ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源

ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源。

ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源

今回は、ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源であるということについてです。

以前の記事で、ヘンプシードを未来の健康のためのスーパーフードだとしてご紹介しましたが、そのヘンプシードからタンパク質だけを効率的に摂取したい場合は、ヘンププロテインがオススメです。

そもそもヘンプシード(麻の実)は完全タンパク質の供給源であり、微量ミネラルや必須脂肪酸も豊富に含まれているスーパーフードです。

そしてヘンププロテインは、消化しやすい非常に優れたタンパク質源であるため、アミノ酸を効率よく体内に吸収することによる健康効果が期待できるのです。

 

タンパク質というと、肉や魚からの摂取が望ましいとされていますが、肉や魚からタンパク質を摂取した場合、全てがアミノ酸として体内に吸収されるわけではなく、さらに家畜の化学肥料によるエサや抗生物質といった使用による生育環境の、私たちの健康面に対する影響も懸念されます。

 

たとえば『スーパーフード』(医道の日本社)のなかで、デイヴィッド・ウォルフ氏は、

  • 「動物性食品の摂取は過剰なコレステロール、飽和脂肪酸、体重増加などの副作用があるほか、品質や味も悪く、人口化学物質(農薬、ホルモン注入、動物ワクチン接種など)を使用しているため、重大な問題となりつつあります」
  • 「工場畜産による牛肉、鶏肉、魚はタンパク質含有量が少なく、脂肪や毒性が高いのです」

とし、動物性食品からのタンパク質の摂取を問題視しています。

 

したがって、牛肉や鶏卵といった動物性食品は良質なタンパク質を含む食品だといわれていますが、抗生物質や化学肥料などのによる影響を考えた場合は、動物性の食品ばかりからタンパク質を摂取するのではなく、ヘンプシードをはじめとした有機栽培された植物性の食品から摂るようにすることも、これからの健康を考える上での手段のひとつなのです。

 

ヘンプシードのタンパク質は消化しやすい。

ヘンプシードのタンパク質は消化しやすい。

さらに、デイヴィッド・ウォルフ氏は『スーパーフード』のなかで、ヘンプシードは「グロブリン生成素材の最も優れた供給源」であると、ローフードのカリスマ、述べていることは注目に値します。

ちなみにグロブリンとは、アミノ酸だけで構成される単純な球状タンパク質のことです。

ヘンプシードの65%以上は、グロブリンタンパク質のエディスチンであり、残り35%はアルブミンです。

そして、エディスチンもアルブミンも食べやすく消化しやすいタンパク質の形態だと考えられています。

 

エディスチンやアルブミンの含有量が高いヘンプシードは、「グロブリン生成素材の最も優れた供給源」であり、免疫グロブリンを作り出す力があるといいます。

グロブリンにはアルファ、ベータ、ガンマの三種類があり、これらのうちの特にガンマグロブリンは免疫系に作用するというため、免疫力を維持したり、免疫力を高めたりするのに、ヘンプシード特有のタンパク質は有効だと考えられます。

 

ヘンププロテインはアミノ酸以外の栄養素も豊富。

 ヘンププロテインはアミノ酸以外の栄養素も豊富。

また、ヘンププロテインは、必須アミノ酸と非必須アミノ酸が豊富ですが、タンパク質を構成するアミノ酸以外にも、鉄・銅・亜鉛・マグネシウムなどのミネラル類や、ビタミン類(ビタミンB1,B6)、不溶性⾷物繊維、必須脂肪酸(オメガ3&オメガ6)も豊富に含まれています。

ちなみに、このヘンププロテインは粉末状になっているため、そのままではなく、ヨーグルトなどに混ぜて食べるのがオススメです。

 

以上ここまで、ヘンププロテインは現代人のための貴重なタンパク源であるということについて述べてきましたが、牛肉や鶏卵といった動物性の食品ばかりからタンパク質を摂取するのではなく、有機栽培されたヘンプシードから消化しやすい良質なタンパク質を摂るようにすることも、これからの健康を考える上での手段のひとつなのだと思われるのです。

 

「一般に摂取されている動物性タンパク質と異なり、ヘンプシードは完全タンパク質の純粋な源です。バクテリアを殺すために加熱する必要が全くなく、重要な要素はすべてそのままの状態で残ります。」(デイヴィッド・ウォルフ『スーパーフード』 医道の日本社)

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

関連記事

  1. 日清オイリオの有機ココナッツオイルは健康生活にオススメ

    油・オイル

    日清オイリオの有機ココナッツオイルはこだわりの高品質。

    今回は、日清オイリオの有機エキストラバージンココナッツオイルが…

  2. <奇跡の木>とも呼ばれるスーパーフード「モリンガ」の栄養バランスが注目

    便秘の改善

    奇跡の木「モリンガ」の栄養バランスが便秘解消に注目なわけ。

    今回は、<奇跡の木>とも呼ばれるスーパーフード「モリンガ」の栄…

  3. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ヘルシーなココナッツオイルを毎日の食生活にとりいれてみませんか…

  4. 【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うために最適なワケ。

    ユーグレナ

    【59種類の栄養】ユーグレナ効果が現代食の栄養不足を補うために最適なワケ。

    59種類もの栄養を含み、さらに栄養素の吸収率が高いユーグレナは…

  5. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?

    ハチミツのおともにオススメ、花粉荷、花粉団子などとも呼ばれてい…

  6. <神様の食べ物>カカオの効果・効能が注目なワケ。

    カカオ

    ココアやチョコの原料「カカオ」ってそもそも何?【知っておきたい】

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアについて述べていますが、今回…

特集記事

  1. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  2. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  3. 『<呼吸>に気づくマインドフルネスで心の免疫力を高める生き方』 
  4. 腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。【腸を元気にする生き方】
  5. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

オススメ記事

  1. <慈しみ>と<気づき>は、ブッダの教えを実践するための両輪。…
  2. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り…
  3. 感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、…
  4. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?
  5. マインドフルネス瞑想を長く続けるためのポイントとは?

カテゴリー

『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方』Kindle で販売中です😊

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 生き方そのものを変える可能性がある、真の実用書だと感じたスゴイ3冊+α

    生き方

    生き方そのものを変える可能性がある、真の実用書だと感じたスゴイ3冊+α
  2. アトピーを治していくために続けていきたい生活習慣

    生活習慣

    アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  3. 体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。

    マインドフルネス

    体が硬い人ほど【ゆっくりヨガ】でからだを観察&マインドフルネス。
  4. ダイエットの成功の鍵は腸内細菌の痩せ菌を増やすこと

    痩せ菌ダイエット

    ダイエットの成功の鍵は「ヤセ菌」を増やすこと。
  5. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?【2022年版】
PAGE TOP