知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

腸内環境

知ってトクする大腸の仕組みと働きとは?

大腸の仕組みと働き

腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えることで、腸の腸内環境を良好に保つことは、日々の健康や免疫力を維持したり、うつアレルギーを予防したりするために必要になってきますが、実は皮膚や血液、そして「」とも関係しています。

そういうわけで、前回は小腸についてでしたが、今回は、知ってトクする大腸の仕組みと働きについてです。

 

大腸は長さが1.6~2mある管で、盲腸、結腸、直腸の三つの部分から成っています。

 

  • 盲腸・・・小腸から大腸に移行する部分は回盲弁と呼ばれ、回盲弁より下にある大腸を盲腸と呼ぶ。その末端には虫垂という突起がある。
  • 結腸・・・上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸の四つの部分から成る。消化物の残りかすが蠕動運動によって進み、小腸で消化されなかった繊維質などはここで分解・吸収される。
  • 直腸・・・S状結腸と肛門を結ぶ20cmほどの長さの器官で、消化・吸収の機能はない。直腸に至ると消化物は大便になっている。

 

また、大腸の壁は杯細胞で覆われ、大腸の粘液が分泌され、排泄しやすい糞便を形成します。大腸では小腸で吸収されなかった水分の再吸収も行われ、消化物のかすを便として整えていきます。

やがて便は体外に排出されますが、その成分は腸内細菌の死骸や生菌、消化されなかった食物の残りかすなどです。

 

さらに、大腸の壁面には一定の感覚でくびれとふくらみがありますが、これらは内容物を溜めておくと共に、蠕動(ぜんどう)運動が起きている際に、内容物を絞り、水分を吸収しやすくするために存在しています。

それに加え、大腸には100種類以上の腸内細菌が生息しており、その発酵作用で食物繊維短鎖脂肪酸に分解します。

短鎖脂肪酸は大腸で吸収され、腸などのエネルギー源となります。そのほか、腸内細菌はビタミンKの産生も行います。

 

以上が、大腸の仕組みと働きについてです。

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 人生の本当の意味と目的とはー『人生に意味はあるか』
  2. プロポリスに含まれる栄養素・成分は?
  3. 知ってトクするキチン・キトサンの効果・効能とは?
  4. 知っておきたいビタミンDの役割・効果効能とは?
  5. 「うつ」な気分の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。

関連記事

  1. 知ってトクする<らっきょう>の栄養効果。

    腸内環境

    知ってトクする<らっきょう>の栄養効果とは?

    今回は知ってトクする<らっきょう>の栄養効果についてです。…

  2. チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

    腸内環境

    チアシードは栄養補給に役立つスーパーフード。

    今回はチアシードが栄養補給に役立つスーパーフードであるというこ…

  3. 酵素と腸内細菌の関係とは?

    酵素

    知っておきたい酵素と腸内細菌の関係とは?

    今回は、酵素と腸内細菌の関係についてです。以前の記事で…

  4. 食物繊維セルロースで腸をキレイにデトックス

    便秘の改善

    食物繊維「セルロース」で腸をキレイにデトックス。

    今回は、不溶性食物繊維のセルロースが腸内環境をキレイにするデト…

  5. 納豆は腸内フローラにオススメな発酵食品。

    発酵食品

    納豆は腸内フローラにオススメな発酵食品。

    今回は、納豆が腸内フローラの改善にオススメな発酵食品である理由…

  6. エムラン・メイヤー『腸と脳』は、腸を元気にする腸活のためにオススメの一冊。

    腸内環境

    エムラン・メイヤー『腸と脳』は、腸を元気にする腸活のためにオススメの一冊。

    「腸」と「脳」には、深い関係があることはご存知でしょうか?…

特集記事

  1. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。
  2. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  3. ミトコンドリアを増やすための生活習慣とは?
  4. ギー(Ghee)の効果・効能で油を変える健康生活。

オススメ記事

  1. ココナッツオイル&ギーでスキンケア&乾燥肌対策。
  2. マインドフルネス瞑想についての間違いと正しい理解とは?
  3. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』が鳴らす警鐘「抗生物質の冬…
  4. いのちの働きを感じることが「うつ」を解消していく。
  5. マインドフルネスは関係性の中で活かすー『〈目覚め〉への3つの…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果

    サジー(シーバックソーン)

    299種類もの栄養が注目なサジーの健康効果とは?
  2. 腸内環境・腸内フローラの改善方法

    生活習慣

    腸内環境・腸内フローラを効果的に改善する方法とは?【腸活・菌活】
  3. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
  4. 『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。

    ミトコンドリア

    『肥満を解消するためのマインドフルネス・ダイエット』Kindle販売のお知らせ。…
  5. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
PAGE TOP