「しゃがむこと」の効用も積極的に見直されるべき。

進化

人新世の人類の腰痛対策とは?-『サピエンス異変』2

サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃

今回は前回と同様、『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』(ヴァイバー・クリガン=リード 著 水谷淳、鍛原多惠子 訳 飛鳥新社 2018年)という本を取り上げながら、人新世の人類の腰痛対策について述べていきたいと思います。

前回の記事では、英ケント大学准教授である著者のヴァイバー・クリガン=リード氏の『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』を読むと、腰痛に悩まされたくなければ、とにかく歩け、ということが一貫して伝わってきた、と述べました。

このことは具体的には、長時間労働による座りっぱなしや立ちっぱなしの時間が増える代わりに、(狩猟採集時代に比べて)歩く距離が圧倒的に減ったということです。

そして歩かないことによって現生人類が抱えるようになってしまった問題のひとつが「腰痛」だというのです。

 

 腰痛は身体障害の原因として世界的にもっとも重大だ。医療システムが中程度の症状を悪化させて慢性化させているのかどうか、大きく変化した労働環境が身体障害の可能性を高めているのかどうか、いまだに最終的な結論は出ていないが、どちらもおそらくはそのとおりだろう。そしてどちらについても、その真犯人は私たちが作ってきた環境である。座りっぱなしの習慣が世界的に広まったのに合わせて、腰痛も世界的に拡大したというのは、けっして偶然ではない。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p216)

 

 一九六〇年代から七〇年代、機械自動化の明るい未来に踏み出したオフィスワーカーの身体を、座ってばかりの仕事がむしばみはじめて、いまでも私たちに悪影響を与えつづけている。その一部は間違いなく骨盤前傾と下部脊椎の前彎が原因だが、真犯人は座りつづけていることである。座ること自体ではない。座り方でもない(長時間座りつづけるのに適した正しい姿勢などというものはない)。じっと座りつづけていることこそが、身体全体の健康にもっとも大きな影響を及ぼしているのだ。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p202~203)

 

運動不足の問題を解決するには仕事の仕方を見直す。

運動不足の問題を解決するには仕事の仕方を見直す。

と、ここまでは前回の記事のおさらいですが、実は私自身も、読書やブログの執筆に没頭して長時間座り続けた後は、歩いている時に身体が歪んでいると感じることは多々あります。

では、長時間労働による運動不足や、同じ姿勢を取り続けることによる身体の歪みの問題を解決するのにはどうすれば良いのでしょうか?

その問いについての答えは、ほんの少しの時間ヨガや筋トレをしただけで運動したつもりになるのではなく、具体的にはこまめに動くようにすること、特に歩くこと(ウォーキング)、そして仕事の仕方を見直すことにあると思われます。

 

まず、ウォーキングについて、ヴァイバー・クリガン=リード氏は以下のように述べています。

 

 人類学者の多くは、腰痛の原因を二足歩行に求める。負荷が構造にかかれば必然的にそうなるというのだ。あきらかに強力な論拠がありそうだが、歩くことが悪いということを示す科学論文は一本もない。歩くことは背中にいいだけでなく、一連の生理的、生物的、心理的、そして環境上の報酬を与えてくれる。それは軟組織と硬組織にとっても奇跡的な治療なのだ。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p153)

 

 ウォーキングはつねに魔法の特効薬である。何百年も昔に草原で暮らしていた人たちとのつながりを感じ、人間であることのあらゆる側面に効く。脊柱の前湾の負担を減らし、椎間板の健全性を促す。椎間板が分厚くて健全であればあるほど椎間関節は保護されるので、これは重要である。そして何よりも重要な点として、座っていては歩くことはできない。誰でもわかるとおり、長時間じっとしているのはどんな人にとってもよくないことなのだ。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p215)

 

本書では人新世の人類の健康維持のための様々なアドバイスがなされていますが、上記のような引用文を読むと、本著者が腰痛対策として歩くことの効用を強く推していることが伝わってきます。

しかし、ただ単純に歩く機会や距離を増やせば、人新世の人類の健康問題(特に腰痛)がすみやかに解決されるのではなく、身体を動かす時間を増やす以前に大切なのは、仕事の仕方を徹底的に見直すことだとしている点は、注目に値します。

 

 人新世の人間の身体に見られる特徴は、多くの場合、いわゆる労働倫理というものによって作られてきた。もっと必死に長く働けと耳元でささやき、身体がどうしても欲している活動を、極悪非道な反逆行為、すなわち時間の無駄遣いと断罪するのだ。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p301)

 

解決策は、ヨガや立ち机、アレクサンダー式療法やストレッチではない。本当に必要なのは、仕事のしかたを徹底的に見直して、生きるために必要な方法に合わせることだ。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p303)

 

「しゃがむこと」の効用も積極的に見直されるべき。

「しゃがむこと」の効用も積極的に見直されるべき。

ちなみに立ったり歩いたりすることに疲れたら、椅子に座るというのが、私たち現代人にとっては常識ですが、初期人類にとっては「休むこと」は「しゃがむこと」だったという指摘も重要であるように思います。

 

 現代生活では椅子に座ってくつろぐのがふつうだが、ヒト科は二〇〇万年以上にわたって椅子に座ることがなかった(だから、椅子はもっとあとになって出現するのだ)。狩猟採集時代には椅子は存在せず、初期人類の身体に最大の目的は狩猟と摂食だった。食べる行為はたいていしゃがんで行なわれた。深くしゃがんだ姿勢で休息し食事するのが快適だという考えは、座ることを好む何十億人という現代人にとっておかしな話にちがいない。

ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p51)

 

 深くしゃがむとき、初期人類は骨盤をてこに使っただろう。少しわかりやすく説明すると、大腿部を胴体に対して一〇度ないし一五度(時計の針が一一時一二時を指すときの角度)に保ち、重心をぴったり足の上に持ってこなくてはならない。そうすれば、体重が足の前部とかかとに平均してかかる。

この休息の姿勢だと股関節も広がる(腰痛持ちにはありがたい)が、この姿勢を保つには長い腓腹筋が必要になる。ところが、人新世の人類は靴やハイヒールを履いたり椅子に座ったりしている時間が長いので、腓腹筋が収縮してしまっている。こうなると体重が平均してかかるように足を平らにするのも、重心を正しい位置に保ったままほんの少し前のめりになった休息の姿勢をとるのも難しい。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p52)

 

そういえば以前の記事で身体のバランスを整えるために「蹲踞(そんきょ)」という姿勢をご紹介したことがありましたが、「休む」ために「しゃがむ」ことは難しくても、一日に何度か(足裏に均等に体重がかかるように)深くしゃがんだ姿勢をとることは、身体の歪みを整えるのに有効であると思われます。

(ただし、普段からしゃがむことやスクワットに慣れていない方は、いきなり深く腰を落とそうとすると、腰を痛める可能性がありますので、まずは無理せず、自分の身体を観察しながら出来る範囲で行うことが大切です)。

 

以上ここまで、『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』(ヴァイバー・クリガン=リード 著 水谷淳、鍛原多惠子 訳 飛鳥新社)を取り上げ、人新世の人類の腰痛対策について述べてきました。

この記事の内容は『サピエンス異変』の全貌の一部を紹介したにすぎませんが、日々の生活において、長時間イスに座って作業をこなしていることが多い方は、座りっぱなしのライフスタイルを見直すきっかけにしていただければ嬉しく思います。

そのほか、「足」のことだけではなく、本書の後半部で言及されている類人猿と現生人類の「」の比較も興味深いです。

 

 ポケットに入れて持ち歩いているさまざまなテクノロジーのせいで、私たちは二三〇万年におよぶ人類史のなかでかつてなかったほど座りっぱなしの生活を送っている。スマートフォン、ノートパソコン、デスクトップパソコン、インターネットは、新たな消費の可能性を開いて私たちの行動を変えただけでなく、身体やライフスタイルや寿命をも変えようとしている。これらのテクノロジーが人類という動物種を変えようとしているといっても大げさではない。

人類はすでに進化の次の段階に入っている。これからも身体を手放したくないのであれば、身体をケアしてやらなければならない。身体が何を望んでいるかを理解するだけでなく、身体を本来の形で働かせて、身体に役立つことをするための、新たな方法を見つけなければならない。

(ヴァイバー・クリガン=リード『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』 水谷淳、鍛原多惠子 訳 p308)

 

(なお、本書の副題にある「人新世」という言葉は、まだまだ日本では浸透していないのかもしれませんが、鍛原多惠子氏の「訳者解説」によると、「地質学の概念」で、「最終氷期以降、つまり約一万一七〇〇年前から現在までを「完新世」」呼ぶのに対し、「地球は新たな地質年代に突入したと考えられるようになってきている」ことから、二〇〇〇年にノーベル化学賞受賞者のパウル・クルッツェンによって「人新世」という新しい地質年代の名称が発案されたといいます。)

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. サラダ油が認知症を引き起こす?ー『サラダ油をやめれば認知症にならない』
  2. プロポリスに含まれる栄養素・成分は?
  3. マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。
  4. みつばちのビーポーレン(蜂花粉)で花粉症対策。
  5. 『生命記憶を探る旅 三木成夫を読み解く』から進化を考える。

関連記事

  1. 【知っておきたい】腸と進化の関係とは?

    進化

    【知っておきたい】腸と進化の関係とは?

    免疫力の要(かなめ)である腸の健康はいつも保たれていますか?…

  2. 抗生物質と人間―マイクロバイオームの危機

    腸内フローラ

    『抗生物質と人間』から考える微生物とのつき合い方。

    今回は『抗生物質と人間ーマイクロバイオームの危機』(山本太郎 …

  3. 貨幣論

    『お金が教えてくれること』を読んで始めるクリエイティブな働き方。

    AIによって労働環境が劇変すると言われているけど、なかなか新し…

  4. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。

    うつ

    いのちの働きを感じることがうつを解消していく。

    今回はいのちの働きを感じることがうつを解消していくということに…

  5. 自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    哲学

    自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    今回は『生き方と哲学』(鬼界彰夫 著 講談社)を、これからの時…

  6. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。

    生活習慣

    「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。-『小さな習慣』3

    何をやっても長続きしないという場合、新しく始めたことを習慣化し…

特集記事

  1. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?
  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法
  3. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  5. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

オススメ記事

  1. 人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  2. 生命力を高めるには『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』が…
  3. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方…
  4. 糖質制限は炭水化物を減らすではなく「選ぶ」が大切。
  5. 三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    ブッダ/仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  2. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

    発酵食品

    発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  5. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

    メンタルヘルス

    【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方とは?
PAGE TOP