食べることのマインドフルネス瞑想で、食事をじっくりと味わうことが幸福につながる。

マインドフルネス

食べることのマインドフルネス瞑想で、食事をじっくりと味わうことが幸福につながる。

食べることのマインドフルネス瞑想で、食事をじっくりと味わうことが幸福につながる。

毎日の食事を、ゆっくりとよく噛んで、味わっていますか?

今回は、食べる瞑想で日々の食事をじっくりと味わうことが幸福につながるということについてです。

現代は「飢餓」よりも「飽食」の時代とも呼ばれ、一度食べたらやめられなくなるような、化学調味料による刺激的な味付けがなされている食品に囲まれていることが当たり前になっています。

 

ところが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで食べ物をすぐに便利に購入できるようになった一方で、「食べる」ということをあえて意識したり、食べる事の意味を考えたりする機会は減っていっているのではないでしょうか?

そのため、マインドフルネス瞑想によって、意識的に味覚を感じるためにすべきことは、ゆっくりと味わうようにすることです。

そして、生きる糧(かて)としての食べ物があることに感謝することなのです。

 

もちろん、そうしたくても、毎日仕事で忙しく、時間に追われてばかりで、食べ物をじっくりと味わう暇がないという方は多くいらっしゃると思います。

しかし、通学や出勤前は時間の余裕がないとしても、休日や、比較的時間に余裕がある夕食の機会を利用して、食べ物の風味をマインドフルに感じるようにするトレーニングを行うことはできます。

たとえば、ジョン・カバットジン『マインドフルネスストレス低減法』の中では、食べる瞑想に関して、一粒のレーズンが用いられ、時間をかけて十分に噛み、感触を確かめながらのみ込むようにすることが推奨されています。

 

マインドフルネスを食事で行う際は、ただ、食べる事だけに専念する。

 マインドフルネスを食事で行う際は、ただ、食べる事だけに専念する。

ですが、レーズンを用意しなくても、どんな食材であれ、ひとくち口のなかに入れるたび、舌に意識を集中させ、よく咀嚼し、味だけではなく香りも含めた風味と食感を楽しむようにすることが出来ます。

このことに関しては、瞑想講師のジャン・チョーズン・ベイズ氏が『「今、ここ」に意識を集中する練習』のなかで述べている通り、食べる事に専念することが大切で、テレビを見ながらや、スマートフォンを側に置きながら、新聞を読みながら、といった「ながら行為」が当たり前の食事では、「食べること」を意識することは難しいのです。

 

 食べ物にまったく注意を払っていなければ、その食べ物がそこにないも同然です。お皿にあるものすべてを平らげても、まだ満たされない思いが残ります。すると、さらに食べ続けてしまい、お腹が苦しくなるまで止められません。

マインドフルに気持ちを込めながら食べれば、たとえひと口でも、食べることが豊かで多彩なものになります。

(ジャン・チョーズン・ベイズ『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』 高橋由紀子 訳 日本実業出版社 p59)

 

そのため、マインドフルに食事を行なう際は、必ずテレビを消し、目を閉じ、口のなかに意識を向けて、食べる事の瞬間や喜びをじっくりと味わうようにしてみてください。

 

食べ物に感謝するための「ゆる断食」で幸福感を感じる。

食べ物に感謝するための「ゆる断食」で幸福感を感じる。

また、先程、現代は「飽食」の時代だと述べましたが、お米の一粒一粒など「食べ物」のありがたみを感じたり、一回の食事に感謝の気持ちを持ったりするためには、時々、半日程度、ゆる断食(ファスティング)の期間を設けてみることもオススメです。

程よく空腹を感じたあとに、お菓子などの加工品ではなく、野菜や果物などの素材を活かした料理や甘酒などの発酵食品を口にすれば、いのちが喜ぶような、いつもとは違った幸福感と満足感が心に拡がりますし、この普段から食べ過ぎないようにすることは、肥満解消やダイエットにもつながっていきます。

 

ひとさじのはちみつの味や香りをじっくりと味わう

もちろん、当ブログでオススメなのは、ひとさじのはちみつの味や香りをじっくりとマインドフルに味わうことです。

 

 過去のことを考えたり先のことを心配したりして、心がどこかほかのところにいっていると、食べ物の味は半分もわかりません。意識を口のなかに向け、その瞬間に心を置いて、ゆっくりとひと口ずつ食べれば、それぞれが最初のひと口と同じように豊かな味わい深いものになります。生活のなかにある無数の「小さな瞬間」に気持ちを込めることによって、今を生きる喜びが花開くのです。

(ジャン・チョーズン・ベイズ『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』 高橋由紀子 訳 日本実業出版社 p141)

 

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です。

『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 天然ハチミツジャングルハニーはアミノ酸が2.9倍!
  2. ストレス/不安によるコロナ太りの解消には、食べる前のゆっくり呼吸がオススメ。
  3. 知っておきたい!竹酢液の大人アトピーに対する効果。
  4. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  5. スワイショウ×マインドフルネスがうつと運動不足を遠ざける。

関連記事

  1. 森林浴

    森林浴×マインドフルネスで心が癒されるとき 2021年 秋

    10月も中旬、次第に秋も深まり、森林浴が気持ちよく感じられる季節になっ…

  2. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    令和のはじまりをきっかけにして、これからの心と体の健康のために…

  3. 脳の炎症

    脳の炎症がうつの症状を引き起こす?

    当ブログでは令和の時代のセルフケアについて述べていますが、今回…

  4. はちみつがこれからの糖質制限にオススメ

    ハチミツ

    生はちみつがこれからの糖質制限にオススメなわけ。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  5. 21世紀の健康は<バランス>が大切なわけ

    生活習慣

    21世紀・令和の健康実現は<バランス>が大切。

    今回は21世紀・令和の時代の健康実現には、<バランス>もしくは…

  6. 森林浴

    森林浴の楽しみ方は人それぞれ、であるワケ。

    忙しくてなかなか遠くに行けないという時は、近所の公園やお寺、神…

特集記事

  1. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  2. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  3. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?
  4. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  5. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

オススメ記事

  1. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kind…
  2. <ゆっくりヨガ>の生活習慣が、うつ予防と改善に役立つわけ。
  3. ブッダの教え<四聖諦>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減…
  4. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  5. プロポリスが花粉症対策に効果的なわけ【免疫力アップ】。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  2. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』Kindl…
  3. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    ブッダ/仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  4. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
  5. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
PAGE TOP