【腸と血液】の関係とは?ー『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』

【腸と血液】の関係とは?ー『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』

腸と血液の関係

腸の腸内環境を素晴らしい状態に保つことは、毎日の健康や免疫力を維持していくために大切ですが、実は腸は皮膚だけではなく、血液とも関係しています。

そういうわけで、今回は、知ってトクする腸と血液の関係についてです。

 

血液は全身の細胞に酸素と栄養(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ブドウ糖など)を運ぶという非常に重要な役割を担っています。

しかも、それだけではなく、どこかに異物が侵入していないかパトロールを行い、もし異物を見つけたら白血球が攻撃をするという役目もあります。

すなわち、血液は免疫と深く関わっているのです。

 

では、その血液は人体のどこで造られるのでしょうか? 一般的には血液は骨髄で造られるとされていますが、『最強の自然医学健康法 こうすれば病気は治る』などの著作がある医学博士の森下敬一氏は、『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』という著作のなかで、血液は腸で造られるという腸管造血説を唱えています。

 

では、血液はどこで造られるのか。これは基礎医学や生理学の話になりますが、私は小腸の絨毛組織において赤血球が造られると考えています。これを私は「腸管造血現象」と呼んでいます。

(森下敬一『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』p72)

 

 「食べ物が身体の中に入って血液になり、血液が細胞になる」ことを、私はすでに一九六〇年の血液生理学教室時代から指摘しています。(略)

つまり、毎日の食べ物が血液の状態を左右するからこそ、仮になんらかの有害物質が含まれた食べ物を食べると、それによって血液も不健康な状態になるのです。そうした血液を顕微鏡で見ると、健康な血液にはないはずの異物が混ざっています。

異物とは、たとえば農薬や食品添加物などの化学物質などです。いったん血液が汚れてしまうと、その血液からできた細胞は正常に機能できなくなります。細胞がきちんと機能しないと、身体になんらかの不具合が現れたり、病気になったりするのです。つまり、汚れた血液による機能不全の細胞が体調不良や病気の原因なのです。

(森下敬一『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』p74~75)

 

血液は食べ物によって腸で造られる?

『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』

森下敬一氏が述べていることを敷衍すると、血液は食べ物によって腸で造られるため、血液をきれいにして病気を防ぐためには、何を食べるかが大切な要素になってくる、ということなのです。

特に森下氏は肉食は血液を汚す原因になると述べています。そのため、日頃の食事では肉を食べることをなるべく避けるように促し、代わりに日本人の身体に合った玄米や野菜中心の玄米菜食を薦めています。

このあたりのことについて詳しく知りたい方は、森下敬一氏の著作である『血液をきれいにして病気を防ぐ、治す』(講談社+α新書)や、『クスリをいっさい使わないで病気を治す本』(知的生き方文庫)、『最強の自然医学健康法 こうすれば病気は治る』(共栄書房)などが手に取りやすいので読んでみていただきたいと思います。

 

また、血液はビタミンやミネラルなどを細胞に運んでいますが、もし腸内環境が悪化していると、栄養素が十分に吸収されなくなってしまいます。

そのため、血液がきちんとビタミンやミネラルなどの栄養素を細胞に届けるようにするためには、腸内環境を改善し、腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えておくことが重要になります。

 

以上ここまで、【腸と血液】の関係について述べてきました。血液は一般的に骨髄で造られるとされていますが、食べ物によって腸で造られるという説もあることは、知っておいても損はないと思われます。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく。
  2. 幸福への第一歩は他人からの評価を気にしないこと。
  3. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?
  4. 知ってトクするビタミンB1の働き・役割とは?
  5. 生食と加熱食の割合は6対4が良い理由。

関連記事

  1. 冬のエネルギーチャージはこまめな日光浴で。

    健康

    冬はこまめな日光浴でエネルギーチャージ。

    当ブログでは人生100年時代のヘルスケアについて述べていますが…

  2. ハチミツ

    【天然・純粋・生ハチミツの正しい選び方】毎日の健康のために知っておきたい。

    本物の純粋はちみつの選び方はご存知ですか?当ブログでは…

  3. 腸が心の起源なわけ。-『腸脳力』

    心とは何か

    腸が心の起源なわけ。-『腸脳力』

    心と体の ↓ シフトチェンジ腸脳力(長沼敬憲『…

  4. そもそも免疫力とは何か?

    ミトコンドリア

    そもそも免疫力とは何か?【健康のために知っておきたい】

    秋から冬、春の季節にかけて、「免疫力を高める」「免疫力を上げる…

  5. 三木成夫『内臓とこころ』

    三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。

    今回は三木成夫氏の『内臓とこころ』(河出文庫)を、「心」とは何…

  6. 【知っておきたい】腸と進化の関係とは?

    進化

    【知っておきたい】腸と進化の関係とは?

    免疫力の要(かなめ)である腸の健康はいつも保たれていますか?…

特集記事

  1. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  2. 森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  4. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?
  5. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

オススメ記事

  1. シンギュラリティ仮説と一神教思想の類似点とはー『AI原論』2…
  2. 水素(H2)がミトコンドリアを活性化する理由とは?
  3. MCTオイルはサラダ油の代わりに摂りたいヘルシーオイル。
  4. 免疫力を上げるには自律神経のバランスが大切―安保徹『免疫進化…
  5. 習慣は未来からやって来る!? 『いい習慣が脳を変える』3

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. はちみつの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?
  2. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

    メンタルヘルス

    【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方とは?
  3. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  4. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

    ブッダ/仏教

    悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  5. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
PAGE TOP