ミトコンドリア

そもそも活性酸素・フリーラジカルとは何か?

活性酸素・フリーラジカルとは何か

当ブログではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、真の健康の実現と多くの病気の問題を解決する方法について考えていますが、今回は、活性酸素・フリーラジカルとは何か、ということについて述べていきたいと思います。

「活性酸素」という言葉は、「健康」や「美容」に関心がある方ならば、一度は聞いたことがあるかもしれませんが、この活性酸素が増えすぎてしまうと、ミトコンドリアの機能が低下してしまい、様々な病気の原因になるとされています。

 

では、その活性酸素とはそもそも何でしょうか?

活性酸素とは電子と酸素が結びついた物質のことであり、体内の細胞のミトコンドリアが摂取した食物を一度電気エネルギーに変換し、ATPと呼ばれる物質を生成する際に、どうしても発生してしまうものです。

また呼吸の際に取り入れる酸素の2%は、活性酸素になってしまうと言われています。

 

そして、この活性酸素には、

  • スーパーオキシドラジカル
  • 過酸化水素
  • 一重項酸素
  • ヒドロキシルラジカル(ハイドロキシルラジカル)

といった種類があり、それぞれ性質が違い、違った悪さをするとされていますが、最も凶暴なのはヒドロキシルラジカルだといわれています。

 

活性酸素はフリーラジカルの一種

また、活性酸素とはフリーラジカルの一種であり、健康やアンチエイジングについて書かれた本のなかでは、たいていの場合、活性酸素とフリーラジカルは同じ意味で使われていますが、厳密には違います。

たとえば、このフリーラジカルについて、医学博士の根来秀行氏は、『身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則』のなかで、

 

 フリーラジカルとは、老化の引き金となる体の酸化(さび)を引き起こす犯人なのです。酸化反応はある種の原子や分子によって引き起こされますが、酸化反応を引き起こす原子や分子のことをフリーラジカルと呼びます。(根来秀行『身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則』p29)

フリーラジカルは細胞の表面を囲む細胞膜を攻撃し、細胞膜の主成分である脂質を酸化します。同時にアラキドン酸という物質を作り出し、これに続いて多くの炎症性物質が産生され、さらなるフリーラジカルが細胞内で発生する悪循環に陥ります。細胞内外での酸化は細胞の機能を損なうことになり、それが積み重なると老化をもたらします。

(根来秀行『身体革命 世界最先端のアンチエイジングの法則』p30)

 

と述べています。

また、『ミトコンドリア革命』の著者である宇野克明氏は、「フリーラジカル」について、以下のように説明しています。

 

 〝フリーラジカル〟とは原子核を周回する電子の数に不足が生じ、対をなさなくなってしまった元素を含む物質の総称だ。こうした電子、すなわち〝不対電子〟が常に周囲よりその不足した分の電子を調達しようとする性質を持った反応性の高い不安定物質である。

そのため、フリーラジカルは周囲から電子を強奪し、その時電子を失った周囲の組織は著しく酸化してしまうことになる。

このようなフリーラジカルを含んだ酸化物質の総称を〝活性酸素種(スーパーオキサイド)〟といい、人体を破壊する怖い物質として恐れられている。活性酸素種の個別名称としては〝活性酸素〟〝ヒドロキシルラジカル〟〝過酸化水素〟、そして〝一重項酸素〟が有名だ。

こうした性質、名称を持つフリーラジカルだが、その作用で最も恐ろしいのが細胞核DNAに与える酸化損傷だ。フリーラジカルに与えられた損傷は時に恐ろしい 〝がん〟や酸化に伴って生じる各種疾患の増加、あるいは老化促進の原因すら引きおこす。さらに、こうした減少を放置すれば、その強い酸化反応は連鎖的に 〝電子の強奪〟を繰り返し、更なる状況の悪化さえもたらしてしまうだろう。

(宇野克明『ミトコンドリア革命』p61~63)

 

フリーラジカル・活性酸素は万病のもと

宇野克明『ミトコンドリア革命』

フリーラジカルは、細胞のサビつき・老化促進や、がん、さらにはアレルギーや、肌のしわ、シミ、加齢臭などの原因になるとされています。

つまり、フリーラジカル・活性酸素は万病のもとだと考えられるのです。

したがって、フリーラジカルの働きを抑えることが、生活習慣病予防やアンチエイジングのためには大切になってくるのです。

 

ちなみにこのフリーラジカルの働きを抑えるには、「抗酸化物質」が有効であると言われています。

たとえば、ビタミンCやビタミンE、アントシアニンやレスベラトロール、アスタキサンチンなどのポリフェノール類には、活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用があります。

 

活性酸素・フリーラジカル対策には、ミトコンドリアを元気にすることが重要。

ミトコンドリアが元気になる生活習慣を送ることが大切

また、体内ではSODと呼ばれる酵素が活性酸素の働きを抑えてくれています。

そのほか、近年は水素水などに含まれる水素分子(H₂)が、ヒドロキシルラジカルを選択的に除去するとして話題になりました。

しかし、宇野克明氏は、『ミトコンドリア革命』のなかで、フリーラジカル対策には、抗酸化物質を大量に投与する前に、ミトコンドリアの環境改善を行うことが重要だと述べています。

 

そのため、フリーラジカル対策には、やみくもにサプリメントを摂取するよりも、まずはストレスなどによって活性酸素が増えすぎるのを避けるような、ミトコンドリアが元気になる生活習慣を送ることが大切になってくると思われます。

当ブログ「ハチミツとミトコンドリア」ではハチミツの栄養効果とミトコンドリアのエネルギーで、令和の時代の真の健康と幸福の実現、現代病の問題の多くを解決する方法について考えています。ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございます。


(なお、健康についてはそれぞれ個人差があり、誰にとっても100%正しい情報というのは考えにくいため、当ブログの記事内容については参考程度に止めておいていただければ幸いです)。

ピックアップ記事

  1. ブッダの教え<四聖諦>とは? 【ブッダの智恵で心の苦しみを減らす生き方】
  2. 適度な運動が腸内環境を良好に保つ。
  3. 知っておきたいビタミンB群の役割・効果効能とは?
  4. 【知っておきたい】腸と進化の関係とは?
  5. 『腸内環境を変えたい人はアロエベラを食べなさい』から伝わるアロエパワー。

関連記事

  1. 肥満解消・ダイエットにもミトコンドリアが大切なワケ。

    ミトコンドリア

    肥満解消・ダイエットにもミトコンドリアが大切なワケ。

    当ブログではハチミツとミトコンドリアで真の健康を実現する方法に…

  2. ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ミトコンドリア

    ココナッツオイルの効果・効能がヘルシーライフに役立つわけとは?

    ヘルシーなココナッツオイルを毎日の食生活にとりいれてみませんか…

  3. ミトコンドリア

    ミトコンドリアの活性化でアンチエイジング&老化予防。

    自然な老いを受け容れつつも無駄な老化を防ぐという意味での、「健…

  4. 冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣

    健康

    冬のエネルギー不足による病気を予防するための秘訣とは?

    当ブログでは令和の時代のヘルスケアや真の健康実現について考えて…

  5. ミトコンドリア

    ミトコンドリアを元気にするための方法とは?【より健康になるための生活習慣】

    細胞内のミトコンドリアは、免疫力のアップやダイエット、アンチエ…

  6. ミトコンドリア

    「活性酸素」がミトコンドリアの機能を低下させる。

    今回は、「活性酸素」がミトコンドリアの機能…

特集記事

  1. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。
  2. 心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック
  3. 発酵食品がこれからの健康生活のためにイチオシなわけ。
  4. 『マインドフルネス習慣で「今・ここ」を選ぶ生き方』

オススメ記事

  1. 生命活動とは新陳代謝ー『免疫力を高める生活』2
  2. 新しい未来の宗教「データ至上主義」とは何か?-『ホモ・デウス…
  3. 「習慣化」とは、自転車に乗れるようになること。
  4. ONKYOスピーカー【D-112NFX(D)】の感想はハイレ…
  5. 生はちみつがこれからの糖質制限にオススメなわけ。

カテゴリー

ブログ内検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

Copyright © 2019 copyrights.ハチミツとミトコンドリア All Rights Reserved.

  1. ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけ

    ビーポーレン

    ビーポーレン(蜂花粉)がパーフェクトフードなわけとは?
  2. 『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門』

    ブッダ/仏教

    『ブッダの智恵で、脳ストレスを減らす生き方 最初に苦しみの矢を抜くための仏教入門…
  3. 森林浴が慢性的なストレスから解放して心と身体を癒す。

    森林浴

    森林浴が慢性的なストレスから解放して、心と身体を癒す理由とは?
  4. 瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】

    孤独論

    瞑想・創造・読書が、自己肯定感・安全基地を育てる!【孤独なのにつながっている】
  5. 短鎖脂肪酸の効果・効能

    腸内細菌

    短鎖脂肪酸の効果・効能は腸内細菌の万能薬!?
PAGE TOP