歩く瞑想は現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメ。

身体

【歩く瞑想】ウォーキング・マインドフルネスで現在(いま)と身体感覚を意識する。

歩く瞑想は現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメ

心身のバランスを整えるために、<歩く瞑想>ウォーキング・マインドフルネスをこまめに実践してみませんか?

今回は、歩行瞑想が現在(いま)と身体感覚を意識するのにオススメなわけについてです。

 

当ブログでは健康維持や病気予防、ストレス対策のためにマインドフルネスの実践をお勧めしていますが、マインドフルネス瞑想というと、座ったまま行うのが一般的です。

しかし、普段から歩きながら行う「歩くヴィパッサナー瞑想」をこまめに実践することも、現在の瞬間を感じたり、自分の足裏感覚に気づいたりするのに効果的なのです。

 

まずは背筋を気持ちよく伸ばして立ち、立っていることと足裏に感覚があることを意識します。そのとき、立っていることや身体があるという感覚、呼吸している自分、足裏に感覚を確認できたら、「立っています」「感じています」と、言葉によって実況中継します。

 

次に、なるべくゆっくりと歩いていくのですが、片足を上げた際に、

「上げます、上げます、上げます」

足を下ろす時には、

「下げます、下げます、下げます」

と、余計な雑念が浮かばないように、心の中で実況中継していきます。

 

そして、足の裏をゆっくりと地面に着け、かかとやつま先といった足裏感覚を確認できたら、

「感じています、感じています、感じています」

と気づき(サティ)の実況中継を行ないます。

 

そうしたら、次はもう片方の足をゆっくりと上げていき、再び先程と同じように、「上げます、上げます、上げます」、足を下ろす時には、「下げます、下げます、下げます」と、余計な雑念が浮かばないように、心の中で実況中継していきます。

 

もし、途中から現在の瞬間や足裏感覚に集中できなくなり、頭の中が雑念だらけになってしまったら、一度歩くのをストップし、立ち止まって背筋を気持ちよく伸ばし、最初と同じように、「立っていること」や呼吸している自分に気づくようにします。

 

 足の裏のかすかな知覚を意識すると、常に移り変わる知覚の流れが心に満たされ、思考が入り込むすきがなくなる、ということがわかります。頭でっかちが解消され、どっしり根を下ろした感じがして、思考や感情に振り回されないようになります。足の裏まで意識を下ろしていくと、心がすっきりとして、不安が晴れていくのが感じられます。

(ジャン・チョーズン・ベイズ『「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』 高橋由紀子 訳 日本実業出版社 p132)

 

ゆっくりと歩くことを意識してバランス感覚を養う。

ゆっくりと歩くことを意識してバランス感覚を養う。

この歩く瞑想・歩行瞑想を行う際のポイントは、なるべくゆっくり行うことです。

このように述べる理由は、出来るだけゆっくり歩くようにしてみると、普段から気持ちが前のめりになっていて早歩きをしている場合、「歩く」という何気ない行為が非常に難しく感じられるからです。

そのため、あえて毎日何気なく行っている「歩くこと」を意識することが大変重要になってきます。

 

また、太ももをいつもより少し高く上げてみると、片足立ちになるため、バランス感覚が必要になります。

もし、意識が現在に集中できておらず、頭に雑念が湧いたり、気持ちがどこか遠くにいってしまったりしていると、カラダのバランスがすぐに崩れて転んでしまいそうになってしまいます。

したがって、この「歩く瞑想」は、日頃からバランス感覚を養うのにも役立ちます。

 

なお、スリランカ上座部仏教のスマナサーラ長老による、この歩くヴィパッサナー瞑想の詳しい方法については、以下の通りです。

 

誰でもよく歩きますが、歩いているときにまわりを見たり、いろいろなことを考えたりしますから、身体と心は別々な場所にあります。しかし、歩く瞑想は足の動きを感じながら、実況中継で歩きます。自分に気持ちのよい歩幅で、実況中継しやすいスピードで歩きます。

(アルボムッレ・スマナサーラ『現代人のための瞑想法』 p171)

 

 まず、背筋を伸ばして、上半身をできるだけゆれないように保ちます。そして、足だけ動かします。そのとき、このように実況中継してみましょう。「右足、上げます、運びます、下ろします」。右足を下ろしてから、「左足、上げます、運びます、下ろします」。このシンプルな実況中継で心のなかに雑念妄想が現れないように、ガードしておいてください。徐々に上手になります。この瞑想は一時間やるのが理想的です。

(アルボムッレ・スマナサーラ『現代人のための瞑想法』 p171)

 

 

 

散歩やウォーキング中も、歩くマインドフルネスを実践。

散歩やウォーキング中も、歩くマインドフルネスを実践。

<歩く瞑想>ウォーキング・マインドフルネスは、散歩やランニング、森林浴の最中や、通勤中・通学中でも、歩いている間に、足裏の感覚に意識を集中させ、地面に右足が着いたら「右、右、右」、左足が着いたら「左、左、左」と常に実況中継していくことで応用できます。

 

もしジョギングを行なっているのであれば、足の動きが早いので、やはり足裏感覚を意識しながら、右足が地面に着地したら「右」、左足が着いたら「左」と実況中継していきます。

ところがしばらくすると、片づけなければいけない仕事や家事のことなど、様々な雑念がどうしても頭に浮かんできてしまいます。

 

その際は、早めに雑念に気づき、「雑念、雑念、雑念」と心の中でラベリングし、再び足裏の感覚の実況中継に戻っていきます。

また慣れてくると、足裏が地面に触れた感覚を確かめずに機械的に「右、左、右、左」とラベリングしやすくなりますので、注意点としては、常に現在(いま)の感覚を確かめてから、気づきの言葉(サティ)を入れるようにすることが挙げられます。

 

歩く瞑想はとりあえず実践することが何よりも大事。

歩く瞑想はとりあえず実践することが何よりも大事。

以上ここまで、<歩く瞑想>ウォーキング・マインドフルネスの方法について述べました。

ぜひ、現在の瞬間を意識したり、身体感覚を取り戻したり、スマホ脳を改善したりするためのトレーニングとして、歩く瞑想をこまめに実践してみてください。

ちなみにこの歩く瞑想は、スリランカ上座部仏教のスマナサーラ長老によれば、1日に1時間行うのが理想的だといいますが、忙しい場合は、15~30分程度を目安に、小さな習慣としてなるべく毎日行ってみても良いと思います。

 

大切なのは最初からハードルを高くせず、こまめに実践することなのです。

また、この歩く瞑想をしばらく行った後は、今度はゆっくりと座って慈悲の瞑想を実践してみるのも、より心を落ち着かせるためにオススメです。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^♪

 

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. タイガーナッツは食物繊維が豊富なスーパーフード。
  2. 成城石井のエジプト産クローバー純粋はちみつで脳の疲労回復。
  3. 「色即是空」とは何を意味するのかー玄侑宗久『現代語訳 般若心経』
  4. 『癒す心、治る力』から伝わる自然治癒力の可能性。
  5. サジーは美容や美肌の実現にオススメなスーパーフード。

関連記事

  1. 心の免疫力の低下を防ぐには、日々の瞑想習慣が大切。

    メンタルヘルス

    心の免疫力の低下を防ぐには、日々の瞑想習慣が大切。【コロナ禍に知っておきたい】

    コロナ禍の精神的なストレスや、日頃の頑張り過ぎ・疲れすぎが原因…

  2. 呼吸

    呼吸によるマインドフルネス瞑想が心身のバランスを整える。

    日頃のストレスでついイライラしてしまったり、不安や葛藤、嫌悪感…

  3. 雑念が浮かぶのは当たり前だと受けいれることがマインドフルネスを継続するために必要。

    マインドフルネス

    マインドフルネス継続のための雑念のトリセツとは?

    マインドフルネス瞑想を毎日のセルフケアのために継続できています…

  4. 食べることのマインドフルネス瞑想で、食事をじっくりと味わうことが幸福につながる。
  5. マインドフルネスが自分のこだわりから距離を置くのに役立つわけとは?

    マインドフルネス

    マインドフルネスで自分のこだわりから距離を置く。-『あなたの脳は変えられる』3

    脳は休んでいるつもりでも常に活動し、エネルギーを消費しているこ…

  6. 瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    マインドフルネス

    瞑想での雑念は棚上げすることが大切ー『1日10秒マインドフルネス』

    当ブログでは人生100年時代の真のヘルスケアについて述べていま…

特集記事

  1. はちみつの効果・効能
  2. 『40代からの健康長寿&認知症予防対策 食事・運動・瞑想でゆっくりアンチエイジング』
  3. 「天然の抗生物質」プロポリスの効果・効能が注目なわけ。
  4. マヌカハニーの効果・効能
  5. 毎日のルイボスティーが病気を遠ざける

オススメ記事

  1. アトピーを治すために続けていきたい生活習慣とは?
  2. マインドフルネス瞑想を実践することの効能とは?-『「今、ここ…
  3. 『テロメア・エフェクト』が健康長寿のために大切なわけとは?【…
  4. そもそも「習慣」とは何か?【健康と幸福のために知っておきたい…
  5. ヨーグルトメーカーでの「手作り甘酒」で腸イイ発酵生活【作り方…

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  2. ATPはミトコンドリアによるエネルギー通貨。

    ミトコンドリア

    生命を支える「ATP」はミトコンドリアによるエネルギー通貨。
  3. マヌカハニーの効果・効能

    ハチミツ

    知っておきたいマヌカハニーの効果・効能とは?
  4. 食事・運動・瞑想がうつを良くしていく

    うつ

    <食事・運動・瞑想>が【うつ】をやわらげていく理由とは?
  5. ヘンプシードの免疫系に作用する働き

    ヘンプシード

    ヘンプシードは未来の健康のためのスーパーフード。
PAGE TOP