三石巌『ビタミンC健康法』

ビタミン

三石巌『ビタミンC健康法』で病気予防。

三石巌『ビタミンC健康法』

今回は三石巌『ビタミンC健康法』健康基本シリーズ2 阿部出版)を、これからの健康と病気予防を考えるために、ご紹介していきたいと思います。

以前の記事で、分子生物学者であり、晩年には分子生物学に基づいた「分子栄養学」を創設した三石巌氏による『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』を取り上げ、そのなかに書かれているビタミンの重要性(メガビタミン主義)について述べました。

特に健康維持のためには、ビタミンCをこまめに摂るようにすることが大切だと思われますが、今回ご紹介する三石巌氏の『ビタミンC健康法 元気で長生きするために』は、そのビタミンCについて詳しく書かれた一冊なのです。

 

たとえばビタミンC(アスコルビン酸)といえば、風邪やインフルエンザの予防に効果的だという印象が強いですが、風邪を予防するためには、自分が思っているよりも多くのビタミンCが必要になるかもしれないのです。

厚生労働省によるビタミンCの1日の必要摂取量は、たったの100mgだとされていますが、三石巌氏は、

 

「自分が風邪を引かないために、どれだけのビタミンCを摂ったら良いかを知ることは、誰にとっても不可能に近い。そこで、風邪を引きたくなかったら、10gを限度とする大量のビタミンCを日常的に摂取するのが無事、という結論になる。」

 

と述べ、氏自身は、「7グラムから10グラム程度を、毎日摂っている」というのです。

 

三石氏が述べているように、自分の体がどれだけのビタミンCを必要としているかは個人差があるためにはっきりとしたことは言えません。しかし、この三石巌氏による『ビタミンC健康法』を読むと、風邪の予防に限らず、ビタミンCは代謝の様々な局面で必要になってくることが分かってきます。

 

 我がビタミンCには、補酵素としての役割が与えられている。ビタミンCに関わる病気として、免疫系の障害によるもの、血液凝固系の障害によるもの、腎機能低下によるもの、結合組織生成阻害によるもの、神経系機能不全によるもの、エネルギー不足によるものなどのあることを考えれば、このビタミンの守備範囲の広さを思い知らされるではないか。

(三石巌『ビタミンC健康法』p57)

 

さらに、ビタミンCに関しては、万病の原因になる活性酸素を除去する抗酸化作用も挙げなければなりません。

 

 ビタミンCはスーパーオキサイドに出会うと、これに水素を与えて水に流し、自分はビタミンCラジカル(モノデヒドロアスコルビン酸ラジカル)になる。このビタミンCラジカルには、一重項酸素・ヒドロキシルラジカル・スーパーオキサイドを除去する作用があるといわれる。ただしこれは水溶液内に限られる。とはいえ、これはビタミンCの大きな福音だ。

(三石巌『ビタミンC健康法』p208)

 

ビタミンCはストレス対策や皮膚の健康維持にも必要不可欠。

三石巌『ビタミンC健康法』

特にビタミンCはストレスを感じる度に消耗するといいますので、毎日の生活のなかで、ストレスを感じることが多いという方は、ストレス対策のためにこまめにビタミンCを摂ってみるといいかもしれません。

また、ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質を合成するのに必要不可欠ですので、皮膚の健康維持や美肌の実現にも大切です。

 

ちなみにビタミンC(アスコルビン酸)は、一度に大量に摂取したとしても、全てが吸収されるわけではないので、1日に1~7g程度を目安に、500mg~1000mg(1g)を水に溶かし、数時間おきに数回にわけて摂取してみるのがオススメです。

 

なお、三石巌氏の『ビタミンC健康法』においては、ストレス対策や皮膚の健康以外にも、

  • ウイルス感染症
  • ムチウチ・椎間板ヘルニア
  • 傷口の治癒
  • 肺炎
  • 単純疱疹・帯状疱疹
  • ガン
  • 白血病
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • うつ病
  • 統合失調症
  • 花粉アレルギー
  • 緑内障・白内障の予防
  • 腎臓障害
  • 妊娠

などといった様々な症状の予防や改善に、ビタミンCの摂取が効果的かもしれないということが示唆されています。

 

そのため、不足するよりは多めに摂っておくビタミンC健康法は、風邪やインフルエンザをはじめとした病気予防のために効果的だと考えられるのです。

 

アスコルビン酸粉末

こちらがアスコルビン酸粉末。水に溶かし、さらにはちみつを加えてこまめに摂取するのが健康維持のためにオススメです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方とは?
  2. 副交感神経を優位にするための3つの方法とは?
  3. ユーグレナの注目成分「パラミロン」が腸内環境を改善する理由とは?
  4. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?
  5. 腸内細菌のバランスが健康維持のためにすごく大切なわけ。

関連記事

  1. 「原始人食」が病気を治す

    健康

    『「原始人食」が病気を治す』は「食」の常識を覆すための一冊。

    今回は『「原始人食」が病気を治す ヒトの遺伝子に適合した物だけ…

  2. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。

    当ブログでは主にハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方…

  3. 腸内フローラ

    腸内細菌のバランスが健康維持のためにすごく大切なわけ。

    今回は腸内細菌のバランスが健康維持のために非常に大切だというこ…

  4. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

    森林浴

    森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

    普段、何らかのストレスや不安、体調不良を抱えてつらい思いをして…

  5. 身体のためにとにかく歩け!!-『サピエンス異変』

    進化

    身体のためにとにかく歩け!!-『サピエンス異変』

    この記事では、『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』(…

  6. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。

    今回はからだを温める毎日のルイボスティー生活が病気の多くを遠ざ…

特集記事

  1. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける
  2. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  3. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』
  4. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

オススメ記事

  1. 知っておきたい高品質なココナッツオイルの選び方とは?
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』Kind…
  3. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  4. 心の免疫力の低下を防ぐには、日々の瞑想習慣が大切。【コロナ禍…
  5. <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  2. 蜂蜜の栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出す

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。
  3. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  4. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  5. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

    電子書籍

    『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
PAGE TOP