免疫力の低下を防ぐには、日々の瞑想習慣が大切。【コロナ禍…
  4. 【水溶性ケイ素と松果体の関係とは】松久正『水晶(珪素)化する…
  5. いまこそブッダの智慧で『反応しない練習』を実践。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  2. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  4. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    電子書籍

    『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しま…
  5. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

    進化

    『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【要約・書評】
PAGE TOP