『ブッダが説いた幸せな生き方』は日本人がお釈迦様の教えを学ぶのに最適。

ブッダ/仏教

『ブッダが説いた幸せな生き方』は日本人がお釈迦様の教えを学ぶのに最適。

『ブッダが説いた幸せな生き方』は日本人がお釈迦様の教えを学ぶのに最適。

誰もがブッダの教えによって幸せな生き方、始めてみませんか?

今回は『ブッダが説いた幸せな生き方』(岩波新書)は、日本人がお釈迦様の教えを学ぶのに最適であるということについてです。

 

以前の記事で、『ブッダが説いたこと』(ワールポラ・ラーフラ 著 今枝由郎 訳 岩波文庫)という一冊は、ブッダの基本的な教えを知るために最適な一冊であると述べましたが、この本を翻訳している今枝由郎氏が書いた『ブッダが説いた幸せな生き方』(岩波新書)は、よりブッダの教えが馴染みやすく簡潔にまとまっており、日本人がお釈迦様の教え自体を知るのに最適であると感じました。

実際に今枝氏は、「あとがき」のなかで、

 

ラーフラ師の古典的名著『ブッダが説いたこと』が、ところどころ「インド的で、非常に煩わしく」映る文体ゆえに、師自身が懸念されていたように、訳書が日本人読者にすんなりと理解されないとしたら、あまりに残念であるという思いです。それゆえに、師の名著を私なりに咀嚼・敷衍し、日本人にとってより受け入れやすいものにしようと努めました。

 

と述べていますが、確かに『ブッダが説いたこと』は、翻訳書であるため、ブッダの教え入門としては、すんなりと理解するのが難しいのかもしません。

 

ところで「仏教」というと、「宗教」として敷居が高く感じられたり、日本という風土のなかの仏教を連想したりしてしまいますが、今枝由郎氏は、この『ブッダが説いた幸せな生き方』の「はじめに」のなかで、「現在の日本仏教はブッダの教えから遠ざかったものになっており、その真価が人々に伝わっていません」とし、

「日本仏教には、各宗派の開祖たちによって変容されたり、新たに付け加えられた日本独自のものも少なくありません」

としたうえで、

 

一番の問題は、日本人は仏教に慣れ親しんでおり、仏教を知っているつもりでいることです。仏事事、お墓、お彼岸、お盆、除夜の鐘、初詣でなどなど、仏教にまつわる事柄は日常生活に溶け込んでおり、風物詩となっています。しかしそれらはすべて日本という土壌風土で考案され発展してきた特殊なもので、いわば「奇形」としか言いようのないものです。二千五百年近く前のインドで、一人の「目覚めた人」すなわちブッダが説いたことから、遠く離れ、逸脱し、歪曲されてしまっているものです。

(今枝由郎『ブッダが説いた幸せな生き方』 6頁)

 

と述べています。

すなわち、お葬式でお坊さんのお経に耳を傾ける、お盆になるとお墓参りをするなど、日本仏教の慣習=ブッダの教えそのものではないのです。

 

ところで「病い、老い、死といった、誰一人として望まない苦しみも、ブッダにとっては人間存在に内在する不可避的なものであり、それをなくすことは不可能」であり、そのことは誰一人避けようがない「第一の矢」にたとえられますが、今枝氏はこのような「矢のたとえ」に関して、以下のように述べています。

 

 ブッダが説いたのは、この避けようのない「第一の矢」を受けた場合に、どう対処したらいいのかという実践でした。多くの人は苦しみに直面したとき、苦しみの原因、実体に対する無知ゆえに、取り乱し、嘆き悲しんで、混迷します。これをブッダは「第二の矢」を受けることにたとえています。ブッダは、「第一の矢」を受けた人が、さらにその上にいたずらに「第二の矢」を受け、一層苦しみ嘆くことがないように、アドバイスするだけです。

(同 27頁)

 

 よく考えてみると、実生活において私たちは、往々にして「第一の矢」そのもので苦しむことより、「第二の矢」で苦しむことの方が多いのではないでしょうか。それをブッダは、「いたずらに取り乱し、嘆き悲しんで、混迷する」と言い、受けなくても済む「第二の矢」を自ら受け、一層苦しむだけであると言っています。

(同 27-28頁)

 

 

ブッダが説いたことを自分で確かめながら日々「実践」することが大切。

ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方』でも述べましたが、仏教(ブッダの教え)は、頭で理解して終わりではなく、

「「第一の矢」を受けた人が、さらにその上にいたずらに「第二の矢」を受け、一層苦しみ嘆くことがないように」、

気づきの瞑想をはじめとして、ブッダが説いたことを自分で確かめながら日々「実践」することが大切なのです。

 

ブッダは神でもなく、神の子でもなく、超能力者でもなく、一人の人間でした。それゆえに死者を蘇らせたり、病人を奇跡的に治したりする力は持ち合わせてはいませんでした。一般的意味での宗教の開祖たちは、神あるいはその化身、さもなければ神からの啓示を受けた存在である、と自ら主張します。しかしブッダは「自分は人間以上の存在である」と主張しなかった唯一の開祖でしょう。そして自らが理解し、到達し、達成したものはすべて、人間としての自らの努力と知性により体得したものであると主張しました。

(今枝由郎『ブッダが説いた幸せな生き方』 26頁)

 

ブッダは人として幸福に向かって歩むべき道すなわちレシピを教えるだけであり、その道を誤らずに歩めるかどうか、美味しい料理ができるかどうかは各人次第です。

ブッダは、自分の教えはことばの次元ではなく、実践によって一人ひとりの人格に具体的に反映されて、初めて意味があるものと考えていました。

ブッダはこう述べています。

「よい教えは理解してこそ糧になり、理解したことは、実践してこそ糧になる」

仏教は、空虚な理論、教義ではなく、誰にでもできる、誰もが行うべき実践の教えです。

(今枝由郎『ブッダが説いた幸せな生き方』 36頁)

 

今回ご紹介した『ブッダが説いた幸せな生き方』は、『ブッダが説いたこと』(ワールポラ・ラーフラ 著)と同様、ブッダの基本的な教えを知るために最適な一冊です。

仏教(ブッダの教え)に関心があり、気になる方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

『ブッダの教えとマインドフルネスで有意義な生き方 誰もがブッダを目指すための仏教入門』、Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 新しい未来の宗教「データ至上主義」とは何か?-『ホモ・デウス』
  2. いまこそブッダの智慧で『反応しない練習』を実践。
  3. オイル摂取で知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?
  4. オリゴ糖の効果・効能は善玉菌を増やす。
  5. 甘露蜜(ハニーデュー)の効果・効能が健康維持に注目なわけ。

関連記事

  1. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    ブッダ/仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。

    般若心経を唱えることを日々のライフスタイルにとりいれることで、…

  2. 抗生物質と人間―マイクロバイオームの危機

    腸内フローラ

    『抗生物質と人間』から考える微生物とのつき合い方。

    今回は『抗生物質と人間ーマイクロバイオームの危機』(山本太郎 …

  3. 加工食品には秘密がある

    食品添加物

    『加工食品には秘密がある』!?

    今回は『加工食品には秘密がある』(メラニー・ウォーナー 著 楡…

  4. ブッダ/仏教

    ブッダの教え<四聖諦>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    コロナ禍の出口が見えず、毎日がつらく感じられる。そういう時は、…

  5. 『ライフスパン 老いなき世界』は「老化」を「病気」と捉えている。【要約・読書感想文】
  6. 「気づく」とはどういうことか こころと神経の科学

    マインドフルネス

    『「気づく」とはどういうことか』はマインドフルネスに関心がある方にオススメ。

    当ブログでは、令和の時代の心と身体の健康のために、マインドフル…

特集記事

  1. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。
  2. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然
  3. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  4. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  5. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

オススメ記事

  1. 知っておきたい、私たちと共生している腸内細菌の役割【腸を元気…
  2. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動…
  3. 純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然で…
  4. 生命活動とは新陳代謝ー『免疫力を高める生活』2
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

    電子書籍

    『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
  2. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  3. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』のお知らせ…
  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  5. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。
PAGE TOP