『「慢性炎症」を抑えなさい』で現代病予防。

慢性炎症

『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因  「慢性炎症」を抑えなさい』で現代病予防。

『「慢性炎症」を抑えなさい』(熊沢義雄 著 青春出版社)

「うつ」や「肥満」、「老化」などに関わりがあるとされる<慢性炎症>についてはご存知でしょうか?

今回は、『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因  「慢性炎症」を抑えなさい』(熊沢義雄 著 青春出版社)という一冊を、慢性炎症対策と現代病予防のためにご紹介したいと思います。

 

慢性炎症については以前の記事でも書いたことがありましたが、慢性炎症は糖尿病などの生活習慣病や、認知症、がん、ストレスが関係してくるうつやアトピーなどの原因になっていると考えられます。

また、何となくイライラしたり、調子が悪かったり、思ったように元気が出なかったりするのも、この慢性炎症が関係していると思われます。

 

このことに関して、医学博士であり前北里大学の教授でもある熊沢義雄氏の『「慢性炎症」を抑えなさい』(青春新書プレイブックス)において、この慢性炎症が続くことの問題点が、広範囲にわたって指摘されています。

 

 急性炎症と慢性炎症には、医学上、はっきりとした線引きはないのですが、おおよそ、1週間ほどで治まる一時的な炎症は、急性炎症と考えておいてください。たとえば、ハチに刺されてその部分が腫れ、数日で治まる炎症など、一過性の刺激によって起きる炎症は、これにあたります。胃炎や腸炎でも、たまたま悪いものを食べて一時的にお腹を壊した場合などは、急性炎症といえます。

(熊沢義雄『「慢性炎症」を抑えなさい』p22)

 

 これに対して、同じ場所で何度も繰り返される刺激によって長い間起き続けている炎症は、慢性炎症といえます。たとえば、アレルギーで常に鼻の調子が悪く、粘膜が腫れている場合や、歯周病などでずっと歯茎が腫れている場合などは、慢性炎症といえます。

繰り返しますが、慢性炎症とは、同じ部分がずっと炎症を起こしている状態です。長くなったり悪くなったりを繰り返していることもあれば、だいたいいつも悪い状態のままというケースもあります。

(熊沢義雄『「慢性炎症」を抑えなさい』p22~23)

 

 いずれにせよ、慢性炎症を起こしている部分は、どうしてもその組織が少しずつ傷んでいく運命にあります。体内の組織が傷んだということは、その部分が老化した、あるいは病気に近づいたということです。ですから、若さと健康を保つためには、慢性炎症をできるだけ少なくするにこしたことはないわけです。

中でも問題なのは、「炎症を起こしている」という自覚症状が比較的少ないにもかかわらず、長年にわたって体内で起き続けているタイプの慢性炎症です。

(熊沢義雄『「慢性炎症」を抑えなさい』p23)

 

「酸化」と「糖化」が慢性炎症の原因になる理由とは?

「酸化」と「糖化」が慢性炎症の原因になる理由とは?

本書『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因 「慢性炎症」を抑えなさい』の第1章から第3章までは、「慢性炎症」の正体や、慢性炎症の原因について詳しく書かれています。

慢性炎症は特に活性酸素によって引き起こされる「酸化」や、終末糖化産物と呼ばれる「AGE」による「糖化」が問題になっていると感じられます。

 

「酸化」とは、「からだのなかがサビること」であり、「加齢やストレス、紫外線、そのほか、喫煙や化学物質などさまざまな影響によって抗酸化力が落ちてくると、体内で起きる酸化と抗酸化のバランスが崩れ、酸化はどんどん進んで」しまうといいます。

一方、「糖化」とは、糖とたんぱく質が結びついた「糖化たんぱく質」である「AGE」によって、組織が攻撃され、老化が促されることをいいますが、「最近になって、このAGEは、私たちの体内で炎症を起こす大きな要因のひとつだということがはっきりして」きたといいます。

 

一般的にこの「AGE」が大量に含まれる食品は、こんがりと焦げ目や焼け目がついた料理や、電子レンジで2、3度温めた食品、果糖が含まれた清涼飲料水やハンバーガーなどのファーストフードだとされていますので、AGEを減らすための食生活というものも、慢性炎症対策のためには必要になってくると思われます。

 

慢性炎症を抑えるために大切な生活習慣とは?

慢性炎症を抑えるために大切な生活習慣とは?

また、「腸もれ」とも呼ばれるリーキーガット症候群と炎症の関係についても言及されています。

さらに、第4章と第5章には、慢性炎症を抑えるための生活習慣と食事について書かれています。

特に、玉ねぎの皮に豊富に含まれているケルセチンというポリフェノールや、みかんの皮に含まれているへスぺリジンというフラボノイド、さらに、ぶどうに含まれるオレアノール酸というファイトケミカルの一種に抗炎症作用があるという記述は、食生活を改善することで、慢性炎症を防いでいくために、非常に参考になります。

 

それに加えてプロバイオティクスやプレバイオティクスポリフェノールビタミンDの「3PD」によって、腸内細菌のバランスを整えることの重要性についても述べられています。

なかでもビタミンDは、日光浴をする時間が減少していることによって体内で不足しがちになっており、そのことが慢性炎症と関係していると本書では指摘されています。

そのため、1日最低でも10~20分、日光に日焼け止めを塗らずに当たることも、慢性炎症を防ぐためには大切になってくるといいます。

 

以上、今回の記事では、熊沢義雄氏の『ガン、動脈硬化、糖尿病、老化の根本原因 「慢性炎症」を抑えなさい』(青春新書プレイブックス)を紹介してきましたが、本書を読む限り、長時間、パソコンの前に座り続けることで運動不足の生活を送ることや、日光浴を避けること、加工食品やファストフードを中心にした食生活など、当たり前となっている都市型のライフスタイルが、慢性炎症と結びついているのは確かであると思われるのです。

 

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

    森林浴

    森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは?

    普段、何らかのストレスや不安、体調不良を抱えてつらい思いをして…

  2. 自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    哲学

    自分時間を生きるとは?-鬼界彰夫『生き方と哲学』

    今回は『生き方と哲学』(鬼界彰夫 著 講談社)を、これからの時…

  3. 三木成夫『内臓とこころ』

    三木成夫『内臓とこころ』から<心>とは何かを考える。

    今回は三木成夫氏の『内臓とこころ』(河出文庫)を、「心」とは何…

  4. ここまでわかった 水素水最新Q&A

    水素

    『ここまでわかった 水素水最新Q&A』で知りたい水素効果のウソ・ホント。

    今回は、『ここまでわかった 水素水最新Q&A』(太田成男 著 …

  5. 【悟り】は本当に必要なのか?ー『なぜ今、仏教なのか』3

    ブッダ/仏教

    現代に【悟り】は本当に必要なのか?ー『なぜ今、仏教なのか』3

    瞑想によって悟ることは本当に必要なのでしょうか?今回は…

  6. 瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    マインドフルネス

    瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていま…

特集記事

  1. 私たちと共生している腸内細菌の役割とは?
  2. 生き方そのものを変える可能性がある、真の実用書だと感じたスゴイ3冊+α
  3. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣
  4. ハチミツの栄養効果がミトコンドリアのエネルギーを生み出すワケ
  5. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

オススメ記事

  1. ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  2. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  3. 「アッカーマンシア ムシニフィラ」という痩せ菌を増やすには?…
  4. 森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは…
  5. 写真集『せせらぎ×マインドフルネスの記憶』、Kindleで販…

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2024 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

 

amazonアソシエイトプログラムに参加しています。当ブログの記事には、訪問者様が製品またはサービスをamazonから購入した場合に、管理人が手数料を受け取ることがあるリンクが含まれています。

  1. アロエベラの効果・効能

    アロエベラ

    【知っておきたい】アロエベラの効果・効能が病気予防にイチオシなわけ。
  2. お金をかけずに健康長寿

    電子書籍

    『お金をかけずに健康長寿 アンチエイジングの鍵は「ストレス」が握っている。』
  3. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
  4. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  5. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 

    電子書籍

    『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』Kindle出版の…
PAGE TOP