ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー

ローヤルゼリー

ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー。

当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書いていますが、今回は、ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリーがオススメであるということについてです。

 

過度のストレスや寒暖差によって、知らないあいだに自律神経のバランスが乱れてはいませんか?

特に寒暖の差が激しい時期は、突然の気温の変化が生体にとってストレスになり、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで、急な体調不良に陥ったり、やる気がでなかったり、うつの症状がでてきたりします。また、自律神経の乱れは、肌荒れやアトピー性皮膚炎の症状といった、お肌の健康とも関係してきます。

今回は、そのような自律神経の乱れに対してオススメな食材として、「ローヤルゼリー」をご紹介したいのです。

 

その理由は、全身の自律神経を動かし、調整している司令塔は脳の下垂体のすぐ上にある視床下部だとされていますが、ローヤルゼリーは、視床下部の「間脳」に働きかけることで、自律神経の司令塔を活性化してその機能を高めるというからです。(参考 『ロイヤルゼリー小事典』 現代書林)。

特にローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、神経伝達物質であり、副交感神経に関与して自律神経の乱れを調整し、イライラやめまいなどの症状を改善する効果があるとされています。

 

また女性の更年期障害の症状を緩和する効果も期待できるといいます。

さらにローヤルゼリーに特有の脂肪酸であるデセン酸も、自律神経失調症に有効であるといわれています。

 

ナトゥリープレミアム生ローヤルゼリー

 

以上この記事では、自律神経が乱れたら生ローヤルゼリーがオススメであるということについて述べてみました。

もし心理的ストレスや急な気温の変化によって自律神経のバランスが乱れ、体調不良やイライラ、無気力、低体温などに悩まされている場合は、自律神経のバランスを整えるために生ローヤルゼリーを試してみるとよいかもしれません。

 

ローヤルゼリーに含まれる栄養素・天然成分

ローヤルゼリーに含まれる栄養素・天然成分

  • ビタミン類・・・ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビオチン、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、アセチルコリン、イノシトール
  • ミネラル類・・・鉄 、銅 、亜鉛 、マンガン、マグネシウム 、カルシウム
  • アミノ酸・・・アスパラギン酸、グルタミン酸、セリン、アルギニン、プロリン、チロシン、グリシン、アラニン、システイン、タウリン、β-アラニン、γ-アミノ酪酸、オキシプロリン
  • 必須アミノ酸・・・ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、リジン、バリン、スレオニン、ヒスチジン
  • 特有成分・・・デセン酸、類パロチン、ピオプテリンなど

 

生ローヤルゼリーの効果的な摂取方法・注意点

生ローヤルゼリーの効果的な摂取方法・注意点

生ローヤルゼリーは、1日300~3gを標準量として摂取するのが望ましいとされています。しかし、そのまま摂取すると、特有の酸味や風味が気になって毎日続けるのが難しいと感じられるかもしれません。その場合は、はちみつに混ぜてから摂取すると、食べやすくなります。

 

また、ローヤルゼリーはアレルギー反応を引き起こし、ひどい時にはアナフィラキシーに至ることもあるとされているため、何らかの食物アレルギーや喘息を患っている方が摂取する場合は、注意が必要です。

さらに、生のローヤルゼリーは変質・劣化が早いため、およそ3ヵ月以内は冷蔵で保管し、早めに食べきる必要があります。もし封を開けずに長期保管する場合は、必ず冷凍にして保存する必要があります。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. カルディで買える「ナチュロニーカナデイアンハニー」は容器も便利。
  2. 蜂蜜の糖質(ブドウ糖・果糖)はエネルギーになりやすい。
  3. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』加筆修正しました!
  4. リーキーガット症候群がアレルギーと体調不良の原因になるわけ。
  5. はちみつブルーベリーは簡単・ヘルシーすぎるおやつ。

関連記事

  1. ストレス

    腸内フローラ

    過度のストレスは腸内環境悪化の原因に。

    今回はストレスが腸内環境を悪化させる原因になるということについ…

  2. テロメア・エフェクト

    ストレス

    健康長寿のためには「ストレス」に対処せよー『テロメア・エフェクト』2

    終わりの見えないコロナ禍の日々、うまくストレスに対処することが…

  3. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

    メンタルヘルス

    【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方とは?

    心の免疫力をアップして、ストレスに負けない生き方、始めてみませ…

  4. ゆっくり呼吸で自律神経のバランスを整える。

    自律神経のバランス

    ゆっくり呼吸が自律神経のバランスを整える。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回…

  5. テロメア・ストレス・マインドフルネス

    マインドフルネス

    テロメア・ストレス・マインドフルネス。

    今回はテロメアの短縮をもたらす「ストレス」への対策にはマインド…

  6. ミトコンドリアを弱らせる原因「ストレス」とは何か?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを弱らせる原因「ストレス」とは何か?

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

特集記事

  1. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  3. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  5. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

オススメ記事

  1. いのちの働きを感じることがうつを解消していく。
  2. 本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  3. マヌカハニーが美容・美肌に効果的なワケとは?
  4. 糖質制限は炭水化物を減らすではなく「選ぶ」が大切。
  5. 知っておきたい『水素分子はかなりすごい』理由とは?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  2. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  3. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

    電子書籍

    『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
  4. 話題の乳酸菌が16種類・500億個の「乳酸菌革命」とは?

    乳酸菌

    人気の乳酸菌が16種類・500億個の<乳酸菌革命>とは?
  5. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

    発酵食品

    なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
PAGE TOP