ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

油の摂り方

ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

今回は、ギー(GHEE)の効果・効能は油を変える健康生活に注目なわけについてです。

ギー(Ghee)とは、無塩発酵バターから水分やタンパク質を取り除いた純粋な油であり、滋養があるうえ、栄養の消化・吸収を助けるとされています。

そしてこのギーは、インド、スリランカの伝統医療であるアーユルヴェーダでは、

  • 治療
  • 食用
  • 外用

として使用されており、特にアーユルヴェーダにおける3つの基本的なエネルギーのうち、「ヴァータ」と「ピッタ」を整える作用があるといいます。

 

ギーはヘルシーなオイル

また、ギーは

  • 免疫力アップ
  • ダイエット
  • アンチエイジング

などに効果を発揮するヘルシーなオイルとして、有名モデルや海外セレブなど、健康や美容に対して特に関心が高いひとたちの間で、近年、注目が集まっています。

 

ギーに含まれる栄養素・成分は?

ギーに含まれる栄養素・成分は?

では、ギーにはどのような栄養素・成分が含まれているのでしょうか?

ギーの脂肪酸は約7割が飽和脂肪酸で約3割が不飽和脂肪酸ですが、このギーにはエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸や、脂肪の分解や燃焼を促す効果があるとされる共役リノール酸、さらにビタミンAやビタミンD、ビタミンEなどの栄養素が含まれています。

 

このギーに関して、上馬場和夫氏は『なぜ人は病気になるのか アーユルヴェーダで超える健康と病気』(出帆新社)のなかで、

「ギーは甘い味で、冷ます作用があり重くて油性ですが、適量ならば消化を刺激します。そして、若返り作用、視力改善作用、顔色をよくしたり、オージャス(活力素)や美しさを高め、知性と声をよくする作用をもっています」

と述べています。

 

 

グラスフェッドバターより作られたギーは良質。

グラスフェッドバターより作られたギーは良質。

ところで、広大な牧草地で牧草だけを食べ、ストレスがなく育てられた牛から絞った乳で作られたバターは「グラスフェッドバター」と呼ばれています。

そして、このグラスフェッドバターから作られたギーは最高級だとされています。

 

ちなみに、グラスフェッドバターより作られた本当に良質なギーであれば、遺伝子組み換えの穀物飼料、化学肥料、ホルモン剤や抗生物質などの影響を心配する必要はありません。

また、グラスフェッドバターより作られたギーは、乳糖やカゼインをほぼ含まないとされているため、乳頭不耐症や牛乳アレルギーの方は、バターよりも、ギーを選んでみると良いかもしれません。

 

スリランカ産 100% グラスフェッドギー 200g

こちらはスリランカ産 100% グラスフェッドギー 200g。大自然の残るスリランカで、放牧・牧草のみで飼育された乳牛から採取した牛乳のみを使用。毎日の食生活にオススメです。

 

以上ここまで、ギー(Ghee)について述べてきましたが、調理の際、普段使っているサラダ油の代わりにギーを替えれば、免疫力アップや生活習慣病予防など、様々な健康効果が期待できそうです。

ちなみにギーは自宅で手作りすることも出来ます。作り方についてはこの記事では割愛しますが、意外と簡単ですので、わざわざ買うのが嫌だという方は、ご自身で手作りしてみてはいかがでしょうか?

 

ギーはマッサージオイルとしてスキンケアにも使える。

ギーはマッサージオイルとしてスキンケアにも使える。

また、ギーは、抗炎症作用や保湿効果があるため、食べるだけではなく、スキンケアに利用することもできます。

実際、アーユルヴェーダではマッサージオイルとして使用されていますので、乾燥肌が気になる場合、肌のカサカサした部分に塗ってみると良いかもしれません。

ただし、ギーには独特の匂いがありますので、香りに敏感な方は、外出前に肌に塗るよりは、就寝前の入浴中などに使うことがオススメです。また、ココナッツオイルとギーをブレンドしたものも販売されていますので、そのような製品をスキンケアのために利用してみるのも良いと思います。

 

ココナッツオイルとギーをブレンドしたもの

ちなみに、ギーを摂取するうえでの注意点としては、いくらカラダに良いとはいっても、油ですので摂り過ぎないようにすることが挙げられます。

さらにアーユルヴェーダでは、同じくオージャスを高める食材である非加熱のはちみつとの同時摂取は避けたほうがよいとされています。

 

 ギーはバターから水分とたんぱく質を取り除いて得られる油脂で、精製バターとも呼ばれます。インドでは古くから料理や祭祀、医療用に用いられてきました。

食用として用いられた場合、オイルでありながら栄養の消化・吸収を助け、ヴァータ、ピッタを鎮静化します。特に生姜を入れるとカファをも鎮静化し(チャラカ Ⅰ・十三・十三)、健康な人のコレステロールを上げる心配もありません。塗布用にしても、肌の炎症を鎮め、潤いと輝きを与えます。

(青山圭秀『大いなる生命学』p264)

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. はちみつ塩ウォーターで夏バテ対策・水分補給。
  2. ココナッツオイルがアルツハイマー型認知症の改善に効果的な理由とは?
  3. 完璧を目指さないデトックスでアトピー改善。
  4. 【知っておきたい】免疫とストレスの関係とは?
  5. 日光浴・ビタミンD・メラトニンが慢性炎症を抑える理由とは?

関連記事

  1. 日清オイリオの有機ココナッツオイルは健康生活にオススメ

    油・オイル

    日清オイリオの有機ココナッツオイルはこだわりの高品質。

    今回は、日清オイリオの有機エキストラバージンココナッツオイルが…

  2. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。

    スキンケア

    ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。

    当ブログでは令和の時代の真のヘルスケアについて述べていますが、…

  3. 油のことで知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    油・オイル

    オイル摂取で知っておきたい飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いとは?

    今回は、脂質・油の摂り方に関する、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違…

  4. ギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方法

    油の摂り方

    ギー(ghee)をアトピー改善にうまく役立てる方法とは?

    今回はギー(ghee)をアトピーの改善にうまく役立てるための方…

  5. サラダ油を控えることが糖尿病対策につながるワケ

    油の摂り方

    サラダ油を控えることが糖尿病対策につながる理由とは?

    今回はサラダ油を控えることが糖尿病対策につながる理由についてで…

  6. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ヘルシーなココナッツオイルを毎日の食生活にとりいれてみませんか…

特集記事

  1. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  2. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  3. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  4. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  5. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

オススメ記事

  1. 【歩く瞑想】ウォーキング・マインドフルネスで現在(いま)と身…
  2. 水素水と本当のアンチエイジングの関係とは?-『なぜ水素で細胞…
  3. 🍯はちみつは殺菌効果が強い🍯【知ってトクする】
  4. 蜂蜜は果糖もスゴかった🍯『自然治癒はハチミツから ハニー・フ…
  5. 呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 殺菌・抗菌力が強いマヌカハニー。

    ハチミツ

    天然はちみつ「マヌカハニー」で免疫力アップ。
  2. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。

    効果・効能

    「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  5. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。

    酵素

    酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸健康。
PAGE TOP