ルイボスティーでアトピーを改善する

ルイボスティー

ルイボスティーでアトピー改善生活。

当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書いていますが、今回はルイボスティーがアトピー改善に役立つ、ということについてです。

ルイボスティーでアトピーを改善する方法

ルイボスティーでアトピーを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

ルイボスティーを飲んだらアトピーが治ったという口コミはネット上でよく見かけますが、私自身は、ルイボスティーを飲んですぐにアトピー性皮膚炎が治ることを期待するよりも、日頃からルイボスティーを飲むことを習慣化することのほうが大切だと思っています。

アトピー性皮膚炎に悩まされている方は、低体温で便秘気味の場合が多いですから、ルイボスティーを毎日飲むようにすることで、少しずつ冷え性と便秘を改善することは、アトピーを治していくことにつながっていくと考えられるのです。

アトピー性皮膚炎を治していくためには、何よりも毎日の習慣が重要なのです。

 

ところで、アフリカで栽培されているルイボスティーには、美肌のためのビタミンB₁、B₂、リン、マグネシウム、カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、亜鉛、銅、セレン、マンガンなどで、普段なかなか摂取しづらい必須ミネラルが豊富に含まれています。

そのため、アトピーや花粉症といったアレルギーのほか、高血圧の予防、糖尿病の予防、便秘の解消などに効くとされています。

また、ルイボスティーには活性酸素(フリーラジカル)を除去する抗酸化物質であるポリフェノール類やSOD酵素が多く含まれているなどの理由により、ルイボスティーはアトピー性皮膚炎の改善に効果的だとされています。

 

そもそも活性酸素とは?

ちなみに活性酸素とは、細胞を老化させたりサビつかせたりする原因であり(酸化)、ストレスを感じたり、激しい運動を行なったりすることで増えるとされています。

この活性酸素(フリーラジカル)は、原子核の周りの電子の数が不安定なために、他から電子を奪おうとします。

そして、この活性酸素は体内に炎症をもたらし、アトピー性皮膚炎や生活習慣病など、万病の元になると考えられています。

 

しかしポリフェノールには「抗酸化作用」と呼ばれる、活性酸素によって細胞が老化したり、細胞の中のDNAが傷つけられたりするのを防ぐ働きがあります。

ルイボスティーにはオリエンチンやイソオリエンチン、アスパラチン、ルチンなど様々なポリフェノールの一種のフラボノイド系の物質が含まれており、それら多種多様なポリフェノールが活性酸素を除去して健康維持に役立つほか、免疫力を高めるためにも効果を発揮するとされています。

 

ルイボスティーには抗アレルギー作用がある。

ルイボスティーには抗アレルギー作用がある。

さらに、ルイボスティーに含まれているポリフェノールの一種「ケルセチン」には、皮膚バリアの強化作用やヒスタミン抑制作用があることから、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー性疾患の予防・改善に効果を発揮するといわれています。

実際、ルイボスティーには抗アレルギー作用があり、経口投与によって、アトピー性皮膚炎をはじめとしたかゆみを伴う皮膚炎が改善されたという研究報告もあるようです。

 

このようにルイボスティーがアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する理由としては、ケルセチンの効果に加え、様々なポリフェノールが、抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑えることが挙げられるのです。

 

ルイボスティーで冷え性&便秘改善

ルイボスティーで冷え性&便秘改善

また、ルイボスティーは、冷え性を改善したり、便秘を解消したりするのにも有効です。

特にルイボスティーには、腸内で水分を集める作用があり、固い便を軟らかくしてくれるマグネシウムが多く含まれています。

冒頭でも述べましたが、アトピー性皮膚炎に悩まされている方は、低体温で便秘気味の場合が多いですから、ルイボスティーを毎日飲むようにすることで、冷え性と便秘を改善することは、アトピーを治していくことにつながっていくと思われるのです。

 

つまり、ルイボスティーでアトピー性皮膚炎を改善していくためには、日頃からルイボスティーを飲むようにして、低体温やからだの冷えによる便秘を防いでいくことが大切なのです。また、毎日のルイボスティー生活を続けることは、活性酸素対策にもなります。

アトピーに悩まされている方で、ルイボスティーの効果が気になる方は、1日に湯飲み3杯程度のルイボスティーを、試しに毎日飲んでみてはいかがでしょうか?

また、冬になると体が冷えて、どうしてもアトピーが悪化してしまうという方にも、ルイボスティーは毎日飲むお茶としてオススメです。

 

ルイボスティー
こちらはオススメの【☆初回限定☆特別セット♪】 美容茶“ルイボスティー

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、21世紀の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。

(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ビタミンCのうつを予防する効果とは?
  2. 知っておきたい酵素と腸内細菌の関係とは?
  3. アーシングはアトピー改善にも効果的。
  4. キヌアの栄養効果がゆる糖質制限にオススメなわけとは?
  5. MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。

関連記事

  1. 森林浴

    マインドフルネス瞑想×森林浴でアトピーのかゆみから距離を置く。

    今回は、アトピーのかゆみのつらさから距離を置くためには、マイン…

  2. 体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラム

    アレルギー・花粉症

    不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート・プログラムとは?

    今回は体調不調の原因「リーキーガット」を修復するイート・ダート…

  3. 冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオススメ

    体温

    冬アトピーが悪化したらおなかとからだを温める。

    今回は、冬にアトピーが悪化したらお腹とからだを温めてみるのがオ…

  4. 腸内フローラ

    腸内細菌の減少がアレルギーを引き起こす?

    今回は腸内細菌の減少がアレルギーを引き起こすということについて…

  5. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?

    免疫力

    太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?

    今回は、栄養豊富なスーパーフードとして注目されている「スピルリ…

  6. 「0円」習慣で治していくアトピー。【マインドフルネス・自然散策・アーシング】

    森林浴

    「0円」習慣で治していくアトピー。【マインドフルネス・自然散策・アーシング】

    大人になってからのアトピー性皮膚炎のつらい症状に悩まされてはい…

特集記事

  1. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  2. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  3. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  5. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

オススメ記事

  1. 「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?
  2. 水素(H2)がミトコンドリアを活性化する理由とは?
  3. はちみつアロエベラの腸内環境を改善する効果がスゴイわけ。
  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  5. ミトコンドリアの活性化でアンチエイジング&老化予防…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】

    マインドフルネス

    呼吸はいつも、今・ここにある【呼吸に還るマインドフルネス】
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  3. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】
  4. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。

    ハチミツ

    【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  5. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
PAGE TOP