今さら聞けない神経可塑性とは何か?【脳のために知っておきたい】

今さら聞けない神経可塑性とは何か?【いつもの脳は変えられる】

脳における神経可塑性

運動や瞑想などによって、いつもの脳は変えられる、ということはご存知でしょうか?

今回は、脳における神経可塑性についてです。

この記事でお伝えしたいことは、いつもとは違う動きをする運動を行なったり、マインドフルネス瞑想をしたりすることで、脳の神経細胞同士のネットワークを変えることができる、すなわち、いつもの脳は「鍛えることによって変えられる」ということです。

 

近年、脳科学ブームを筆頭に、「脳に良い/悪い」食べ物や行動など、「」の領域は、医療やビジネスの分野を含め、幅広い人々に関心が持たれるようになりました。

その「脳」とは一体何かといえば、まず、わたしたちの脳は約860億個の神経細胞(ニューロン)からできているとされています。

また、グリア細胞と呼ばれる多くの細胞が、陰の立役者として、神経細胞(ニューロン)の機能の一部を支えているといわれています。

 

そして、これまで、脳の細胞は生まれたときから減る一方だとされ、増えることはないとされてきましたが、脳は鍛えれば鍛えるほど、神経組織が活発になり、神経細胞同士の連絡が増えるなど、発達することが分かってきました。

つまり、日頃からの活動や経験によって、脳は自らの構造や機能を変えることができるのです。

このような、神経細胞同士のつながりが変わることは「神経可塑性」と呼ばれています。

 

 一九九〇年代、神経科学は神経の可塑性とニューロンの新生に光を当て、脳についての見方を根本から変えた。まず神経の可塑性とは、脳は「プラスチック(可塑性物質)」で、鍛えることによって変えられることを意味する。従来、脳はいくつもの領域が配線でつながれた器官で、領域ごとに細胞とそのネットワークが決められた仕事をこなしていると考えられてきた。(中略)

じつのところ、脳は自ら配線をつなぎ替え、ほかの領域を代役にしてその仕事をこなすのだ。脳は適応し、成長することができる。これが「神経の可塑性」だ。

(ジョンJ.レイティ、リチャード・マニング『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』 野中香方子 訳 p113)

 

運動や瞑想の習慣でいつもの脳は変えることができる。

運動や瞑想の習慣で脳は変えることができる。

たとえば、ゆっくりとしたヨガ気功などの運動をしたり、マインドフルネスや慈悲の瞑想をしたりすることで、脳の神経細胞同士のネットワークを変えることができるとされています。

そのため、毎日同じことを繰り返すなど、いつもと同じ生活をすることで脳をたいして使わなければ、そのぶん衰えていきますが、その一方で、たとえ加齢とともに認知機能が衰えたとしても、日々、脳が変化を感じるような生き方を志すなど、鍛え方次第で、結果は違ってくるのです。

したがって、うつや認知症などを予防したり、常日頃から心身ともにイキイキとした生活を送るためには、普段から、どのような習慣をライフスタイルに採り入れるかが重要になってくるのです。

 

神経可塑性の核心的な原理の一つは、「同時に発火するニューロンは互いの結合を強める」というものだ。これは、「心的な経験の繰り返しは、その経験を処理する諸ニューロン間の結合を強化することで、ニューロンの構造的変化をもたらす」ことを意味する。具体的には、何か新たなことを学習すれば、さまざまなニューロンのグループが結合を強める。

(ノーマン・ドイジ『脳はいかに治癒をもたらすか』 高橋 洋 訳 33頁)

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます😊

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界』から考える生命
  2. 『脳からストレスを消す技術』が、心の免疫力を高める。
  3. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?
  4. 「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の生きる喜び【いつもの脳を…
  5. 半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。

関連記事

  1. 自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。

    生き方

    自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。

    自分自身を大切にすることで、いつもの「脳」が変わる生き方を始め…

  2. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    電子書籍

    『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    マインドフルネス瞑想を繰り返し練習することで、いつもの「脳」が…

  3. マインドフルネスが自分のこだわりから距離を置くのに役立つわけとは?

    マインドフルネス

    マインドフルネスで自分のこだわりから距離を置く。-『あなたの脳は変えられる』3

    脳は休んでいるつもりでも常に活動し、エネルギーを消費しているこ…

  4. 「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の<生きる喜び>【いつもの脳を変える生き方】

    生き方

    「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の生きる喜び【いつもの脳を変える】

    「今・ここ」を意識することで、いつもの「脳」が変わる生き方、始めて…

  5. 脳の炎症を抑えるための生活習慣

    「うつ」にも関わる【脳の炎症】を抑えるための生活習慣とは?

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  6. 『バレット博士の脳科学教室 7½章』は「脳」について正しく知るために必読。

    『バレット博士の脳科学教室 7½章』は「脳」について正しく知るために必読。

    健康やビジネスなどの分野でなにかと注目される「脳」について正し…

特集記事

  1. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』
  2. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。
  3. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  4. はちみつの効果・効能

オススメ記事

  1. 腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌…
  2. ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。
  3. 『毒だらけ 病気の9割はデトックスで防げる!』で毒出し生活。…
  4. 日々のマインドフルネス実践は、「孤独」の処方箋。
  5. <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』増補・改訂しました(^^♪
  2. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
  3. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
  4. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある

    ブッダ/仏教

    般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。…
  5. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
PAGE TOP