医学常識はウソだらけ

ビタミン

『医学常識はウソだらけ』から学ぶビタミンの重要性。

医学常識はウソだらけ

今回は『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』(三石巌 著 祥伝社黄金文庫)を、これからの健康を考えるために、ご紹介したいと思います。

 

分子生物学者であり、晩年には分子生物学に基づいた「分子栄養学」を創設した三石巌氏による『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』(祥伝社黄金文庫)は、巷に拡がる健康常識を一刀両断する痛快な一冊です。

分子生物学をきちんと学んでいないことによる「「医学常識」は「科学の非常識」」とし、一般的に「体に悪い」と思い込まされているもの、例えば、食塩や砂糖、コレステロール、動物性脂肪などが、体に悪いというのは、実はウソであるということを明らかにしています。

(特に印象的だったのは、私は吸いませんがタバコに関してで、タバコを吸うことによって発生する活性酸素よりも、無理にタバコを止めることによる強いストレスのほうが体に悪いと述べている点は、近年の禁煙を強制するような風潮において、本当の意味での健康とは何か、ということを考えさせられます)。

 

その一方で、有機野菜や無農薬野菜、玄米食、アルカリイオン水など、体に良いとされているものに関しても、何らかの疑問を呈していますので、特定の健康法を信じて実践している方にとっては、本書『医学常識はウソだらけ』は、どこか賛同しかねる部分があるかもしれません。

かくいう私自身も、分子生物学の知識はヒトの健康を考えるうえで最低限必要だと思いますが、かといって、三石巌氏が本書のなかで述べていることが全て100%正しいとは思いません。

 

しかし、この『医学常識はウソだらけ』のなかで強調されている、

  • メガビタミン主義
  • 良質タンパク質の摂取
  • 活性酸素対策

の重要性については、非常に説得力があり、傾聴に値すると思われます。

 

メガビタミン主義とは?

医学常識はウソだらけ

特に「メガビタミン主義」に関して、三石氏は、ビタミンは不足するよりは、たくさん摂っておいた方が良いと述べ、また、必要量に関してはかなりの個人差があるとしています。

 

たとえばビタミンの必要量にも、かなり個体差がある。AやEなどの脂溶性ビタミンで一〇対一、CやB₁などの水溶性ビタミンでは一〇〇対一もの開きがある。最も多く必要な人は、最も少なくて済む人の一〇〇倍のビタミンCを摂取しなければならないのである。しかも、一〇〇対一という水溶性ビタミンの個体差は、体に何のトラブルも抱えていない健康な人々のあいだで生じるものである。一〇〇倍の水溶性ビタミンが必要だからといって、その人が何か病気にかかっているわけではない。病人や体の不調を感じている人の場合、さらに何倍、何十倍ものビタミンCやB₁が必要になることもある。

(三石巌『医学常識はウソだらけ』p207)

 

さらに、ビタミンやミネラルはタンパク質を作る能力と関係していることから、

 

「体内ではDNAの指令にしたがってフィードバックが行なわれている。大量のビタミンを摂るメガビタミン主義によって、すべてのタンパク質がうまく作られるようになるということは、このフィードバックが順調に行われるということだ。」

 

と述べている点からは、鶏卵などから摂取した良質なタンパク質を活かすためには、いかに多くのビタミン(特にビタミンC)が必要か、ということが理解出来てくるのです。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 乾燥肌対策はマヌカハニーの保湿力と整菌効果で。
  2. 『脳にはバグがひそんでる』 完璧ではない脳を理解するために必読。
  3. タイガーナッツは食物繊維が豊富なスーパーフード。
  4. マインドフルネス瞑想で雑念が浮かんでくるのは当たり前。
  5. 知っておきたい黒酢の効果・効能とは?

関連記事

  1. 腸内細菌が家出する日

    腸内フローラ

    『腸内細菌が家出する日』がやって来た!?

    今回は藤田紘一郎氏の『腸内細菌が家出する日』をご紹介していきた…

  2. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    ブッダ/仏教

    マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福のために、マインドフルネス瞑…

  3. 「運動」は今すぐ長寿遺伝子を働かせるために効果的 - 『ライフスパン 老いなき世界』3

    運動

    「運動」は今すぐ長寿遺伝子を働かせるために効果的 – 『ライフスパン 老いなき世界』3

    人生100年時代に健康長寿を実現するための効果的な方法について…

  4. 糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しかった

    ミトコンドリア

    『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』から考える糖の重要性。

    今回は『糖尿病は〝砂糖〟で治す! 甘いものに目がないのは正しか…

  5. 感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、仏教なのか』2

    ブッダ/仏教

    感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、仏教なのか』2

    見たいものだけを見ることは果たして最良の選択なのでしょうか?…

  6. 瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    マインドフルネス

    瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていま…

特集記事

  1. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  2. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』
  3. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  4. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

オススメ記事

  1. 『苫米地式 聴くだけで脳からストレスが消えるCDブック』でス…
  2. プロポリスが花粉症対策に効果的なわけ【免疫力アップ】。
  3. ルーシー・M・ロング『ハチミツの歴史』から伝わる蜂蜜の魅力的…
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく。
  5. 『病気にならない生き方』をこれからの健康のために読み直す。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    【知っておきたい】マヌカハニーの効果・効能とは? 2022年版
  2. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

    油の摂り方

    ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  4. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  5. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』のお知らせ…
PAGE TOP