ブッダを目指すためのシンプルな方法は、いまの「呼吸」の観察。

ブッダ/仏教

ブッダを目指すためのシンプルな方法は、いまの「呼吸」の観察。

ブッダを目指すためのシンプルな方法は、いまの「呼吸」の観察。

不確実な時代に、誰もがブッダを目指す生き方を始めてみませんか?

今回はブッダを目指すためのシンプルな方法は、いまの「呼吸」の観察であるということについてです。

 

目覚めた人であるブッダを目指していくためには、日々、「瞑想」を実践していく必要があります。

しかし「瞑想」といっても難しく考える必要はありません。そして今すぐ「瞑想」するためのシンプルな方法のひとつは、自分自身の<いま>の呼吸を観察することです。

このことに関して、たとえばワールポラ・ラーフラ師は、『ブッダが説いたこと』(今枝由郎 訳)のなかで、

 

 ブッダの教え、ことにその瞑想法は、完全な心的健康状態、平衡そして静謐を生み出すことを目指している。残念ながらブッダの教えの中で、仏教徒からも非仏教徒からも、瞑想ほど誤解されているものはない。「瞑想」ということばを耳にするだけで、人はすぐに日常生活の活動からの逃避だと思う。

 

としたうえで、以下のように述べています。

 

 瞑想ということばは「修養」「啓発」すなわち心的修養、心的啓発を意味する原語バーヴァナーの訳ではあるが、けっして適切ではない。仏教のバーヴァナーは、心の修養である。それは心を肉欲、憎しみ、悪意、怠惰、心配、落ち着きのなさ、疑いといった汚れや動揺から浄化し、集中力、気付き、知性、意思、エネルギー、分析力、自信、喜び、静けさといった資質を啓発し、最終的にはものごとをありのままに見、究極の真理、ニルヴァーナを実現する叡智に到達させるものである。

(ワールポラ・ラーフラ『ブッダが説いたこと』 今枝由郎 訳 150‐151頁)

 

そして、「身体に関する瞑想のなかで、もっともよく知られ、一般的で、実践的なのは、意識的呼吸法である」とし、さらに「意識的呼吸法のときは、「結跏趺坐し、背を伸ばして、心を集中させて」坐る必要がある」と述べています。

 

また、

人は息をするとき、ときとして深く、ときとして浅く息をするが、それは構わない。唯一大切なのは、深く息をするとき、深く息をしているということを意識することである。言い換えると、集中して、呼吸の動き、変化を意識しているということである。

最初の内、呼吸に集中するのは難しい。心を乱れるのに驚かされる。心は留まっておらず、色々なことが頭に浮かぶ。心は邪魔され、気が散る。うろたえ、がっかりするかもしれない。しかし、一日二回朝晩に、各々五-一〇分ほどこの瞑想を繰り返せば、少しずつ呼吸に集中できるようになる。

とし、そのうえで、

 呼吸に意識を集中することは、高度な神秘状態に至るもっともシンプルでやさしい訓練の一つである。さらには、集中力はニルヴァーナの実現をも含めて、ものごとの深い理解、省察、本質の洞察に必須なものである。

と説明しています。

 

ブッダを目指すためのシンプルな方法は、いまの「呼吸」の観察。

 

呼吸」に関しては『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方』や『呼吸に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』などで詳しく述べましたが、ブッダやマインドフルネスの呼吸法のポイントは、無理に自分でコントロールしようとしないことです。

つまり、「いま」の呼吸が浅ければ「浅い」と認め、深ければ「深い」と認めてあげることです。もしせわしなければ「せわしない」と認め、「ゆっくり」であれば「ゆっくり」とただ認めてあげるのです。

 

しかしこのように「いま」の呼吸をありのままに観察するというのは、慣れないうちはけっこう難しいのです。

なぜなら、吐く息と吸う息の出入りを観察しているつもりでも、注意が散漫になり、スマホのことが気になったり、休日は何をして過ごそうかなどと考えたり、もっと良い呼吸法はないものかと模索したりしてしまいます。

また、他人に傷つけられたという過去の嫌な出来事を思い出してそのことを反芻したり、未来の計画に対してうまくいくだろうかと不安になったりするなど、すぐに意識は呼吸以外の様々なことにとらわれてしまいます。

 

しかしすぐに挫折するのではなく「一日二回朝晩に、各々五-一〇分ほどこの瞑想を繰り返せば、少しずつ呼吸に集中できるようになる」ため、心の修行・修養のつもりで、毎日五分から十分程度、自分自身のいまの呼吸を観察する時間を何回か設けると、やがていまの呼吸を意識する機会が多くなっていきます。

つまり大切なのは最初から一時間続けようとして途中であきらめてしまうのではなく、必ず毎日、少しずつこまめに、ありのままの呼吸の観察を実践することなのです。

 人は昼夜休みなく息を吸い込み、吐き出す。しかし、そのことをまったく意識せず、一瞬たりともそれに注意を注ぐことがない。この瞑想は、まさにそれをするのである。力まずに、緊張せずに、普通に息を吸い、吐く。心を息の吸い込みと吐き出しに集中させる。息の吸い込みと吐き出しを注視し、観察する。息の吸い込みと吐き出しを意識し、見守る。人は息をするとき、ときとして深く、ときとして浅く息をするが、それは構わない。唯一大切なのは、深く息をするとき、深く息をしているということを意識することである。言い換えると、集中して、呼吸の動き、変化を意識しているということである。周りのことなどすべてを忘れるように。上を向いて、何かを見つめたりしてはならない。これを五分から一〇分続ける。

最初の内、呼吸に集中するのは難しい。心を乱れるのに驚かされる。心は留まっておらず、色々なことが頭に浮かぶ。心は邪魔され、気が散る。うろたえ、がっかりするかもしれない。しかし、一日二回朝晩に、各々五‐一〇分ほどこの瞑想を繰り返せば、少しずつ呼吸に集中できるようになる。そして、しばらくすると周りの音も耳に入らず、外の世界が存在しなくなり、あなたは瞬間呼吸に全神経を集中していることに気が付くようになる。この瞬間は、あなたにとって喜び、幸せ、静謐に満ちた素晴らしい経験で、それをずっと続けたいと思うようになる。しかし、あなたは続けられない。それでも瞑想を定期的に続ければ、この経験は繰り返し訪れ、いっそう長く続くようになる。そのときあなたは、呼吸に没頭して我を忘れている。自意識がある以上、何ごとにも集中できない。

呼吸に意識を集中することは、高度な神秘状態に至るもっともシンプルでやさしい訓練の一つである。さらには、集中力はニルヴァーナの実現をも含めて、ものごとの深い理解、省察、本質の洞察に必須なものである。

(ワールポラ・ラーフラ『ブッダが説いたこと』 今枝由郎 訳 154‐155頁)

 

誰もがブッダを目指すために、まずは呼吸の観察から始めてみてはいかがでしょうか?

お忙しい中ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

 

『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方 誰もがブッダを目指すための仏教入門』、Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. マインドフルネス瞑想は繰り返し練習することで効果を発揮する。【いつもの脳を変える】

    生き方

    マインドフルネス瞑想は繰り返し練習することで効果を発揮する。【いつもの脳を変える】

    マインドフルネス瞑想を繰り返し練習することで、いつもの脳のパタ…

  2. ゆっくり呼吸で自律神経のバランスを整える。

    自律神経のバランス

    ゆっくり呼吸が自律神経のバランスを整える。

    ゆっくりとした呼吸が自律神経のバランスを整えるということについ…

  3. ブッダの大切な教え<縁起>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダ/仏教

    ブッダの大切な教え<縁起>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    コロナ禍の毎日がとても生きづらく感じてしまう。そういう時こそ、…

  4. ミトコンドリアにおける<呼吸>の意味とは?【息苦しいコロナ時代に知っておきたい】

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアにおける<呼吸>の意味とは?【息苦しいコロナ時代に知っておきたい】

    2020年は、新型コロナウイルスの流行によって、行動を制限され…

  5. 『ブッダが説いたこと』は、お釈迦さまの基本的な教えを知るために最適。

    ブッダ/仏教

    『ブッダが説いたこと』は、お釈迦さまの基本的な教えを知るために最適。

    日々、出口が見えないコロナ禍でこころが苦しい・息苦しい・虚しい…

  6. 『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    ブッダ/仏教

    『なぜ今、仏教なのか』から「自然選択」と「妄想」の関係を考える。

    もしコロナ禍でつらい思いをしているのであれば、仏教や瞑想に関心…

特集記事

  1. はちみつの効果・効能
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  3. そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい】
  4. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  5. 自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。

オススメ記事

  1. 写真集『せせらぎ×マインドフルネスの記憶』、Kindleで販…
  2. 腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いとは?…
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリ…
  4. 『あなたの脳は変えられる』の【「やめられない! 」から抜け出…
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく。

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

    ハチミツ

    天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  2. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』

    電子書籍

    『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアン…
  3. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    【知っておきたい】アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  4. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
PAGE TOP