「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の<生きる喜び>【いつもの脳を変える生き方】

生き方

「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の生きる喜び【いつもの脳を変える】

「今・ここ」を意識することで、いつもの「脳」が変わる生き方、始めてみませんか?

「今・ここ」を意識することで、いつもの「脳」が変わる生き方、始めてみませんか?

前回は、【いつもの脳を変える生き方】として、

「今・ここ」は<ドーパミン的生き方>を変えるために重要である

ということについて書きました。

 

特にダニエル・Z・リーバーマン氏らの『もっと! 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』を取り上げ、「もっと! もっと!」と欲しがるドーパミンとのバランスをうまくとり、良い人生を送るためには、

  • ドーパミンに対抗するドーパミン
  • H&N神経伝達物質(セロトニン、オキシトシン、エンドルフィン、エンドカンナビノイド)」

などが重要になってくるということについて述べました。

 

「熟練の技を磨くこと」でドーパミンとうまくバランスをとる。

さらにリーバーマン氏らは『もっと! 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』のなかで、ドーパミンとうまくバランスをとるために有効なこととして、

「熟練の技を磨くこと」

を挙げています。

 

 熟練の技とは、特定の状況セットから最大限の報酬を引き出す能力を意味する。(中略)

熟練の技を身につけた瞬間に、利用可能な資源を最後の一滴まで絞り出すというドーパミンの野望は頂点に達する。ドーパミンにとってはそれがすべてだ。そしてその瞬間は、味わうべきいま現在のものになる。熟練の技を獲得した時点で、ドーパミンはH&Nに屈服する。できることをすべてやりとげたドーパミンは停止し、幸福の回路を突き進むH&Nに道を譲る。短いあいだかもしれないが、その瞬間にドーパミンが満足感に抗うことはない。ドーパミンはその瞬間を受け入れる。恩恵に浴するのなら、よくできた仕事の恩恵に浴するに越したことはないからだ。

(『もっと! 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』 ダニエル・Z・リーバーマン、マイケル・E・ロング 著 梅田智世 訳 インターシフト 302‐303頁) 

 

「創造」もドーパミンとのバランスを促進する。

『もっと! 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』

そしてもうひとつリーバーマン氏らが挙げているのは「創造」です。

しかしここでいう「創造」とは、絵画や彫刻などで優れた芸術作品を生み出したり、テクノロジーの分野などで、これまでなかったモノを未来の観点から新たに創り出したりするといったことではありません。

 

リーバーマン氏らは、

「創造は、ドーパミンとH&Nを混ぜあわせる優れた手段だ」

としたうえで、「誰でも実践できる、もう少し普通の形の創造もある。ドーパミン的な支配ではなく、バランスを促進する創造行為だ」として、以下のように述べています。

 

 木工、編み物、絵画、装飾、裁縫は、現代の世界ではあまり関心を引かない古風な活動だ—―けれども、ポイントはまさにそこにある。こうした活動には、スマートフォンや高速インターネットは必要ない。これらの活動をつうじて新しいものを生み出すためには、脳と手を連動させることが求められる。まず、想像力を使って着想を得る。それを実行するための計画を立てる。そのあとで、手を使って現実のものにする。

同上 312頁

 

「自動操縦」に頼ると生きていることの<実感>そのものが失われてしまう。

「自動操縦」に頼ると生きていることの<実感>そのものが失われてしまう。

ところで私自身、ドーパミンに頼らない幸福感や充実感、「生きる喜び」、満ち足りた感覚、達成感などは、一体何によってもたらされるのだろうと考えることがあります。

その答えはおそらく、デジタル化・オンライン化が進む社会において、スマートフォンを眺め続けたり、自分自身の思考や運動をテクノロジーに委ねたりするのとは別の仕方にあるのだと思われます。

たとえば、その一つには、「手」や「足」を含めた自分自身の「身体」によって練習を繰り返したりスキルを磨いたり、武道など探究を続けたりすることで、これまで出来なかったことを成し遂げていくことが挙げられます。

 

もし試行錯誤を繰り返すことによって、新しいスキルを習得したり、目の前の困難な課題を克服したり、さらには今までは考えられなかった視点から新しいものを「創造」したりすることが出来れば、目の前の風景は以前とは違って見えるようになります。

すなわちこのことは、いつもの「自分」が変わるということなのです。

 

反対に「今・ここ」を意識することなく、何をするにも無意識的な「自動操縦」になってしまうと、生きていることの実感そのものが失われてしまうのではないでしょうか?

ちなみに「自動操縦」とは、(脳の大脳基底核が関わる)あえて意識しなくても特定のタスクをこなせることであり、いわゆる「ながら仕事」が出来るということです。

 

例えば車の運転は、免許を取得したばかりの時は余計な考え事をする余裕はなかなかありませんが、運転が上達すると、身体が憶えた手続き記憶によってハンドル操作をしながらこれからの予定や仕事の段取りなどについて考えたりすることができます。

しかし、とはいっても運転中にスマホなど他のことに気をとられてしまうと、注意力が散漫になり、事故に遭う確率が高くなってしまいます。

また身体を動かしたり自分の頭で考えたりすることが面倒だからといって、家事や移動などをテクノロジーによる「自動操縦」に頼りきってしまうと、ほとんど座りっぱなしになり、自分の身体を動かさなくなり、掃除や運転などでせっかく習得したスキルの能力も低下してしまいます。

テクノロジーそのものを否定するつもりはありませんが、何でもテクノロジーの自動操縦モードに頼ってしまうと、生きる歓びを失ってしまったり、自分の意志によって生きることを放棄してしまったりすることにどこかつながるのではないでしょうか?

 

そういう意味でも、オートメーション化・リモート化が進む社会において大事なのは、自分自身の身体を使った創造や、もしくは瞑想、ヨガなどによって「今・ここ」を意識するということなのであると考えられるのです。

そしてこのことは「もっと! もっと!」と欲しがるドーパミンとのバランスをうまくとることにもつながります。

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方 もっと「今・ここ」を生きるための瞑想入門

Amazon Kindle で販売中です😊

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 『縄文人の世界観』から知る古代日本の叡智。
  2. 知ってトクするビタミンB6の働き・役割とは?
  3. 『ライフスパン 老いなき世界』は「老化」を「病気」と捉えている。【要約・読書感想…
  4. ゴジベリー(クコの実)のスーパーフード効果が注目なわけ。
  5. 天然ハチミツジャングルハニーはアミノ酸が2.9倍!

関連記事

  1. 腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。

    生活習慣

    腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。【腸を元気にする生き方】

    腸内環境を整えるには、食事だけではなく、運動や瞑想といった日々…

  2. マインドフルネスが自分のこだわりから距離を置くのに役立つわけとは?

    マインドフルネス

    マインドフルネスで自分のこだわりから距離を置く。-『あなたの脳は変えられる』3

    脳は休んでいるつもりでも常に活動し、エネルギーを消費しているこ…

  3. 生活環境を変えてアトピー改善

    生活習慣

    生活環境を変えることがアトピーの改善につながる。

    今回は生活環境を変えることがアトピーの改善につながるということ…

  4. マインドフルネス瞑想は繰り返し練習することで効果を発揮する。【いつもの脳を変える】

    生き方

    マインドフルネス瞑想は繰り返し練習することで効果を発揮する。【いつもの脳を変える】

    マインドフルネス瞑想を繰り返し練習することで、いつもの脳のパタ…

  5. そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい】

    生活習慣

    そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい】

    人生100年時代に、真の健康や幸福を実現するための鍵となるのは…

  6. 『あなたの脳は変えられる』の【「やめられない! 」から抜け出す方法】とは?

    マインドフルネス

    『あなたの脳は変えられる』の【「やめられない! 」から抜け出す方法】とは?

    スマホのゲームなど、精神的なストレスを感じる度に、「わかっちゃ…

特集記事

  1. ストレス・慢性炎症・生活習慣病を防ぐためのセルフケア習慣
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  3. 天然・純粋・生蜂蜜が免疫力をアップさせる。
  4. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  5. 知腸内環境の改善が免疫力を高める

オススメ記事

  1. ハチミツ+クエン酸の疲労回復効果が絶大なわけ。
  2. 新しい未来の宗教「データ至上主義」とは何か?-『ホモ・デウス…
  3. 【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナう…
  4. 『糖尿病は〝砂糖〟で治す!』から考える糖の重要性。
  5. 食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  2. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】

    孤独論

    瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  3. マインドフルネス瞑想のやり方・方法・注意点とは?

    マインドフルネス

    【マインドフルネス瞑想】始めるためのやり方・方法・注意点とは?
  4. はちみつの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたい【天然・生はちみつの効果・効能】とは?<保存版>
  5. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

    森林浴

    森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは?
PAGE TOP