日々のマインドフルネス実践は、「孤独」の処方箋。

孤独論

日々のマインドフルネス実践は、「孤独」の処方箋。

河原×ウォーキング・マインドフルネスで、孤独なのにつながっている生き方を実践。

新しい環境で生活を始めても、友達がいなかったり、話し相手がいなかったり、居場所がなかったりして、「ひとり」がつらいと感じたことはありませんか?

今回は、日々マインドフルネスを実践することは、「孤独」の処方箋であるということについてです。

 

今・ここに気づくための「マインドフルネス」を実践することは、つらい孤独感をやわらげるのにも役立ってくれます。

社会的に孤立してしまうと、たとえば、自分のことを誰も理解してくれない、あの人はきっとわたしのことをバカにしているに違いない、この先ひとりでやっていけるか不安だ、友達がいない俺はなんて駄目なヤツなんだろう、といったことを考え、自分自身を責めたり、余計なことを妄想したり、罪悪感にとらわれたりしてしまいます。

 

しかし、ひとりでいる時にこそマインドフルネス瞑想を実践すれば、ネガティブな思考パターンを変化させ、「今・ここ」への気づきの機会を増やしていくことが出来ます。

 

ちなみに頭のなかで妄想したり、不安や憎しみにとらわれたりするのは、こころの性質として自然なことですので、決して悪いことではありません。

そもそもネガティブな感情は、想定外の困難な状況に置かれた時に生じてくるものです。

たとえば超大型台風が迫っていたら誰でも不安になりますし、そのことで大事な出張のために予約していた飛行機がいつ飛ぶのか、ずっと分からなければ、次第に怒りや憎しみが生じてくるかもしれません。

すなわちネガティブな感情の多くは、不安定・不確実な状況に置かれた時に生じてくるものです。

 

マインドフルネス瞑想を実践することで、いつもの決まった反応パターンから抜け出す。

そのため、ひとりぼっちの時に何らかのネガティブ感情にとらわれたとしても、そのことは心の性質として当たり前のことですので、自分を責めたりする必要はないのです。

それよりも大切なのは、そういった感情が今浮かんでいることに出来るだけ早く気づくようにすることです。

すなわち、ネガティブな感情にとらわれるのは仕方ないのですが、苦しみや寂しさ、イライラやモヤモヤなど、浮かんできた感情をいつまでも長引かせるのではなく、あえて「今・ここ」を意識することによって、そのような感情が浮かんでいることに気づくようにしてみるのです。

 

たとえば、臨床心理士の熊野宏昭氏は、「マインドフルネス瞑想の戦略」は、自分のいつもの体験に気づいて、「いつもの反応を止めることによって、そのパターンから抜け出すということです」と説明しています(注1)。

さらに、

どう生きていいかわからないような今の世界を生き抜いていくためにも、出来事の全体を感じて、よりよい行動を選べる能力を高めていくことは大切です。その能力がマインドフルネスによって身につきます。

と述べています。

 

 

つまり孤立感につきまとわれ、一人になるたび、孤独であることがつらい・寂しいと感じていたとしても、マインドフルネス瞑想を実践することで、いつもの決まった反応パターンから抜け出せる可能性が高くなるのです。

 

また脳科学者の茂木健一郎氏は、

  • 「マインドフルネスとは、とらわれをなくして、「今、ここで起こっていることをそのまま受け止める心理的な態度のこと」
  • 「マインドフルネスになるには、何か/誰かと隔絶された状態のほうが容易」
  • 「マインドフルネスと孤独は、極めて親和性が高い」

としています(注2)。

 

すなわち、私自身常々思うことですが、「マインドフルネス」であることと、「孤独」がつらいと感じ、あれこれと思い悩んでいる状態は矛盾するのです(同時には成立しないということ)。

 

 

注釈

1 『実践! マインドフルネスDVD 体験に気づき、反応を止め、パターンから抜け出す理論と実践』 熊野宏昭 著 サンガ

2 『孤独になると結果が出せる』 茂木健一郎 著 廣済堂出版

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます😊

 

 

マインドフルネス生活シリーズ第9弾

『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方 孤独なのに、つながっている。』

Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 冬はハチミツでエネルギーチャージ&喉ケアがオススメ🍯【2022年版】
  2. 天然はちみつは身体と脳の疲労回復に効果的。
  3. 知っておきたい酵素と腸内細菌の関係とは?
  4. ユーグレナの注目成分「パラミロン」が腸内環境を改善する理由とは?
  5. 腸内環境の改善はアトピーを良くするために必要不可欠。

関連記事

  1. 「気づく」とはどういうことか こころと神経の科学

    マインドフルネス

    『「気づく」とはどういうことか』はマインドフルネスに関心がある方にオススメ。

    当ブログでは、令和の時代の心と身体の健康のために、マインドフル…

  2. 執着を手放すことはマインドフルネスにつながる

    マインドフルネス

    執着を手放すことはマインドフルネスにつながる。

    当ブログでは令和の時代の真の健康と幸福を実現する方法について書…

  3. フィトンチッド×マインドフルネスでストレス対策

    森林浴

    フィトンチッド×マインドフルネスでストレス対策。【森林浴で日々の健康管理】

    少しでもコロナ禍のストレスをやわらげるために、<森林浴>をライ…

  4. 瞑想とは現在の瞬間を観察するためのトレーニング。

    ストレス解消法

    瞑想とは現在の瞬間を観察するためのトレーニング。

    当ブログでは令和の時代の真のセルフケアについて考えていますが、…

  5. 雑念が浮かぶのは当たり前だと受けいれることがマインドフルネスを継続するために必要。

    マインドフルネス

    マインドフルネス継続のための雑念のトリセツとは?

    マインドフルネス瞑想を毎日のセルフケアのために継続できています…

  6. 音活&マインドフルネスにオススメな【YouTube自然音動画】第2弾。

    ストレス解消法

    音活&マインドフルネスにオススメな【YouTube自然音動画】第2弾。

    癒し効果抜群のYouTube動画の自然音を、「音活」としてライ…

特集記事

  1. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  2. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  3. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  4. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  5. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。

オススメ記事

  1. 習慣は未来からやって来る!? 『いい習慣が脳を変える』3
  2. うつを治していくための糖質制限とは?
  3. 甘露蜜(ハニーデュー)の効果・効能が健康維持に注目なわけ。
  4. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  5. いつもの生活習慣を変えて、今より少しだけ健康になってみるため…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!…
  2. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  3. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック

    ストレス解消法

    『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック』のストレス解消効果がスゴイわけ。
  4. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    電子書籍

    『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しま…
  5. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
PAGE TOP