ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー

ローヤルゼリー

ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー。

当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書いていますが、今回は、ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリーがオススメであるということについてです。

 

過度のストレスや寒暖差によって、知らないあいだに自律神経のバランスが乱れてはいませんか?

特に寒暖の差が激しい時期は、突然の気温の変化が生体にとってストレスになり、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで、急な体調不良に陥ったり、やる気がでなかったり、うつの症状がでてきたりします。また、自律神経の乱れは、肌荒れやアトピー性皮膚炎の症状といった、お肌の健康とも関係してきます。

今回は、そのような自律神経の乱れに対してオススメな食材として、「ローヤルゼリー」をご紹介したいのです。

 

その理由は、全身の自律神経を動かし、調整している司令塔は脳の下垂体のすぐ上にある視床下部だとされていますが、ローヤルゼリーは、視床下部の「間脳」に働きかけることで、自律神経の司令塔を活性化してその機能を高めるというからです。(参考 『ロイヤルゼリー小事典』 現代書林)。

特にローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、神経伝達物質であり、副交感神経に関与して自律神経の乱れを調整し、イライラやめまいなどの症状を改善する効果があるとされています。

 

また女性の更年期障害の症状を緩和する効果も期待できるといいます。

さらにローヤルゼリーに特有の脂肪酸であるデセン酸も、自律神経失調症に有効であるといわれています。

 

ナトゥリープレミアム生ローヤルゼリー

 

以上この記事では、自律神経が乱れたら生ローヤルゼリーがオススメであるということについて述べてみました。

もし心理的ストレスや急な気温の変化によって自律神経のバランスが乱れ、体調不良やイライラ、無気力、低体温などに悩まされている場合は、自律神経のバランスを整えるために生ローヤルゼリーを試してみるとよいかもしれません。

 

ローヤルゼリーに含まれる栄養素・天然成分

ローヤルゼリーに含まれる栄養素・天然成分

  • ビタミン類・・・ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビオチン、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、アセチルコリン、イノシトール
  • ミネラル類・・・鉄 、銅 、亜鉛 、マンガン、マグネシウム 、カルシウム
  • アミノ酸・・・アスパラギン酸、グルタミン酸、セリン、アルギニン、プロリン、チロシン、グリシン、アラニン、システイン、タウリン、β-アラニン、γ-アミノ酪酸、オキシプロリン
  • 必須アミノ酸・・・ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、リジン、バリン、スレオニン、ヒスチジン
  • 特有成分・・・デセン酸、類パロチン、ピオプテリンなど

 

生ローヤルゼリーの効果的な摂取方法・注意点

生ローヤルゼリーの効果的な摂取方法・注意点

生ローヤルゼリーは、1日300~3gを標準量として摂取するのが望ましいとされています。しかし、そのまま摂取すると、特有の酸味や風味が気になって毎日続けるのが難しいと感じられるかもしれません。その場合は、はちみつに混ぜてから摂取すると、食べやすくなります。

 

また、ローヤルゼリーはアレルギー反応を引き起こし、ひどい時にはアナフィラキシーに至ることもあるとされているため、何らかの食物アレルギーや喘息を患っている方が摂取する場合は、注意が必要です。

さらに、生のローヤルゼリーは変質・劣化が早いため、およそ3ヵ月以内は冷蔵で保管し、早めに食べきる必要があります。もし封を開けずに長期保管する場合は、必ず冷凍にして保存する必要があります。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 身体のためにとにかく歩け!!-『サピエンス異変』
  2. 天然ハチミツジャングルハニーの驚きの効果・効能とは?
  3. 知ってトクする葉酸の働き・役割とは?
  4. 純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
  5. 入浴中のココナッツオイルでスキンケア&乾燥肌対策。

関連記事

  1. ビタミンCがストレス対策に必要不可欠なわけ

    健康

    ビタミンCのこまめな摂取はストレス対策に効果的。

    今回はビタミンCのこまめな摂取はストレス対策に効果的なわけにつ…

  2. 心身を蝕む「キラーストレス」が怖いのは本当

    うつ

    心身を蝕むキラーストレスが怖いのは本当なわけ。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回…

  3. マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    メンタルヘルス

    マインドフルネス瞑想はマルチタスクによる注意力散漫/イライラ対策に効果的。

    毎日忙しすぎたり、やりたいことが多すぎたりして、心がイライラ/…

  4. 免疫力を上げるには自律神経のバランスが大切―安保徹『免疫進化論』『免疫革命』

    自律神経のバランス

    免疫力を上げるには自律神経のバランスが大切―安保徹『免疫進化論』『免疫革命』

    普段からマスクや手洗いといった対策はしっかりしているものの、ど…

  5. 【知っておきたい】免疫とストレスの関係とは?

    免疫力

    【知っておきたい】免疫とストレスの関係とは?

    当ブログではハチミツとミトコンドリアを中心に、これからのヘルス…

  6. トランス脂肪酸が体に悪いわけ

    活性酸素(フリーラジカル)

    ストレス・活性酸素を減らすことでアトピー改善。

    今回はストレスや活性酸素を減らすことがアトピーの改善につながる…

特集記事

  1. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!
  2. プチゆるダイエットは「スーパーフード」で気持ちよく
  3. ヘンプシードの免疫系に作用する働き
  4. 般若心経の【色即是空】を感じることが心身のバランスを整え、一日一日を幸福にする。にある
  5. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

オススメ記事

  1. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  2. 「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。
  3. ハチミツの強い保湿力で乾燥肌対策。
  4. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  5. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』

    電子書籍

    『はちみつ・ミトコンドリア・腸健康法 これからの免疫力を高める生き方』のお知らせ…
  2. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  3. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    電子書籍

    『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しま…
  4. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  5. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?

    ミトコンドリア

    ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っておきたい】
PAGE TOP