運動

腸内環境

適度な運動が腸内環境を良好に保つ。

適度な運動が腸内環境を良好に保つ

今回は適度な運動が腸内環境を良好に保ち、運動不足は腸内環境の悪化につながるということについてです。

私たちの腸内には100種類・100兆個以上もの腸内細菌が存在しており、その群生の様子はお花畑になぞらえて「腸内フローラ」と呼ばれています。

その腸内細菌の集まりである腸内フローラや腸内環境は、免疫系に深く関わるなどしているため、普段から腸内細菌のバランスを整えるよう腸内環境を改善していくことは、日頃の健康維持と長寿の実現のためには欠かせません。

 

しかし、腸内フローラや腸内環境を悪化させてしまう要因があり、それらには、

  1. 食品添加物
  2. 抗生物質
  3. ストレス
  4. 食べ過ぎ
  5. 運動不足

などが挙げられるのですが、今回はそのうちの「運動不足」について述べていきたいと思います。

 

日頃から適度な運動を行うことは腸内環境を良好に保つために必要不可欠です。なぜなら、運動をこまめに行わないと、腸が刺激されずにぜん動運動が起こりにくくなるため、便秘がちになってしまうからです。

そして、もし便秘によって便が排出されず、長期間大腸内に止まると、悪玉菌が増殖し、腸内環境をひどく悪化させてしまいます。

近年、自動車やパソコンの普及により、移動中も仕事中も座りっぱなしという方が増えていると思われますが、このような運動不足が便秘を引き起こすとも言われています。

 

大腸がんを予防するためにも日頃からなるべく身体を動かすようにすることが大切。

大腸がんを予防するためにも日頃からなるべく身体を動かすようにすることが大切

さらに運動不足は大腸がんのリスクを高めるということが、世界がん研究基金(WCRF)などの調査で分かっています。適度な運動は確実に大腸がんのリスクを低下させますので、大腸がんを予防するためにも日頃からなるべく身体を動かすようにすることが大切です。

特に腸腰筋を鍛えるために、エレベーターを使わずに階段を登ったり、太ももを交互に上げ下げしたりすることは、腸の働きを活発にして腸のぜん動運動を促すことにつながっていきます。

 

したがって、特に一日中デスクワークなどを行って座ってばかりの方は、エレベーターではなく階段を使ったり、こまめに太ももを交互に上げ下げしたりして、腸腰筋を刺激することをオススメします。

また、仰向けになって両膝を上げたら、その両膝を左右に動かす運動でも、お腹周りの筋肉や内臓を刺激して、便秘を予防することができます。

 

お腹周りの筋肉や内臓を刺激して、便秘を予防

そのほか、ストレス過多の場合にも、腸内環境が悪化してしまうことが考えられるため、呼吸を深めながら、ヨガなどに代表的なゆっくりと身体をねじる運動を行ってリラックスを心がけるのも、腸内環境を良好に保つために最適です。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 運命は変えられる?「エピジェネティクス」とは何か。
  2. ブッダの教え「八正道」「中道」とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】…
  3. 三石巌『ビタミンC健康法』で病気予防。
  4. お金をかけずに足を温めてぐっすり眠る冷え対策とは?
  5. 「一切皆苦」ブッダの教え<苦>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

関連記事

  1. 肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    腸内環境

    肉食中心の食事は大腸がんの原因に!?

    今回は肉食中心の食事は大腸がんの原因になりやすい、ということに…

  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    乳酸菌よりもその効果が注目されている「乳酸菌生産物質」について…

  3. 知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

    腸内環境

    知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

    腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えることで、腸…

  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。

    毎日の食事で腸の健康に必要不可欠な「食物繊維」は足りていますか…

  5. 不溶性食物繊維の効果効能

    便秘の改善

    腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違いとは?

    今回は、腸のために知っておくべき水溶性と不溶性の食物繊維の違い…

  6. 納豆は腸内フローラにオススメな発酵食品。

    発酵食品

    納豆は腸内フローラにオススメな発酵食品。

    今回は、納豆が腸内フローラの改善にオススメな発酵食品である理由…

特集記事

  1. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】
  2. 知腸内環境の改善が免疫力を高める
  3. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 
  4. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  5. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?

オススメ記事

  1. 21世紀・令和の健康実現は<バランス>が大切。
  2. ダイエットに効果的!酵素ドリンクでのプチゆる断食。
  3. なぜアーシングの効果は慢性炎症をやわらげるのか?
  4. ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  5. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?

    甘酒

    知って腸トクする【甘酒の効果・効能】毎日飲むことのメリットとは?
  2. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  3. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  4. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく

    食事

    スーパーフードが体と心に良い効果をもたらしてくれるワケとは?
  5. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。

    ハチミツ

    【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
PAGE TOP