ブッダが説いた心の悩み苦しみ、脳のストレスを減らす方法とは?

ブッダ/仏教

ブッダが説いた心の悩み苦しみ、脳のストレスを減らす方法とは?【心の免疫力を高める生き方】

私たちが普段から悩まされているストレスや心の悩み苦しみを、ブッダの教えによって減らせることはご存知でしょうか?

前回の記事では、『脳からストレスを消す技術』を取り上げ、脳が感じるストレスとは何なのかについて述べましたが、今回はブッダ(お釈迦さま)が説いた心の悩み苦しみ/脳ストレスを減らす方法についてです。

 

ブッダのいう「苦」(パーリ語でドゥッカ)とは、心に生じる悩み苦しみのことですが、この「苦」を構成するものは、不満足や痛み、イライラや欲求不満、不快感など多岐にわたります。

すなわち「苦」(ドゥッカ)とは、脳ストレス全般のことを指しているといっても良いのですが、この「苦」が生じてしまうのには、貪欲や怒り、妄想、執着などの「原因」があるのです。

 

ブッダが説いた基本的な教え「四聖諦」とは?

ブッダが説いた基本的な教え「四聖諦」とは?

このことを説明するのは、ブッダが説いた基本的な教えである「四聖諦」(ししょうたい)です。

僧侶であり宗教学が専門の大学教授でもある釈徹宗氏は、『いきなりはじめる仏教生活』のなかで、

「〈四聖諦〉とは、「なぜ苦悩は生じるのか」「どうすれば苦悩を解体できるのか」という仏教の根幹を、因果律の構図で説明したものです

と述べています。

 

「苦諦――生きることが苦悩である 苦の結果」

「集諦――なぜ生きることが苦悩になるかというと、それは無明や執着があるからだ 苦の原因」

「滅諦――苦が消滅した世界 苦を解体した結果」

「道諦――苦は正しい道を歩むことで解体できる 苦を解体する原因」

(釈徹宗『いきなりはじめる仏教生活』 新潮文庫より抜粋)

 

そして、釈徹宗氏は、

 生きることが苦悩である〈苦諦〉とは、〝思い通りにならない〟ということです。そこで、苦悩が生起するメカニズムを知り、苦悩を解体するための実践道を説きます。その実践道(道諦)は〈八正道〉として表現されます。

 

と述べたうえで、「八正道の〈正しい〉というのは、偏りがないことを指します」としています。

したがって心に生じる悩み苦しみや頭のなかのやっかいごと・脳ストレスは、偶然の産物であるためにどうすることも出来ないというわけではなく、物事を正しく観察することで減らすことが出来るのです。

ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

そしてそのための方法が、ブッダが示した、<ヴィパッサナー>と呼ばれる気づきの瞑想法なのです。

 

 悟りを開いたブッダが人類に向かって法(ダンマ)を説いた目的はただ一つ、人々が苦しい生存の状態から解放されることを願ってのことでした。その苦から解放されるための方法としてブッダが提示したものが、ヴィパッサナー瞑想というシステムです。究極の悟りに導くものでありながら、非常にシンプルなやり方なので、誰でもすぐに実践できるし、その効果も速やかに得られるものです。在家の立場で瞑想に取り組もうとする私たちには、最適の方法と言えるでしょう。

(地橋秀雄『ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践』 2頁)

 

「今・ここ」という瞬間に気づくことで、苦しみの矢をとりあえず抜く。

「今・ここ」という瞬間に気づくことで、苦しみの矢をとりあえず抜く。

ちなみにブッダの教えのひとつに、もし毒矢が刺さったならば、その毒はどんな種類のものか、どこから飛んできたのか、誰の仕業か、ということを考える前に、最初にすべきことは矢を抜くことだ、というものがあります。

つまり毒矢を受けた時、あれこれと考えている間に毒が全身にまわってしまったら、命を奪われて考えることすら出来なくなるため、元も子もないのです。

もしかしたら、私たちが普段から抱えている未来への不安や心の悩み苦しみ、やっかいごと、脳ストレスなどについても、この毒矢のたとえと同じことが言えるのかもしれません。

 

すなわち、悩み苦しみの原因を考えるよりも先に、「今・ここ」という瞬間に気づき、正しく観察することによって、苦しみの矢をとりあえず抜くことが大切なんですね。

 

今回はブッダ(お釈迦さま)が説いた心の悩み苦しみ/脳ストレスを減らす方法について述べてみました。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

イライラ・モヤモヤ・ネガティブな気分を減らすための瞑想実践

 

マインドフルネス生活シリーズ第5弾!!

<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方 イライラ・モヤモヤ・ネガティブな気分を減らすための瞑想実践』 塩川水秋 著

AmazonKindleで販売中です(^^♪

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  2. フィトンチッド×マインドフルネスでストレス対策。【森林浴で日々の健康管理】
  3. マヌカハニーは腸内細菌のバランスを整える。
  4. リーキーガット症候群がアレルギーと体調不良の原因になるわけ。
  5. 知っておきたい!そもそもスーパーフード(Super Food)とは?

関連記事

  1. ブッダの大切な教え<慈悲>とは?

    ブッダ/仏教

    ブッダの大切な教え<慈悲>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    コロナ禍の日々がつらいという時こそ、ブッダの教えで気持ちをラク…

  2. 心の苦しみの原因<三毒>「痴(ち)」とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダ/仏教

    心の苦しみの原因<三毒>「痴(ち)」とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    コロナ禍をきっかけに、ブッダの教えでこころをラクにする生き方、…

  3. 心の苦しみの原因<三毒>「瞋(じん)」とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダ/仏教

    心の苦しみの原因<三毒>「瞋(じん)」とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダの教えでこころをラクにする生き方、始めてみませんか?「ス…

  4. 「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    ブッダ/仏教

    「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】

    コロナ禍の日々が苦しいという時こそ、ブッダの智恵で気持ちをラク…

  5. マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    ブッダ/仏教

    マインドフルネス瞑想はビジネスのための道具なのか?『光の中のマインドフルネス』

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福のために、マインドフルネス瞑…

  6. 「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』

    ブッダ/仏教

    「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』

    以前、般若心経を感じることが心身のバランスを整えるということに…

特集記事

  1. マヌカハニーの効果・効能
  2. アロエベラの効果・効能
  3. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  4. 『ホモ・デウス』は心の未来を見据えた書物【感想・書評】

オススメ記事

  1. 『腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方』は食物繊維の大切さ…
  2. 長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法とは?‐『ライフスパン…
  3. プロポリスに含まれる栄養素・成分は?
  4. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌の…
  5. シンギュラリティ仮説と一神教思想の類似点とはー『AI原論』2…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

    油の摂り方

    ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。
  2. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?

    カカオ

    <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。
  3. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  4. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門…
  5. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
PAGE TOP