乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

腸内環境

乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

乳酸菌よりも注目な乳酸菌生産物質の腸内環境を改善する効果とは?

乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」についてご存知ですか?

今回は、乳酸菌生産物質の腸内環境を改善する効果について述べていこうと思います。

 

乳酸菌生産物質」とは、乳酸菌と酵母、そして大豆などが発酵熟成して生成される物質のことです。

その研究の歴史は100年以上と古く、1903年に京都で医師の正垣角太郎氏が研究を開始したとされています。さらに、その息子で細菌学者である正垣一義氏がその意思を受け継ぎ、菌そのものではなく 菌が作り出す代謝物質に着目して研究したといいます。

そして、この「乳酸菌生産物質」は、乳酸菌を単純に摂るよりも、免疫力や抵抗力を格段に向上させ得る物質だとされているのです。

その理由としては、乳酸菌生産物質が、それ自体、多くの成分を含んでいることが挙げられます。

 

乳酸菌生産物質に含まれる主な栄養素・成分

  • アミノ酸・・・アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、GABAなど多数
  • ペプチド・・・オリゴペプチド、ポリペプチド
  • イソフラボン・・・ダイゼイン、ゲニステイン、イクォール
  • サポニン・・・大豆サポニン
  • ビタミン・・・ビタミンB1、B2、B6、E、Kなど
  • ミネラル・・・リン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど
  • 脂肪酸・・・短鎖脂肪酸・乳酸、レシチン
  • 核酸・・・デオキシリボ核酸、リボ核酸

 

近年、この乳酸菌生産物質には、大腸がんやアレルギー、うつ病、潰瘍性大腸炎など、様々な病気を予防したり症状を緩和したりする効果があるとして、ただ乳酸菌を摂取するよりも注目されています。

実際、この乳酸菌生産物質に関しては、乳酸菌生産物質を加えたサプリメントの摂取によって、腸内環境が著しく改善し、生活習慣病をはじめとした様々な病気の症状が緩和・改善に向かったという東京女子医科大名誉教授の出村博氏らの報告があります(参考 出村博/水谷武夫『乳酸菌生産物質 スーパーサプリメントへの挑戦 2006』)。

 

乳酸菌生産物質を効果的に摂るには?

『腸内フローラが生み出す究極の健康物質「醍醐(第五段階発酵物質)」とは?』

また、『驚異の腸内フローラ』の著者であり、腸のスペシャリストとして知られる田中保郎氏は、『腸内フローラが生み出す究極の健康物質「醍醐(第五段階発酵物質)」とは?』のなかで、乳酸菌生産物質について、

 

「乳酸菌生産物質は、決して乳酸菌そのものではありません。乳酸菌の発酵作用によって、その結果、何か別のものが生まれる、といったようにして登場した、いわば代謝物なのです。それで、この代謝物が、体を健康にしてくれるわけですね。こうした物質は、腸内細菌によって生まれるものでありながら、同時にその集まりである腸内フローラを元気づけてくれる働きもあります。」

 

と述べています。

 

したがって、乳酸菌生産物質は腸内環境の改善を行い、様々な病気を予防・緩和していくために、有効だと考えられます。

 

乳酸菌生産物質が含まれたサプリメントを利用してみるのは手軽な方法。

乳酸菌生産物質が含まれたサプリメントを利用してみるのは手軽な方法。

ところで、この乳酸菌生産物質を効果的に摂るには、日本の幻の発酵食である「醍醐」を彷彿とさせるような発酵食品を日頃から食べるようにするのが望ましいですが、現実的にはなかなか難しいため、善玉元気といった乳酸菌生産物質が含まれたサプリメントを利用してみるのも、手軽な手段のひとつだと思われます。

また、この「乳酸菌生産物質」は腸内細菌学のパイオニアである光岡知足氏の「バイオジェニックス」の考え方に含まれます。

 

今回は、乳酸菌生産物質の腸内環境を改善する効果について述べてみました。発酵食品などを上手に利用し、乳酸菌生産物質をうまく食生活にとりいれることは、腸内環境を効果的に改善していくのにオススメです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 免疫力UPのための腸活は、土壌を耕すように、焦らず地道に実践。
  2. 「アッカーマンシア ムシニフィラ」という痩せ菌を増やすには?
  3. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  4. 甘露蜜(ハニーデュー)の効果・効能が健康維持に注目なわけ。
  5. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…

関連記事

  1. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

    甘酒

    ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方】

    腸は毎日健康的ですか? また、普段から便秘に悩まされてはいませ…

  2. ハチミツ

    天然ハチミツがうつの予防対策に役立つわけとは?

    当ブログでは主に、ハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する…

  3. エムラン・メイヤー『腸と脳』は、腸を元気にする腸活のためにオススメの一冊。

    腸内環境

    エムラン・メイヤー『腸と脳』は、腸を元気にする腸活のためにオススメの一冊。

    「腸」と「脳」には、深い関係があることはご存知でしょうか?…

  4. 腸内環境

    キノコ類の腸内環境を改善する効果とは?

    今回は、きのこ類の腸内環境を改善してくれる効果について述べてい…

  5. ビタミンEの効果・効能が大切なわけ。

    ビタミンE

    知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンEの役割や効果・効能についてです。一般…

  6. 酵素と腸内細菌の関係とは?

    酵素

    知っておきたい酵素と腸内細菌の関係とは?

    今回は、酵素と腸内細菌の関係についてです。以前の記事で…

特集記事

  1. そもそも免疫力とは何か?
  2. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  3. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?
  4. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

オススメ記事

  1. 慢性炎症が生活習慣病の原因になるワケ。
  2. 蜂蜜とビタミンCの免疫力アップ効果とは?
  3. 現代に【悟り】は本当に必要なのか?ー『なぜ今、仏教なのか』3…
  4. 手のゆくえー『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』3…
  5. ミトコンドリアを元気にする食事とは、代謝が良くなる食事。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  2. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  3. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  5. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?

    マインドフルネス

    これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?【2022年版】
PAGE TOP