肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

腸内環境

肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

肉食中心の食事は大腸がんの原因になりやすい

今回は肉食中心の食事は大腸がんの原因になりやすい、ということについてです。

近年、大腸がんを患う方が急増していますが、その原因については、まだ完全に解明されていません。

しかし、野菜の摂取量が不足し、代わりに肉を多く食べるようになった欧米型の食習慣が、日本での大腸がん患者が急増している理由に挙げている研究者もいます。

 

たとえば理化学研究所の辨野義己氏は、『腸を整えれば病気にならない』のなかで、

 

 私たちの研究では、大腸がん患者の腸内フローラでは、ある種のビフィズス菌が減っていることがわかりました。ただ、なぜビフィズス菌が減るのかはわかっていません。

大腸がんが発生するかどうかは、食習慣などが大きく影響します。ある細菌が大腸がんになりやすい環境を整えたのか、それとも大腸がんになった結果その細菌が増えたのかは、よくわからないわけです。

辨野義己『腸を整えれば病気にならない』p82

 

と述べています。

 

また、「大腸がんのなりやすさは、食習慣の影響が大きいのが特徴です」としたうえで、「加工肉や赤身肉の大量摂取でがんが増えることは、かなり以前から、科学的にほぼ確かな事実です」としています。

そして動物性脂肪をたくさん食べると大腸がんになりやすい理由として、「腸内フローラが作り出す発がん物質や発がん促進物質」を挙げています。

 

肉を食べ過ぎて胆汁が多く出ると、小腸での吸収が間に合わず、胆汁酸が大腸にまでやってきて、腸内フローラがその胆汁酸を二次胆汁酸に変化させてしまうことが問題のようです。「二次胆汁酸の中には、デオキシコール酸やリトコール酸という物質があり、これらは発がんを促進する」ことが知られているといいます。

さらに辨野氏は、肉食中心で野菜などに含まれる食物繊維が不足してしまうと、便秘がちになり、腸粘膜や有害物質に長時間さらされてしまうことも、肉食によって大腸がんにつながる要因だとしています。

 

赤身肉の食べ過ぎは大腸がんの発症リスクを高める。

赤身肉の食べ過ぎは大腸がんの発症リスクを高める

また、松生クリニック院長である松生恒夫氏も、赤身肉が大腸がんのリスクになる理由として、

「肉には、脂質、特にコレステロール値を上昇させる飽和脂肪酸が多いため、多く摂取すると肥満やメタボリックシンドロームなどを引き起こす点です。肥満は大腸がんの危険因子の一つに数えられているのです」

ということを挙げています(参考 松生恒夫『腸に悪い14の習慣』)。

それに加えて、赤身肉に含まれる鉄分が活性酸素を多く発生させることも、大腸がんの発生リスクを高めることにつながるとしています。

 

そのほか、たんぱく質の摂りすぎが原因で起こる「腐敗」と呼ばれる現象も、大腸がんの大きな原因だと考えられます。

この「腐敗」とは、たんぱく質が分解する際に発生するアミン、インドール、スカトール、フェノールなどの有害物質が食べ物を腐敗させ、腸内環境を悪化させてしまうことです。

そして、腸内を腐敗させるこれらの有害物質は、さらに強烈な発がん物質であるニトロソアミンを作り出すと言われています。

 

食物繊維の摂取量を増やすことが大腸がんの予防につながる。

大腸がんの予防に役立つのは食物繊維

ここまで赤身肉などの肉食中心の食事は、大腸がんの発症リスクを高めるということについて述べてきましたが、一方、大腸がんの予防に役立つのは野菜や果物、海藻などに多く含まれる食物繊維だと思われます。

食物繊維の効果・効能については以前の記事で述べましたが、この食物繊維には、腸内環境をキレイにしたり、腸内細菌のバランスを整えたりする働きがあります。

また、特に水溶性の食物繊維を多く摂ると、腸内細菌が発酵によって短鎖脂肪酸を作り出してくれますが、この短鎖脂肪酸にも、がんを予防する働きがあるとされています。

 

実際、医学博士の内藤裕二氏によると、ヨーロッパで行われた研究では、「食物繊維の摂取量が一日一〇g未満の人の場合、食物繊維の摂取量を増加させることによって、大腸がんのリスクが低下するとの結果が出た」といいます(参考 内藤裕二『人生を変える賢い腸のつくり方』)。

一日一〇g以上の食物繊維を摂取している人の場合は、大腸がんの予防効果は認められなかったようですが、普段から肉食中心で食物繊維が不足しがちな方は、食物繊維の摂取量を増やすことが大腸がんの予防につながることは十分考えられるのです。

 

以上ここまで、肉食中心の食事は大腸がんの原因になりやすいということについて述べてきましたが、この記事の内容は肉食を避けて完全菜食を勧めているわけではありません。

近頃は肉食ブームだとされ、テレビなどでも肉食の良い面ばかりが強調される傾向にありますが、腸の健康という観点からすれば、肉ばかりの食事を避け、野菜や果物、海藻類などから食物繊維をきちんと摂取して、腸内フローラを改善し、腸内環境を良好に保つようにすることが、特に大腸がん予防のためには重要なのです。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. BeeMeのマヌカハニーはハチミツ健康生活にオススメ。
  2. タイムのはちみつの効果・効能とは?
  3. 森林浴の楽しみ方は人それぞれ、であるワケ。
  4. 『見えない巨人―微生物』から発酵・病気・環境を考える。
  5. うつをやわらげるには身体をゆるめる。

関連記事

  1. 「原始人食」が病気を治す

    健康

    『「原始人食」が病気を治す』は「食」の常識を覆すための一冊。

    今回は『「原始人食」が病気を治す ヒトの遺伝子に適合した物だけ…

  2. 乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸内環境をキレイに

    サプリメント

    短鎖脂肪酸配合の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」で腸をキレイに。

    短鎖脂肪酸配合の乳酸菌発酵エキス「善玉元気」は腸内環境をキレイ…

  3. 鶴見隆史『食物養生大全』

    健康

    『食物養生大全』は食事で現代病を解決していくための一冊。

    今回は『食物養生大全 「食」による病気治しの考証』(鶴見隆史 …

  4. 「マゴワヤサシイ」は<うつ>な気分を良くするのにオススメな食事法。

    うつ

    「マゴワヤサシイ」は<うつ>な気分を良くするのにオススメな食事法。

    心身の健康維持のために毎日栄養バランスが整った食事が出来ていま…

  5. 腸内環境

    キノコ類の腸内環境を改善する効果とは?

    今回は、きのこ類の腸内環境を改善してくれる効果について述べてい…

  6. 運動

    腸内環境

    適度な運動が腸内環境を良好に保つ。

    今回は適度な運動が腸内環境を良好に保ち、運動不足は腸内環境の悪…

特集記事

  1. アロエベラの効果・効能
  2. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す
  4. そもそも免疫力とは何か?
  5. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

オススメ記事

  1. プロポリスが花粉症対策に効果的なわけ【免疫力アップ】。
  2. 知っておきたい『水素分子はかなりすごい』理由とは?
  3. <ゆっくりヨガ>の生活習慣が、うつ予防と改善に役立つわけ。
  4. 生命活動とは新陳代謝ー『免疫力を高める生活』2
  5. 森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  3. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』Kindl…
  4. 半日断食(ファスティング)は病気予防にオススメ

    断食(ファスティング)

    半日断食(ファスティング)が現代病予防にオススメなわけ。
  5. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
PAGE TOP