生き方

毎日の<実践>で、いつもの「脳」が変わる。【いつもの脳を変える生き方】

「いつもの脳」のパターンを変えていくためには、頭で理解するだけではなく、日々実践することが何よりも大切

マインドフルネス瞑想やセルフ・コンパッションによって、「いつもの脳」のパターンを変えていくためには、頭で理解するだけではなく、日々実践することが何よりも大切です。

前回の記事では、

自分自身を思いやるセルフ・コンパッションがいつもの「脳」を変える。

ということについて述べましたが、当ブログでよく取り上げている「今・ここ」を意識するマインドフルネスや、自分自身や他者に思いやりを向けるための慈悲の瞑想/セルフ・コンパッションは、日々実践し続けることで、はじめて真の効果を発揮します。

 

また、日々実践することは、新しいスキルを習得していつもの脳を変えるためにも大切です(いわゆる神経可塑性のこと)。

たとえば、「実践」することに関して、リック・ハンソン氏は『脳を鍛えてブッダになる52の方法』(影山幸雄 訳)のなかで、

「神経は経験によって変わっていくという性質を持っています。実践を続けることであなたの脳は徐々に変わっていきます」

と述べています。

 

さらに、

 

 心と脳は互いに影響し合います。脳が変われば心は変わります。心が変われば脳も変わります。何に注意を向けるか、何を考えるか、どのように感じるか、何を欲しがるか、物事に対する自分の反応をどう扱うか、など全ての活動が多角的に脳に刻み込まれていきます。

実践は、基本的に心という庭の雑草を引き抜き、そこに花を植える作業です。脳でも同じことが起こります。庭がきれいになるだけでなく、あなたの庭師としての力量もあがります。上手に注意を向け、明晰に考え、感情を抑え、モチベーションを高め、回復力をつけ、人生というローラーコースターを巧みに乗りこなせるようになります。

突き詰めて言えば、実践とは自分を変える作業です。大ざっぱな言い方ですが、欲、怒り、心の痛み、妄想などの根を徐々に引き抜き、満足、安らぎ、慈愛、明晰さといった良い資質で置き換えます。

 

と述べていることが、日々実践することを考えるうえでとても参考になります。

 

車を上手に運転出来るようになるためには、自動車学校での何時間もの実習が必要になります。また野球観戦が好きであることと、自分自身がバットを握り、ヒットを打てるようになることは違います。

瞑想に関しても、本を読んで頭で理解することや関心を持つことと、実際に自分でやってみることは違います。

呼吸をきっかけに「今・ここ」を意識することや、慈しみの気持ちを持つことも、頭で理解して終わるのではなく、普段から実践し体感することによってはじめて効果を発揮します。

 

途中であきらめずに実践し続けることで、「いつもの脳」は変えられる。

あなたの脳は変えられる

たとえうまくいかないと感じたとしても、途中であきらめずに瞑想を実践し続ければ、脳と心の関係が変わり、これまでの自分自身を変えていくことが出来るのです。

特に本当につらい時や苦しい時、イライラしている時は、いまの呼吸に気づいたり、自分や他人を慈しんだりすることはなかなか出来ないかもしれません。

 

しかし毎日心の修行だと思って辛抱強く実践を続けていると、本当の窮地に陥った時でも、立ち止まっていまの呼吸に気づいたり、自分や他人に対して慈しみの気持ちをもって接したりするというこれまでになかった選択肢が現れてきます。

そしてそのとき、以前の自分とは違うことに気づくのです。いつもの脳が変わっているのです。

すなわちジャドソン・ブルワー氏がいうように「あなたの脳は変えられる」のです。

 

毎日10分間のマインドフルネス瞑想を実践してみる。

毎日10分間のマインドフルネス瞑想を実践してみる。

とはいっても、瞑想を続けるということに関しては、始めたばかりの頃はすぐに注意力が散漫になり、集中力が続きません。

もし勉強や仕事、家事や育児、親の介護などで多忙な日々を送っているのであればなおさらです。

そのため、最初から30~60分の瞑想にチャレンジするよりも、10分間のマインドフルネス瞑想を毎日、朝・昼・夜など3回程度実践してみることをオススメします。

たとえ仕事や勉強、家事や育児などで忙しくても一日一回は、心を落ち着かせるために10分間のマインドフルネス瞑想を実践するようにしてみるのです。そしてそのことを毎日継続していくのです。

 

このことに関しては、以前に当ブログで取り上げた『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』(満園真木 訳 辰巳出版)のなかで、著者のアンディ・プディコム氏が、

 

 瞑想はやらなければ効果はありません。定期的に座って瞑想してはじめて、メリットが得られるのです。マインドフルネスはいつでもどこでも実践できますが、毎日の瞑想にかわるものはありません。この10分間こそ、意識をとぎすますことの意味をもって知る最高の機会と条件をもたらしてくれるのです。

 

と述べていることが大変参考になります。

 

 

 

今回は、マインドフルネス瞑想やセルフ・コンパッションによっていつもの「脳」を変えるには、毎日の<実践>が大切であるということについて述べてみました。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます(^^♪

 

マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方 もっと「今・ここ」を生きるための瞑想入門

Amazon Kindle で販売中です😊

 

 

 

 

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. 知っておきたいビタミンAの役割・効果効能とは?
  2. 【知っておきたい】免疫力が低下する原因とは?
  3. 知っておきたいビタミンB群の役割・効果効能とは?
  4. 気功が免疫力アップに関係している理由とは?
  5. ココナッツオイルをアトピー改善に役立てるには?

関連記事

  1. GO WILD 野生の体を取り戻せ!

    生活習慣

    生命力を高めるには『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』がオススメ。

    本当の健康を取り戻したいならば、時々、スマホやパソコンから離れ…

  2. 腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。

    生活習慣

    腸内環境を整えるとは、手段というより日々の習慣の「結果」。【腸を元気にする生き方】

    腸内環境を整えるには、食事だけではなく、運動や瞑想といった日々…

  3. 「いい習慣」で「脳を変える」ためには抽象度の高いゴール設定が必要なわけ。

    成功法則

    「いい習慣」で脳を変えるためには正しいゴール設定が必要なわけ。

    今回は、前回に引き続き、『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お…

  4. 「うつ」な気分の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。

    うつ

    「うつ」な気分の改善には<いま>に気づく瞑想が効果的。

    メンタルが落ち込む季節の変わり目のこの時期、不安などネガティブ…

  5. 太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴

    太陽光を気持ちよく浴びることはアトピー改善のための生活習慣としてオススメ。

    日光浴を行うことはアトピー性皮膚炎の改善や予防に効果的なのでし…

  6. 『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    電子書籍

    『マインドフルネス実践でいつもの「脳」が変わる生き方』10冊目の電子書籍出版しました。

    マインドフルネス瞑想を繰り返し練習することで、いつもの「脳」が…

特集記事

  1. 本物のマヌカハニーの正しい選び方
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!
  3. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  4. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ
  5. 『無常の瞬間の記憶 広瀬川風景写真集』 Kindle出版のお知らせ。

オススメ記事

  1. 『失われてゆく、我々の内なる細菌』が鳴らす警鐘「抗生物質の冬…
  2. 感覚をマインドフルに観察することは反応しない練習ー『なぜ今、…
  3. <神様の食べ物>カカオの効果・効能がメンタルに注目なワケ。
  4. なぜ今、発酵生活が現代人のライフスタイルに必要なのか?
  5. ストレス・寒暖差で自律神経が乱れたら生ローヤルゼリー。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. 本物のマヌカハニーの正しい選び方

    ハチミツ

    本物のマヌカハニーの正しい選び方とは?
  2. 『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!

    電子書籍

    『食事・運動・瞑想で「うつ」な気分を良くする生き方』表紙をリニューアルしました!…
  3. 免疫力

    腸内環境の改善は免疫力を確実に高める。【腸活が免疫力をアップする理由】
  4. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】

    孤独論

    瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  5. 【ストレスに負けない!】心の免疫力を高めるには?

    メンタルヘルス

    【コロナ禍でもストレスに負けない!】心の免疫力を高める生き方とは? 2022年版…
PAGE TOP