「ひとり」「ソロ」で生きていくために必要なこととは?

生き方

「ひとり」「ソロ」で生きていくために必要なこととは? 『「孤独」のちから』2

「ひとり」「ソロ」で生きていくために必要なこととは?

孤独でつらい時こそ、心の支えになってくれる、いつも見守ってくれる存在が必要です。

 

前回の記事では、『「孤独」のちから』という一冊を取り上げ、ひとり時間を大切にするための<マイ・スペース>について述べましたが、今回は、「ひとり」で生きていくためには、自分のことを見守ってくれる存在が必要であるということについてです。

 

これは私自身の経験ですが、集団やコミュニティ、インターネットのなかで「つながっている」はずのに、どういうわけか孤独だと感じてしまう理由は、自分が誰からも関心を持たれず、孤立無援の状態に陥り、本当にひとりぼっちになってしまうことに恐怖と不安を感じているからだと思われます(だからこそ、どうしても誰かとつながらなくてはならない、とつながることに依存してしまうのです)。

しかし『「孤独」のちから』のなかで、臨床心理士である諸富祥彦氏が、

 

 ひとりでも生きていくために必要なのは、逆説的ですが、「この人だけは私を見捨てない」という人の存在です。ひとりでたくましく人生を歩んでいくことを選ぶからこそ、いざとなれば「この人だけは何があっても見守ってくれている。支えてくれる」という人を見つけて、心にとめておいてほしいのです。

自分が落ち込んでいるときも、失敗したときも、挫折したときも、仲間はずれになったときも、どんなときでも自分を見放さない人。そういう人の存在を心にとめておくことで、ひとりでいる不安や恐怖を乗り越えることができるのです。

 

と述べていることは傾聴に値します。

 

しかしそういう、いざとなったら支えてくれる人が身近に一人もいないから孤独なんだ、孤独であることについて悩んでいる、と思われる方も多くいらっしゃるかもしれません。

このことに関しては、諸富氏は、「亡くなったおじいさん、おばあさんなど、この世にいない人」や「歴史上の人物、芸能人、小説や映画や漫画の主人公でもオッケー」であるとしており、

「要は、その人が実在しようとしまいと、その人のスピリットをありありと感じることができればいいわけです」

と述べています。

 

私自身がそうでしたが、もし一人であることがつらい時に身近に頼れる人がいない場合は、心の支えになってくれる、いつも見守ってくれる存在が必要になってきます。

(ちなみに『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方』のなかで述べましたが、仏教に関心を持ち始めた30代から現在に至るまで、私の心の拠り所はブッダです)。

 

なぜ今ブッダの教えが重要なのか?【最初に苦しみの矢を抜く】

 

もう一つ、真に孤独を生きるために大切なのは、自分で自分の人生を肯定することであるように思います。

諸富氏は、

 

 自分が自分の人生を肯定しなくては、ひとりで自分らしい人生を生きていくことはできません。そのためには、少なくとも「自分だけは自分の味方だ。自分だけは自分を見捨てない」という決意が必要になってくるのです。

 

と述べていますが、自分自身の境遇を悲観的に眺め、ひとりである自分のことを痛めつけるのではなく、いわゆる「自己肯定感」(容貌や学歴など条件付きでもなく、ただ、いま生きている自分を素直に、かけがえのない存在として認めてあげるということ)を高めたり、すぐに高められなくても、瞑想やセルフ・コンパッションなどの習慣によって、長い目で見て育てていったりすることが重要なのであると考えられます。

 

諸富祥彦『「孤独」のちから』

多くの人は、深い孤独に陥ったときに、「この世に自分の味方なんか誰もいない!」と思い込んでしまいます。「この人だけは私を見捨てない」はずの人さえ「自分のことをわかってくれない」と思ってしまうこともあるでしょう。そうして「誰もわかってくれないならもういい!」と人生を投げ出してしまうのです。

自分が自分の人生を肯定しなくては、ひとりで自分らしい人生を生きていくことはできません。そのためには、少なくとも「自分だけは自分の味方だ。自分だけは自分を見捨てない」という決意が必要になってくるのです。

自分がとことん自分の味方でいられるためには、自分の心の動きのすべてを――それが憎しみであれ、みにくい妬みであれ、怒りであれ――深いところで、受け入れていくことが必要です。

(諸富祥彦『「孤独」のちから』 78頁)

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

マインドフルネス生活シリーズ第9弾

『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方 孤独なのに、つながっている。』

Amazon Kindleで販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ココアの「うつ」な気分をやわらげる効果とは?
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  3. 『毒だらけ 病気の9割はデトックスで防げる!』で毒出し生活。
  4. 『ここまでわかった 水素水最新Q&A』で知りたい水素効果のウソ・ホント。
  5. 空腹力がミトコンドリアを強くする・増やす。

関連記事

  1. 自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。

    生き方

    自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。

    自分自身を大切にすることで、いつもの「脳」が変わる生き方を始め…

  2. 「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の<生きる喜び>【いつもの脳を変える生き方】

    生き方

    「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の生きる喜び【いつもの脳を変える】

    「今・ここ」を意識することで、いつもの「脳」が変わる生き方、始めて…

  3. 本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見できる理由とは?

    孤独論

    本当の孤独に出会うと新しいネットワークを発見できる理由とは?

    新年度がスタートしたとはいえ、毎日が孤独でつらいとお悩みではあ…

  4. ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。

    言葉

    ひとりであっても「読書」によって誰かとつながる。【孤独なのに、つながっている】

    SNSでつながっているのに孤独、いつもひとりであることにお悩み…

  5. 孤独感につきまとわれることの問題点とは? 『孤独の科学』

    孤独論

    孤独感につきまとわれることの問題点とは? 『孤独の科学』

    コロナ禍や新年度の始まりなど、日頃から孤独感につきまとわれ、ひ…

  6. むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    孤独論

    むなしさを解消するヒントとはー『〈むなしさ〉の心理学』

    毎日生きていることがどこか<むなしい>、モノはあふれているけど…

特集記事

  1. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!
  2. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  3. 天然・純粋・生蜂蜜が免疫力をアップさせる。
  4. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  5. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

オススメ記事

  1. 便秘を解消していくために、なぜ生活習慣が大切なのか?【腸を元…
  2. 『孤独×マインドフルネスで「ひとり時間」を味わう生き方』Ki…
  3. ジャラハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  4. 太古からの栄養源「スピルリナ」の効果・効能とは?
  5. 生ハチミツはビタミンの補充に効果的。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  2. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

    電子書籍

    『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  3. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  4. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】

    孤独論

    瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  5. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣

    電子書籍

    『森林浴×マインドフルネスでこれからの健康管理』Kindle本加筆修正のお知らせ…
PAGE TOP