知ってトクするビタミンB群の役割・効果効能とは?

ビタミン

知ってトクするビタミンB1の働き・役割とは?

今回は、ビタミンB₁の働き・役割についてです。

一般的にビタミンB₁には、以下のような効果効能・役割があるとされています。

  • 糖質の代謝に関わり、糖をエネルギーに変える。
  • アルコールの代謝に関与。
  • 神経の働きを正常に保つ。

 

ビタミンB1は水溶性ビタミンの一つで、チアミンとも呼ばれており、糖質の代謝に深く関わっていることで知られています。

私たちがエネルギー源として最も多く摂取するのは糖質ですが、その糖質が水と二酸化炭素に分解する過程で、エネルギーが作られています。まず、解糖系と言われる代謝経路でグルコースからピルビン酸になります。

そして、エネルギーを産生するTCAサイクル(クエン酸回路)に入り、アセチルCoAを経て、水と二酸化炭素に分解されます。

 

体内に吸収されたビタミンB1のほとんどは、リン酸と結合してチアミンピロリン酸(TPP)となり、このような解糖系と言われる代謝経路で補酵素として働いています。

このTPPは糖質からエネルギーを産生するために、大量に必要になってくるため、糖質を多く摂取した場合は、その分だけ、ビタミンB1の必要量は多くなります。

また、ビタミンB1はアルコールを分解する際にも消費されるため、お酒をよく飲むという方は、ビタミンB1の不足に注意する必要があります。

 

ビタミンB₁を多く含む食品は?

ビタミンB1が含まれた食材は、みそ汁やスープにすると、効果的に摂ることが出来ます。

ちなみに、ビタミンB1は水溶性のため、煮汁やゆで汁に成分が溶けだしても摂取できるように、ビタミンB1が含まれた食材は、みそ汁やスープにすると、効果的に摂ることが出来ます。

 

ビタミンB₁を多く含む食品としては、豚肉やウナギの蒲焼、そばや玄米、ビーポーレンなどが挙げられます。

欠乏症としては、脚気やウェルニッケ脳症などの神経障害、全身倦怠、疲労感などが挙げられます。また、過剰症については、ビタミンB₁は体内にほとんど貯蔵されないため、心配ないとされています。

 

以上が、ビタミンB₁の働き・役割についてです。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 習慣は自分の人生を「理想郷」にするために大切ー『人生を変える習慣のつくり方』
  2. ルイボスティーでアトピー改善生活。
  3. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
  4. 蹲踞(そんきょ)で身体の歪みを正してバランスを整える。
  5. 糖質制限は炭水化物を減らすではなく「選ぶ」が大切。

関連記事

  1. ビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子

    酵素

    ビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子。

    今回はビタミン・ミネラルは酵素のための補酵素・補助因子だという…

  2. 当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法について書いていますが、今回は、ビタミンCの役割や効果・効能についてです。

    ビタミン

    知っておきたいビタミンAの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンAの役割や効果・効能についてです。一般…

  3. 知ってトクする葉酸の働き・役割とは?

    ビタミン

    知ってトクする葉酸の働き・役割とは?

    今回は、葉酸の働き・役割についてです。一般的に葉酸には…

  4. ビタミンEの効果・効能が大切なわけ。

    ビタミンE

    知っておきたいビタミンEの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンEの役割や効果・効能についてです。一般…

  5. 知っておきたいビタミンDの役割とは?

    ビタミンD

    知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?

    今回は、ビタミンDの役割や効果・効能についてです。一般…

  6. 知ってトクするビタミンB6の働き・役割とは?

    ビタミン

    知ってトクするビタミンB6の働き・役割とは?

    今回は、ビタミンB₆の働き・役割についてです。一般的に…

特集記事

  1. 短鎖脂肪酸の効果・効能
  2. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣
  3. マインドフルネス瞑想を始める理由とは何か?
  4. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』
  5. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

オススメ記事

  1. 「生活習慣」はアトピーを治していくためのキーワード。
  2. ダイエットしないで健康的に痩せるための方法とは?
  3. 読書の合間にはひとさじのハチミツがオススメ。
  4. 瞑想でいまの瞬間に注意を集中。―『マインドフルネスストレス低…
  5. ゆるやかな糖質制限ダイエットで健康的に痩せるには?

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。

    ハチミツ

    【ジャラハニーの効果・効能】ハチミツ生活のために知っておきたい。
  2. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門…
  3. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  4. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  5. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

    電子書籍

    『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』増補・改訂しました(^^♪
PAGE TOP