マインドフルネス瞑想の効能とは?-『「今、ここ」に意識を集中する練習』

マインドフルネス

マインドフルネス瞑想を実践することの効能とは?-『「今、ここ」に意識を集中する練習』

「今、ここ」に意識を集中する練習

マインドフルネス瞑想を実践するとどんな良いことがあるのか、ご存知ですか?

今回は『「今、ここ」に意識を集中する練習』という本をご紹介しながら、マインドフルネス瞑想の効用や効能について述べていきたいと思います。

 

マインドフルネス瞑想による気づきは、集中力や脳のパフォーマンスを向上させるだけではなく、人間関係の修正、ストレスの低減やイライラ対策、うつの症状の改善、認知症などの予防にも注目されています。

そのため、日常生活においてマインドフルネス瞑想を実践し続けることは、ビジネスでの成功や健康維持だけではなく、生活の質や幸福感を向上させるのに効果的だと考えられます。

 

そしてこのマインドフルネス瞑想とは、一切の判断を介さずに「今、この瞬間」に注意を向ける事であり、心の状態を「気づき」に満たすことなのです。それゆえ、このマインドフルネス瞑想は、お金をかけることなく、いつ、どこででも出来るのが特徴です。

 

ところで、『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』(ジャン・チョーズン・ベイズ 著 石川善樹 監修 高橋由紀子 訳 日本実業出版社)という一冊には、以下のようなマインドフルネス瞑想の効能が挙げられています。

 

  1. 「マインドフルネスはエネルギーを節約する」
  2. 「マインドフルネスは、心を鍛えて、やわらかく強くする」
  3. 「マインドフルネスは「不安」や「恐れ」を消す」
  4. 「マインドフルネスによって、「今このとき」を生きられるようになる」
  5. 「マインドフルネスは「動じない心」を育む」
  6. 「マインドフルネスは「心の声」に耳を澄ます」

(『「今、ここ」に意識を集中する練習』 ジャン・チョーズン・ベイズ 著 石川善樹 監修 高橋由紀子 訳より)

 

マインドフルネスを練習すると小さな喜びをたくさん見出せるようになる。

マインドフルネスを練習すると小さな喜びをたくさん見出せるようになる。

特に「マインドフルネスはエネルギーを節約する」ということに関しては、

 

 意識が過去や未来や空想の世界へ繰り返し出かけて行くことは、エネルギーの無意味な浪費です。そこから意識を引き戻し、実際にいろいろなことが起きている、この現在に落ち着かせることが大事です。それが脳のエネルギーの節約になります。そうすれば脳は、いつもさわやかでオープンで、何が起きてもすぐに対応できる状態でいられます。

(『「今、ここ」に意識を集中する練習』 ジャン・チョーズン・ベイズ 著 石川善樹 監修 高橋由紀子 訳 p23)

 

と、述べられています。

 

また、著者のジャン・チョーズン・ベイズ氏は、マインドフルネスを練習することによって

すべてをありのままに受け入れて「今、ここ」にいることを学ぶと、人生の不満の多くは消えていき、小さな喜びをたくさん見出せるようになります

としています。

 

マインドフルネスを練習し続けることの最大の効用とは?

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

ところで先ほど、「マインドフルネス瞑想とは、一切の判断を介さずに「今、この瞬間」に注意を向ける事であり、心の状態を「気づき」に満たすこと」だと述べましたが、本書『「今、ここ」に意識を集中する練習』でも、

マインドフルネスとは、自分の体や頭や心のなか、さらに身の回りに起きていることに意識を完全に向けること。批判や判断の加わらない「気づき」

だと定義されています。

 

もし過去について後悔したり、未来に対して不安を感じたりし続ける毎日を送ってしまえば、「現在(いま)」がおろそかになり、エネルギーも消耗して、ひどく体も心も疲れてしまいます。

もちろん、(私も含め)多くの人にとって、過去の出来事に対して後悔したり、行先が見えない未来に対して、不安を感じたりすることは日常生活のなかでは当たり前のことだと思います。

 

また、社会生活を送るなかで、人と人との摩擦や軋轢において、どんなに冷静で達観したつもりになっていたとしても、やはり心がある存在である以上、嫉妬や怒り、憎しみや苦しみといった感情に囚われてモヤモヤとすることも多々あります。

 

人生の不満が消えていくことは、マインドフルネスの最大の効用。

人生の不満が消えていくことは、マインドフルネスの最大の効用。

しかしマインドフルネス瞑想を地道に続けることによって、自分という存在を一つ上の次元から観察できるようになり(メタ認知)、「人生の不満の多くは消えていき、小さな喜びをたくさん見出せるように」なったすれば、そのことがマインドフルネス瞑想の最大の効用なのだと言えるのではないでしょうか?

またこのことは、無数の情報や魅力的な商品・サービスにさらされている現代社会において、お金とは一歩距離を置いた、常に自分自身にとって幸福な気持ちや満足を感じられるような最良の選択を行えるようになることにもつながっていくのかもしれません。

 

以上ここまで、マインドフルネス瞑想の効能について述べてきましたが、具体的なマインドフルネス瞑想の方法について関心がある方は、こちらの記事をご参照ください。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

当ブログ管理人が書いた『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方 情報社会を生き抜くためのセルフケア』 AmazonのKindleストアで販売中です(^^♪

マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 抗生物質は腸内フローラのバランスを乱す原因に。
  2. 毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  3. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  4. 『いきなりはじめる仏教生活』は生きづらさの解消にオススメの仏教入門。
  5. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?

関連記事

  1. 大島直行『縄文人の世界観』

    縄文

    『縄文人の世界観』から知る古代日本の叡智。

    当ブログでは令和の時代の健康と幸福について書いていますが、今回…

  2. 【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

    うつ

    【食事・運動・瞑想】で心身のバランスを整えることは<コロナうつ>にも有効。

    世の中に希望を見出すことができず、「コロナうつ」がつらいと感じ…

  3. マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?

    ストレス解消法

    マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てるには?

    今回は、マインドフルネス瞑想をアトピー改善に役立てる方法につい…

  4. 『ライフスパン 老いなき世界』は「老化」を「病気」と捉えている。【要約・読書感想文】
  5. 長谷川恵『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』

    腸内環境

    『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』から伝わるアロエパワー。

    腸活・腸内環境の改善には、アロエベラが良いということはご存知で…

  6. 『不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング 』

    アーシング

    『不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング 』とは?

    今回は、『不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング  …

特集記事

  1. 呼吸&マインドフルネス瞑想で根本的なストレス対策。
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!
  3. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  4. 酵素サプリで病気の原因「消化不良」を防いで腸を健康に。
  5. 悟りの向こうにある真に幸福な生き方とは?ー苫米地英人『超悟り入門』

オススメ記事

  1. 生ハチミツはダイエットにも効果的。
  2. 孤独感につきまとわれることの問題点とは? 『孤独の科学』
  3. エネルギー不足が「うつ」の原因のひとつである理由とは?
  4. 「諸行無常」ブッダの教え<無常>とは?【ブッダの智恵で心の苦…
  5. 「創造」「熟練の技を磨くこと」はドーパミンとは別の仕方の生き…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 健康

    自然塩のミネラルバランスが健康・生命のために必要不可欠な理由とは?
  2. 乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?

    腸内環境

    乳酸菌より注目な「乳酸菌生産物質」の腸への効果とは?
  3. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

    ルイボスティー

    毎日のルイボスティー習慣が病気の多くを遠ざけるワケ。
  4. 便秘の改善

    食物繊維の効果・効能で腸内環境改善。
  5. 純粋国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然

    ハチミツ

    純粋・生の国産はちみつ「Megumi-めぐみ」は非加熱天然でオススメ。
PAGE TOP