本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見できる理由とは?

孤独論

本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見できる理由とは?

新年度がスタートしたとはいえ、毎日が孤独でつらいとお悩みではありませんか?

今回は本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見するということについて述べていこうと思います。

 

自分の中の「孤独」にきちんと向き合えないと、孤独は良くないことだと思い込んでしまうものですが、私自身、長い間<孤独>と向き合ってきたことで、今は読書・瞑想・創造によって充実した毎日を過ごせています。

また、孤独を受け容れることができたからこそ、日常生活での小さなつながりも、孤独がつらかった若い頃よりも大切に出来ているような気がします。

 

このことに関して、たとえば作家・演出家の鴻上尚史氏は、『孤独と不安のレッスン』のなかで、

  • 「「一人が哀しい」と他人を求めているのが「ニセモノの孤独」」であり、
  • 「「本当の孤独」とは自分と深い対話をすること」であり「「自分が本当にしたいこと」へ導いてくれる」

と述べています。

 

さらに「本当の孤独」に出会うと、「新しいネットワークを発見」し、「今まで気づかなかった人」を見つけるといいます。

そして「本当の孤独」によって成長することで出会った相手は、「無理して笑う必要も、退屈な話に相槌を打ち続ける必要も、人の悪口に同調する必要も、発言が悪意に取られないかと心配する必要も、ない相手」だと言うのです。

 

本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見するということに関して、鴻上氏は免許を取って初めてバイクにまたがった日、自分のマンションの近くに道路標識がたくさんあることに気づいたことを例として挙げています。

つまり、いつもそばにあっても、見る必要がなければ、ないと同じであるということであり、「人間は、見たいものしか見ないのです」。

 

このことは先日の記事で取り上げた「読書」に関しても同様です。

私自身、よく書店や図書館に立ち寄りますが、本棚にたくさん本が並んでいても、文学や哲学に関する人文書や自然科学の本など、以前から興味をもっている分野の本しか基本的に視界に入ってきません。

「孤独」について強い関心を持っていれば、本棚を眺めた時、自然と書名に「孤独」という文字が入っている本が視界に入ってきます。

 

しかし美容やファッション、投資やプログラミングなどについては、今のところ関心がないという理由から、ふと書店に立ち寄っても、それらの本が並んでいる棚の前に立つことはほとんどありません。

ところがこれまで関心がなかった分野に興味を持つことがあれば、書店や図書館で、知らない本がすでにたくさん出版されていることに気づかされるのです。

つまり、書店や図書館には様々な本が並んでいるにも関わらず、認識しているのは、たくさんの本のなかのごく一部なのですが、反対に自分自身が関心をもつことで、これまでに気づくことがなかった本と出会うことができ、そして新しいつながりが生まれてくるのです。

 

すなわち現実の人間関係であれ、本の著者や小説の登場人物であれ、孤独な自分と「つながる」ことが出来る相手は、現時点では気づけていないだけで、必ずどこかに存在しているのです。

たとえ自分は「孤独」「ひとり」であると感じていても、心を完全に閉ざすことなく、窓からすきま風が入り込むように少しでも開いていれば、結果的に感性が似通っている人たちとつながることになるのです。

ちなみに『孤独と不安のレッスン』は、自分の心がまだ孤独で不安だらけだった、新生活を始めたばかりの学生時代に出会えればよかったと感じさせる一冊です(そういう意味では春からの新生活に孤独と不安を感じている学生さんにオススメです😊)

 

鴻上尚史『孤独と不安のレッスン』(だいわ文庫)

鴻上尚史『孤独と不安のレッスン』(だいわ文庫)

 

うっとうしいつきあいをやめ、「本当の孤独」に出会ったあなたは、自分との対話を始め、そして、成長します。

そして、成長した結果、あなたは、新しいネットワークを発見するのです。
(中略)

本当は、「一人でもいい」と体の深い部分から決心した段階で、あなたは、今まで気づかなかった人を見つけます。
その決心が、すでに成長のひとつだからです。

(鴻上尚史『孤独と不安のレッスン』 46‐47頁)

 

あなたは、今のあなたが必要な人を見ているだけなのです。

どこかで、必ず、あなたは、あなたが知り合えてよかったと思える人と出会います。

あなたが、「本当の孤独」の中で、成長すればするほど、その確率は高くなります。成長すればするほど、出会う相手は素敵になります。

無理して笑う必要も、退屈な話に相槌を打ち続ける必要も、人の悪口に同調する必要も、発言が悪意に取られないかと心配する必要も、ない相手です。

(同 48頁)

 

 

お忙しい中ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます😊

 

マインドフルネス生活シリーズ第9弾

『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方 孤独なのに、つながっている。』

Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. お金をかけずに足を温めてぐっすり眠る冷え対策とは?
  2. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  3. 佐々木典士『ぼくたちは習慣で、できている。』は、<習慣>に踏み込んだ実用的な一冊…
  4. カリウムの効果と働き【知っておきたいミネラルの栄養学】
  5. これからマインドフルネス瞑想を始めてみる理由とは何か?【2022年版】

関連記事

  1. 21世紀の健康はエネルギーに注目ー『未来を救う「波動医学」』

    健康

    21世紀の健康はエネルギーに注目ー『未来を救う「波動医学」』

    今回は、『未来を救う「波動医学」 瞬時に診断・治療し、痛みも副…

  2. 『生き方と哲学』

    哲学

    生きることの幸福を粘り強く考えるー『生き方と哲学』2

    今回は前回に引き続き、『生き方と哲学』(鬼界彰夫 著 講談社)…

  3. 「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。

    生活習慣

    「小さな習慣」なら本当の習慣に育てることができるワケ。-『小さな習慣』3

    何をやっても長続きしないという場合、新しく始めたことを習慣化し…

  4. 小腸を強くすれば病気にならない

    腸内環境

    『小腸を強くすれば病気にならない』でSIBO対策。

    今回は『小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「…

  5. 自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    哲学

    自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    今回は『生き方と哲学』(鬼界彰夫 著 講談社)を、これからの時…

  6. 手のゆくえー『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』

    進化

    手のゆくえー『サピエンス異変 新たな時代「人新世」の衝撃』3

    いつもせわしなく動き続けている手は、これからどこへ行くのでしょ…

特集記事

  1. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  2. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  3. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  4. 自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。
  5. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

オススメ記事

  1. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  2. ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果とは?
  3. 腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップ…
  4. 『自由への旅』はマインドフルネス瞑想を長く続けていくための一…
  5. テロメア・ストレス・マインドフルネス。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

    発酵食品

    手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  2. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが<免疫力アップ>に関係しているワケとは?
  3. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  4. 🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ。

    ミトコンドリア

    🍯ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ🐝
  5. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは?
PAGE TOP