「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

マインドフルネス

マインドフルネスの効果「ない」をアリに変えるには?

マインドフルネス瞑想の効果ないをアリに変えるには

マインドフルネス瞑想を試しに始めてみたけれど「効果なし」だった、と思ってはいませんか?

そういうわけで、今回はマインドフルネス瞑想の「効果ない」をアリに変えるにはどうすれば良いのか、ということについてです。

 

近年、マインドフルネス瞑想の効果がテレビ番組や雑誌などで注目されていますが、実際にマインドフルネス瞑想を行ってみたけれど、なかなか効果を感じられない、という方は、意外と多くいらっしゃるのかもしれません(また、「瞑想」というと、どうしても「宗教」を連想してしまうので、とっつきにくい、という方もいらっしゃると思います)。

確かにマインドフルネス瞑想は、実践したとしても、マスメディアが騒いでいるほど、劇的な効果がすぐに与えられるわけではない、と感じられるのは事実です。

しかしだからといって、効果が「無し」というわけではなく、効果を実感できるようになるのは、マインドフルネスの習慣をしばらく地道に続けてからであるように思われるのです。

 

たとえば、前回の記事でご紹介した『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ 著)という一冊においては、

「マインドフルネスとは、自分の体や頭や心のなか、さらに身の回りに起きていることに意識を完全に向けること。批判や判断の加わらない「気づき」」

だと定義されています。

 

マインドフルネスは「気づきのトレーニング」。

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

また、マインドフルネスは「気づきのトレーニング」「心のメンテナンス」であるとし、

「すべてをありのままに受け入れて「今、ここ」にいることを学ぶと、人生の不満の多くは消えていき、小さな喜びをたくさん見出せるようになります」

と述べられています。

 

そして、マインドフルネスとは時間が限られた練習ではなく、「朝起きること、歯を磨くこと、ドアを通ること、電話に出ること、人の話を聞くことなど、日常の当たり前の行動のなかに、深い気づき、好奇心、発見の感覚を見出せるようになると、効果が現れます」としています。

 

マインドフルネス瞑想の効果を実感するために必要な事とは?

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

つまり、最初は誰もが初心者であるため、マインドフルネス瞑想の効果を実感するには、気づきのトレーニングを行う時間がそれなりに必要になってくるのです。

理想的なのは日常生活のなかで常にマインドフルネスであるよう努めることですが、マインドフルネス瞑想を試しに少し実践してみて、うまくできずに効果がないと思ってすぐに止めてしまっては、非常にもったいないのです。

実際のところ、瞑想の初心者の方が、試しにマインドフルネス瞑想を行ってみても、すぐに様々な雑念が浮かんできたり、退屈したりして、長い時間、現在の瞬間に意識を集中させるということは、意外と難しいことが分かります。

 

ですが、最初から瞑想の達人はいませんし、瞑想の達人であっても、やはりそれなりに雑念は浮かんでくるといいます。(浮かんでくる雑念の対処法についてはこちらの記事をご参照ください)。

すなわち、マインドフルネス瞑想の効果ないをアリに変えるには、最初のうちはうまく出来ないと感じたとしても、地道に実践し続けることが大切なのです。

 

マインドフルネスを始めて良かったと思える日はいつかやってくる。

マインドフルネスを始めて良かったと思える日はいつかやってくる。

ちなみに、マインドフルネス瞑想を実践し続けることで、マインドフルネスにスゴイ効果があると感じられる瞬間が実際に訪れるかどうかは分かりませんが、マインドフルネス瞑想を習慣化すれば、効果が「ある」とか「ない」とか関係なく、マインドフルネスを始めて良かったと思える日がいつかやってくるのは確かです。

そして、始めたばかりで、「効果なし」とすぐに自分で判断しているうちは、マインドフルネスの効果が現れないのも確かなのです。

 

以上ここまで、マインドフルネス瞑想の効果ないをアリに変えるにはどうすれば良いのか、ということについて述べてきましたが、重要なのは、まずは1日に10秒でもかまわないので、1分でも生活習慣としてマインドフルネス瞑想を実践し続けることなのです。

 

なお、マインドフルネス瞑想の効用についてはこちらの記事を、具体的なマインドフルネス瞑想の方法については、こちらの記事をご参照ください。

また、先程取り上げた『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ 著 石川善樹 監修 高橋由紀子 訳 日本実業出版社)は、マインドフルネス瞑想を日常生活のなかで実践し続けていくためにオススメの本です。

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 「うつ」な気分をやわらげていくための食事の3つのポイントとは?
  2. タイムのはちみつの効果・効能とは?
  3. 長寿遺伝子を働かせるための効果的な方法とは?‐『ライフスパン 老いなき世界』2
  4. 「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ。
  5. 酵素ドリンク「越後の龍」は腸内環境を整えるのに役立つ。

関連記事

  1. 生活習慣

    人生は常に道半ば、学び(アップデート)の連続である意味とは?

    人生はいつも道半ば、学び(アップデート)の連続であるということ…

  2. 1分間瞑想法

    マインドフルネス

    1分間のマインドフルネス瞑想がうつを遠ざける。

    最近なんだか元気がなくて「うつ」っぽいと感じたら、うつな気分を…

  3. 地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。

    ブッダ/仏教

    地橋秀雄『ブッダの瞑想法』はヴィパッサナー瞑想を始めるための一冊。

    今回は、私が瞑想を始めてみる際に手に取った『ブッダの瞑想法 ヴ…

  4. 体の不調は「首こり」から治す、が正しい

    生活習慣

    「首こり」に気をつけることが心身を整え、うつも防ぐ。

    当ブログでは令和の時代のヘルスケア&セルフケアについて考えてい…

  5. 「気づく」とはどういうことか こころと神経の科学

    マインドフルネス

    『「気づく」とはどういうことか』はマインドフルネスに関心がある方にオススメ。

    当ブログでは、令和の時代の心と身体の健康のために、マインドフル…

  6. 慈悲の瞑想の実践と幸福の関係とは?

    慈悲の瞑想

    慈悲の瞑想の実践と幸福の関係とは?

    今回は、慈悲の瞑想と幸福の関係についてです。21世紀の…

特集記事

  1. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』
  2. 「カカオ」のメンタル面への効果やうつを予防する働きとは?
  3. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  4. 生活習慣を変えてより健康になる秘訣とは?
  5. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

オススメ記事

  1. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』「おわり…
  2. 【水溶性ケイ素と松果体の関係とは】松久正『水晶(珪素)化する…
  3. 瞑想でいまの瞬間に注意を集中。―『マインドフルネスストレス低…
  4. 痩せ菌を増やす酵素ダイエット・糖質制限・ゆる断食。
  5. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?【健康のために知っ…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」とは目的ではなく「結果」だった』

    電子書籍

    『腸内フローラ改善習慣で、腸を元気にする生き方 「腸内細菌のバランスを整える」と…
  2. 大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す

    ストレス解消法

    大地とつながるアーシングが慢性的な体の不調を癒す。
  3. ミトコンドリア

    ミトコンドリアが免疫力アップに関係しているワケ。
  4. 手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】

    発酵食品

    手作り「塩麹」で簡単・気軽に発酵生活。【作り方】
  5. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?
PAGE TOP