マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

ミネラル

マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

マグネシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

今回は知っておきたいミネラルの栄養学としてマグネシウムの効果と働きについて述べていきたいと思います。

 

マグネシウムは細胞内に広く分布し、様々な生理作用に関わっています。

また、体内にあるマグネシウムの約3分の2は骨に存在し、カルシウムやリン酸と共に重要な骨の構成成分となり、骨の弾力性を維持する働きをしています。

 

残りのマグネシウムのほとんどは筋肉などの細胞内に存在しており、核やミトコンドリア内、細胞質などに分布し、約300種類の酵素反応に補助因子として関わっています。

この酵素反応を介してマグネシウムは生命維持に欠かせないエネルギーの産生に関わっています。

さらに、体温の調節、神経の伝達作用、筋肉の収縮作用、ホルモンの分泌などの働きにも関わっています。

 

また、マグネシウムは胃液によって溶け、小腸で吸収されますが、マグネシウムの腸管からの吸収は、一緒に摂取したカルシウム、リン、フィチン酸などによって悪くなると言われています。

マグネシウムは体に取りこまれると骨に貯蔵されますが、欠乏すると骨から血中に溶けだします。

 

ちなみに、カルシウムとマグネシウムのバランスは2:1が理想だとされていますので、カルシウムとのバランスを大切にすることが、骨の健康維持には重要になってきます。

 

そのほか、アルコールやカフェイン入りの飲料を飲んだ時はマグネシウムを消費しますので、普段からそれらの飲料を多く飲んでいる場合は、マグネシウムが不足しないよう注意が必要です。

マグネシウムは野菜や大豆、玄米、アーモンド、ごまなどの種子類に多く含まれていますが、特に豊富に含んでいる食品としては、そばや絹ごし豆腐、キンメダイなどが挙げられます。

 

欠乏症に関しては、ストレス時にマグネシウムの必要量が高まるため、注意が必要です。

慢性的に欠乏した場合は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患が起きやすくなると言われています。

このことに加えて、神経過敏症や、皮膚や筋肉などの軟組織へのカルシウムの沈着が見られるとされています。

 

過剰症については、尿中への排泄量が増えるため、過剰症は発生しにくいとされていますが、腎機能の障害と重なると低血圧や筋肉麻痺が現れると言われています。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 『難病を克服する珪素の力』はケイ素の効果・効能について詳しく述べた一冊。

    ケイ素

    『難病を克服する珪素の力』はケイ素の効果・効能について詳しく述べた一冊。

    今回は、伊藤寛喜・菅野光男・寺沢充夫氏らによる『難病を克服する…

  2. 腸活・腸内環境

    オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。

    今回はオリゴ糖の効果・効能が善玉菌を増やすということについて述…

  3. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸活・腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  4. カルシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    ミネラル

    カルシウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】

    今回は知っておきたいミネラルの栄養学としてカルシウムの効果と働…

  5. 当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書いていますが、今回は、ビタミンCの役割や効果・効能についてです。

    ビタミン

    知っておきたいビタミンAの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンAの役割や効果・効能についてです。一般…

  6. 知っておきたいビタミンDの役割とは?

    ビタミンD

    知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?

    当ブログではこれからの真の健康と幸福について考えていますが、今…

特集記事

  1. 『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方 誰もがブッダを目指すための仏教入門』
  2. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  3. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  4. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

オススメ記事

  1. 「運動」はなぜ<40代からの健康長寿&認知症予防>に効果的な…
  2. 森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは…
  3. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  4. 知っておくべきマヌカハニーの殺菌効果・抗菌作用とは?
  5. ハチミツでビジネス・仕事の合間のエネルギー補給。

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  2. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  3. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
  4. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』のお知らせ…
  5. 『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方』Kindle出版のお知らせです。

    電子書籍

    『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方』Kindle出版のお知ら…
PAGE TOP